ポータブルゲーム機の買取価格を比較しよう!

ポータブルゲーム機のカテゴリーページです。ニンテンドーDSやPSPシリーズが含まれます。買い取り価格を比較し、相場情報を確認、最高買取価格での買取を狙いましょう。

もっと絞り込む

ポータブルゲーム機の買取相場

ポータブルゲーム機の基本情報

ポータブルゲーム機とは、携帯することができるように改良された家庭用ゲーム機のことを指します。いわゆる携帯型ゲーム機です。任天堂の代表とされる携帯型ゲーム機といえば、ニンテンドーDSシリーズです。ニンテンドーDSは2004年12月2日発売され、新しい形の2画面を搭載しており、下の画面ではタッチパネルを採用しています。ゲームボーイアドバンスのソフトが使用できるGBAスロットを搭載していますが、互換性があるもののプレイするには制約があります。2006年3月2日にはニンテンドーDS Liteが発売され、本体が非常に小さくなり軽量化されました。2008年11月1には、ニンテンドーDSiが発売され、内蔵された2つのカメラでプレイできるソフトが搭載されています。DSiよりSDカードスロットが搭載されました。2009年11月21日には、ニンテンドーDSi LLが発売されました。機能自体はDSiとさほど変わりませんが、画面だけでなくタッチペンも大きなタイプが標準となっています。Nintendo 3DSは、2011年2月26日に「メガネがいらない3DのDS」というキャッチコピーで発売されました。専用のメガネが必要なく、3D画像でプレイすることが可能です。3D機能オフにし、従来通りの2D表示で楽しむこともできます。3DS LLは3DSの1.9倍の画面サイズに改良され、画質も向上しました。3DSでは使用しづらかったボタン類が改良され、操作性もUPしています。2014年10月11日にはNEW 3DSが発売され、本体には着せ替えプレートが採用されています。3Dブレ防止機能が搭載されたため、映像が安定して見えるようになりました。側面には新しいCスティックが搭載され、背面にはZRとZLボタンが追加されています。また、amiiboやそのソフトにも対応しています。ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンが発表した携帯型ゲーム機といえば、2004年12月にはPlayStation Portableが発売され、通称PSPと称されています。4.3インチ液晶を採用しており、無線LANも標準装備でありUSBポートも採用されました。再起動の時間は非常に短く、スリープ中のバッテリー消費が少ないのが特徴です。2007年9月2日には、PSP-2000が軽量化されたボディーの薄型になって登場、2008年1月16日には、PSP-3000が発売されました。応答速度も高速化され、内蔵マイクとなりました。2009年11月1日には PlayStation Portable goが発売されました。UMDドライブを省いた機種となります。2011年12月17日に発売されたPS VITAは、5インチの有機ELディスプレイを搭載しマルチタッチに対応しています。背面マルチタッチパッドを使用した立体的な操作が特徴です。PS Vitaでは無線LAN通信にWi-Fi方式とWi-Fi+3G通信にも対応した機種が発売されています。