CPI バイクの買取価格を比較しよう!

CPI バイクのカテゴリです。このカテゴリの買取商品数は14件です。

CPI バイクの買取相場

CPI バイクの基本情報

CPIは台湾にあるバイクのブランドになり、CPI Motor(捷穎実業有限公司)が製造販売しています。会社の設立そのものは1991年と比較的新しく、当初はエンジンの生産のみを行っていましたが、1995年にはバイクの生産を開始して、ヨーロッパ方面への輸出が行われています。バイクとしてはスクーターがメインですが、エンデューロレース用のバイクも製造しています。またATVも製造販売しています。日本でも輸入代理店がありましたが、現在は代理店はなくなっています。なお、台湾のメーカーで台湾に工場が主力ですが、中国本土やインドネシアにも工場を持っています。 日本国内への輸入は、2000年代がピークで、さまざまな車種が輸入されていました。2000年代は小型スクーターの溝とも言える時期であり、当時の日本メーカーがこのクラスの車種に積極的でなかったことや、価格面でのアドバンテージからある程度輸入されバイクショップで販売されていましたが、現在では新車を購入する場合には個人輸入をするか専門店に依頼する必要があります。 日本へ輸入されたモデルとしては、スーパーモト50、フィーゴ、ポップコーン50と100、Beak50、90、125、GPRが知られ、多くは2000年代に輸入されたものが中心です。 新車で購入することは難しく、中古でも少数が流通していますが代理店が存在しないため修理部品を手に入れることが困難であるため整備性に難があります。