収益物件を売る時に参考買取相場を調べる方法3選

収益物件を手放す際にさまざまな情報収集をしていると、収益還元法取引事例比較法といったユーザを悩ませるキーワードが多く登場する。

house-construction-1005491_640

不動産売買初心者に難しい「評価基準と参考買取相場」

また中には、「収益還元法を覚えるべき」といったスタンスで計算式などを紹介しているサイトも多く見受けられるため、不動産売買初心者の皆さんは収益物件を手放す作業にとても高いハードルを感じることもあるだろう。

では、そんな評価基準や参考買取相場は、本当に売り手が習得・調査すべき存在なのだろうか? 今回は、収益物件買取の敷居を高くしている評価基準と参考買取相場について、初心者でも簡単に理解できる基礎知識調査方法をわかりやすく紹介していきたい。

収益物件の売り手を悩ませる難しい評価基準とは?

さまざまなサイトに書かれている評価基準は、収益物件の査定額を決める上で欠かせない考え方である。

収益物件に関わる3つの評価基準

国土交通省が出している不動産鑑定評価基準で紹介されている3つの基準の中でも、収益物件の場合は「収益還元法」と「取引事例比較法」が用いられることが多いようだ。

また収益物件や投資物件に関する情報サイトの中では、「購入者側がチェックすべき評価基準」が紹介されることも多いため、これから紹介する3つの概略さえわかれば、買取業者や売却仲介業者の話も理解しやすくなるだろう。

収益還元法

収益還元法は、「賃貸不動産」もしくは「賃貸以外の事業用不動産」の価格決定時に最も多く用いられる評価基準である。物件の収益力がそのまま価格に繁栄されるこの方法は、無駄な土地の多いアパートや豪邸などでも合理的な計算ができることで定評がある。

そんな収益還元法には、1年間における利回りから評価額を算出する「直接還元法」と、将来的に得られる家賃と売却価格から計算を行う「DCF法」がある。

もし、買取業者や仲介業者側で現在の入居者数や年間家賃収入をヒアリングしてきた時には、収益還元法を使って査定額を算出すると考えて良いだろう。

取引事例比較法

売却対象の収益物件と類似の買取実績から、必要に応じて時点修正や事情補正を行うことで、より精度の高い査定額を算出する感覚的な判断の高い評価基準である。この方法を用いてより良い金額を算出するためには、投機的物件や売り急いだ物件などを排除するテクニックも必要となる。

地域性も大きく影響する取引事例比較法

また取引事例比較法の場合は、地域性も大きく査定額に影響するため、全国的にたくさんの収益物件買取を行なっている業者の方がトレンドに合った金額を出せると考えて良いだろう。

売り手・買い手、両者のメリットの高い取引で定評のある業者では、前述の収益還元法と取引事例比較法を併用することもある。

購入者向けの評価基準

評価基準の中には、収益物件の購入や投資を行う「物件を選ぶ際に必要となる買い手向けの基準」も存在する。こちらは前述の収益還元法や取引事例比較法と比べて、遥かにシンプルな「どんな角度で収益物件を買えばいいのか?」といった考え方がベースとなる。

この評価基準を把握した上で購入者の内見対応などを行うと、よりスピーディーな成約に繋がりやすくなるため、買い手・売り手といった境界線を設けずに目を通しておいても良い基準と言えるだろう。

収益物件の参考買取相場を調べるメリット・デメリットとは?

ここからは、評価基準とともにユーザを惑わせる参考買取相場の把握調査について、考えていく。特に参考買取相場を調べる必要性がわからない人は、下記4つのポイントを必ず確認してみて欲しい。

より高値で売れるようになる

収益物件の売却目安とも言える参考買取相場を把握している人は、業者との価格交渉におけるゴール設定がきちんと行えている。さらに売却にありがちな「設定金額が高すぎて全く売れない」といった状況も回避できるため、誰もが望む「早く高く売ること」が可能となるのだ。

また自分で参考買取相場を調査済みのユーザは、業者からの提案に対してYES・NOを速やかに返答する傾向もあるため、自分自身の即決力も高められると言えるだろう。

自分の収益物件における需要や特徴を客観的に分析できる

不動産会社への訪問や便利なWEBサービスの活用を通して多くの業者から参考買取相場の調査を行うと、「古いから高く売れない」とか「立地環境に問題がある」といった形で、自分の収益物件に対して客観的な意見を受け入れられるようになる。

またその中には、持ち主も知らない意外なセールスポイントが出てくることもあるため、物件の良いところ・悪いところの両面を把握することで今後の価格交渉や問い合わせもしやすくなることだろう。

資金計画も立てやすくなる

いくつもの業者から出てくる査定書から「このぐらいの金額なら売れるだろう」という推測ができると、収益物件の売却によって得られる現金収入で数カ月後の資金計画が行いやすくなる。

これに対して、参考買取相場を全く把握せず「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」的な考えで売却仲介業者を利用した場合は、アバウトすぎる価格設定により、全く買い手がつかないこともあるため注意が必要だ。

調査の時間と手間がかかる

売り手が自分で参考買取相場を調査する唯一のデメリットは、「時間と手間がかかることだけ」である。欲張って10以上の業者に問い合わせをすれば、その分メールや電話の返信対応に追われることも考えられる。

また調査だけに時間をかけすぎると、実際の価格交渉などを念入りに行えなくなるため、参考買取相場の調査目的で行う業者へのアプローチは5~7社程度が妥当と言えるだろう。

収益物件の参考買取相場調査で使うべきWEBサービス3選

参考買取相場の調査を行う上で唯一の難点とも言える時間や手間は、便利なWEBサービスを活用することで問題解消ができる。

また収益物件の場合は、普通の不動産会社が消極的なケースも多く見受けられるため、まずはWEBサービスを使って「収益物件の扱いを得意とする業者」から話を聞くことが理想と言えるだろう。

楽侍

https://www.rakumachi.jp/fudousanbaikyaku

収益物件の一括査定に特化した楽侍は、アパートやマンション1棟、テナントビルを手放す際にぜひ活用していただきたいWEBサービスである。サイト内では売却物件情報が随時更新されているため、自分の物件情報を登録しなくても、他オーナーの希望売却価格や利回り、築年数などを簡単にチェックできることだろう。

またサービス利用者の声も公開されているため、一括査定サイトを使うイメージを掴む上でも利用の価値の高いWEBサービスと言えそうだ。

スマイスター

https://www.sumaistar.com/kaitori/

収益物件の「買取」と「売却」の間に生じる大きな価格差が気になる人には、2つの角度から一括査定ができるスマイスターがおすすめだ。

不動産買取の一括査定サイトは非常に珍しいため、売却を中心とする他のWEBサービスで満足の対応が得られない場合は、視点を変えてスマイスターを使ってみても良さそうだ。

ヒカカク!

http://hikakaku.com/

ヒカカク!を利用すれば、収益物件買取に積極的な業者を簡単に探すことができる。また当サイトは、収益ビルや店舗、土地、マンションといった物件別カテゴリも用意されているため、「収益物件」や「投資物件」といったキーワードで納得の買取相場と出会えない人にも違った角度から新たな提案ができるWEBサービスと言えるのだ。

そんなヒカカクを使えば、これから査定依頼を行う業者の評価口コミも簡単に調べられる。

まとめ

収益物件売却の敷居を高める難しい評価基準と参考買取相場について、その種類と必要性、調査方法を紹介してみた。これらの情報に詳しい人は買取業者に対して「賢い売り手」という印象を与えられるため、時間に余裕があれば、評価基準などの知識を掘り下げてみても良いだろう。

また、売却スケジュールに追われて切羽詰まった状態で売却を行う人には、1分ほどの入力で買取相場を調べ得られる一括査定サイトの利用がおすすめとなる。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「収益物件を売る時に参考買取相場を調べる方法3選」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから