BD-R(ブルーレイディスク)の買取価格を比較しよう!

BD-R(ブルーレイディスク)のカテゴリーです。BD-R(ブルーレイディスク)は、リサオクやソフマップ、でんすけなどの業者で比較的高く買取されています。また、10枚入りや20枚入りのものをまとめて売ると、高額査定が期待できます。SONYなどのメーカーの商品も高く売ることができそうです。

BD-R(ブルーレイディスク)の買取相場

BD-R(ブルーレイディスク)の基本情報

BD-R(ブルーレイディスク)はDVDの後継となる第3世代光ディスクの1種です。青紫色の半導体レーザーを使用することからこの名前が付きました。レーザーと薄さ0.1ミリメートルのカバー層にDVDの5倍近くの記憶容量を実現しています。 BD-Rの技術自体は1997年7月にソニーとフィリップスが開発しましたが、規格策定に至ったのは2002年2月19日で、日立製作所やパナソニックなどの業界大手の会社が行いました。こののちにBD-Rが一般に流通しました。 売れ筋の商品はパナソニックの10枚組商品です。初期から安定した品質を保っており、今でも人気があります。これと同じくらい人気があるのが三菱化学メディアの50枚組の商品で、価格はパナソニックの商品と同じ2500円程度でありながら、枚数が多くコストパフォーマンスが良いと評価されています。