TVゲーム機ソフトの買取価格を比較しよう!

TVゲーム機のゲームソフトの買取相場を調べられるカテゴリーです。Wiiゲームソフト、WiiUゲームソフト、PS3ゲームソフト、PS4ゲームソフト、XBox360ゲームソフト、XBoxOneゲームソフトの買取価格を比較できるようになっています。

もっと絞り込む

TVゲーム機ソフトの買取相場

TVゲーム機ソフトの基本情報

TVゲーム機とは、家庭用TVに接続してゲーム画面を表示してプレイするゲーム機をさします。1970年代に、ブロック崩しやテニスなどがプレイできるTVゲーム機が発売されました。1980年代に入り、ROMカートリッジにより1台のTVゲーム機で様々なゲームができるようになると、様々なTVゲーム機が発売されました。その中で、1983年に発売された任天堂のファミリーコンピューター(以下、ファミコン)とセガのSG-1000が、性能の良さと価格の安さから生き残り、TVゲーム機は、任天堂とセガの争いとなっていきました。その後、「スーパーマリオブラザーズ」や「ドラゴンクエスト」などの人気ソフトの発売により、ファミコンの優勢が決定的になると、セガや新たに参入したNECは、メガドライブやPCエンジンといった高性能TVゲーム機を投入し、ファミコンの牙城を突き崩そうとしましたが、1990年に任天堂のスーパーファミコンが発売されると、「スーパーマリオブラザーズ」や「ドラゴンクエスト」の続編などの発売もあり、スーパーファミコンの圧勝に終わりました。この後しばらく、スーパーファミコンの天下が続きましたが、1994年にソニー・コンピュータエンタテインメント(以下SCE)がPlayStationを発売したことにより、状況は一変しました。当時の最新システムであるCD-ROMを搭載し、CD-ROMを生かしたゲームとそれを実現できる高性能ハードによりスーパーファミコンを圧倒し、その後継機であるPlayStation2は、世界で一番販売されたTVゲーム機となるなど、SCEがトップに君臨することになりました。その後、マイクロソフトのXBOXシリーズや、任天堂のWiiシリーズなどが発売され、一時はWiiがシェアを伸ばした事も有りますが、PlayStation3、PlayStation4が発売され、現在に続くまでPlayStationシリーズの優位は揺らいでいません。近年のTVゲーム機は、TVゲームだけでなく、映像や音楽、インターネットなどマルティメディア機の側面もあります。