シャンパン「アスティ・スプマンテ」の買取相場・査定情報まとめ

最終更新日:2019年03月13日
価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのワイン
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

Asti Spumante(アスティ・スプマンテ)とは、イタリアのスパークリングワインである。イタリアでのワインの生産はとても盛んにおこなわれており、世界中でその味は親しまれている。

今回は、そんな世界中で人気のイタリアワインであるアスティ・スプマンテについてまとめた。アスティ・スプマンテの詳細や、買取情報さらには気になる査定のコツについて徹底調査したので是非ご覧いただきたい。

また、スパークリングワインは保管状態によってもその査定額が大きく異なっていくため、保管方法もまとめて是非チェックしてみよう。

シャンパン「アスティ・スプマンテ」の買取相場・査定情報まとめ

アスティ・スプマンテとは?

アスティ・スプマンテは、イタリアのアスティ、アレッサンドリア、クーネオで生産されているワインである。スプマンテとはイタリア語でスパークリングワインの意味である。

泡の強さで区分されており、しっかりした泡立ちのものがスプマンテになる。微発泡のものはフリッツァンテと呼ばれている。

イタリアのワイン造り

イタリアでは、全土20州全てでワインが造られている。南北に伸びた長靴型の地形で有名なイタリアであるが、温暖で日照量も多くブドウ造りに最適な気候に恵まれており、そのためイタリア全土でたくさんの品種のブドウが栽培されている。

縦に長い地形は、地域ごとに気候や風土が異なるのが特徴であり、そのため製造されているワインも種類が豊富である。そういったことからイタリアでは特色豊かな郷土料理と同じく、さまざまな個性を持つワインを楽しむことができるのだ。

ワイン法

イタリアにはワイン法が存在する。それがDOC法(原産地呼称管理法)である。トップカテゴリには「保護原産地呼称ワイン」であるD.O.C.G、D.O.Cがあり、その次に「保護地理表示ワイン」であるI.G.T、そして最も下にV.d.Tが区分されている。

その後2008年にイタリアワイン法は改正され、2010年5月から施行されている。新しいワイン法では「保護原産地呼称ワイン」であるD.O.C.GとD.O.CはD.O.Pになり、「保護地理表示ワイン」であるI.G.TはI.G.Pになり、地理的表示のないV.d.TはVinoに変更された。

表示は変更となったが、ブドウの収量、ワインの収量、アルコール度等は厳しく制約され、D.O.C.GとD.O.C、I.G.Tに関しては現在もワインへの表示が認められている。

アスティ・スプマンテは、イタリアのワイン法では最上位のD.O.C.Gワインに分類されており、伝統のあるワインなのだ。また、アスティ・スプマンテ保護のための組合も存在し、適切でない生産物に対しては組合の認定印は与えられない。

ブドウの品種

アスティ・スプマンテは、モスカート・ビアンコという品種のブドウを100%使用し造られている。モスカートはギリシャ原産とされており、甘いフローラル系の香りが特徴である。白ワインに適したものから赤ワインになるものまで幅広く存在している。モスカート種の多くは3種類の醸造方法で甘口ワインにされる。

モスカート系の品種はイタリア全土で栽培されており、この品種から造られるワインの数はイタリアでは最多である。系列品種は数多く存在し、主なものは白ブドウのモスカートビアンコである。

ビアンコ種は特にアスティ・スプマンテなどの甘口の発泡ワインの原料として名高い。モスカートと呼ばれるワインはイタリア全土に見られるが、このビアンコ種から造られているのが通常で、いずれもバラのような甘い芳香の親しみやすさが特徴である。

喉越し

アスティ・スプマンテは、甘口だが喉越しは爽やかで女性にも人気のスパークリングワインである。麦わらの黄色または薄い金色のような輝く透明感に、繊細で持続する泡が特徴である。甘みのある味わいは生ハムと相性が良く、その組み合わせは伝統的に楽しまれている。

また、デザートと楽しむことも可能であり、フルーツと共に楽しむとよりフルーツの豊かな香りを堪能することができるのだ。食前酒、食後酒などに楽しみたい、そんなスパークリングワインである。

アスティ・スプマンテの種類

アスティ・スプマンテはイタリアのワイン法で厳しい基準が定められており、それをクリアしたもののみが「アスティ・スプマンテ」の名を名乗ることが許される。さまざまな製造元が存在するため、今回はその一部をご紹介したいと思う。

マルティーニ アスティ・スプマンテ

国際的な販売で、アスティ・スプマンテのトップブランドとして欧米諸国シェアナンバー1を誇る。

サンテロ 天使のアスティ

イタリア産のスパークリングワイン生産者として大人気の「サンテロ」は日本でも非常に人気が高い。ワイナリーは、モスカートの栽培エリアの中心的な場所に存在し、自社畑と契約農家のほとんどが丘陵地の標高の高い場所に存在する。

これらは非常に品質の良い白ブドウが収穫できることで有名であり、サンテロのモスカート種を原料とするスパークリングワインの品質が高い理由を裏付けている。

天使のアスティにはラベルに天使が描かれている。これは天使が幸せ、喜び、愛、平和などのシンボルであり、「この素敵なメッセージをワインと共に皆さんに届けたい」という思いからなのだ。

チンザノ アスティ

1757年に生まれたイタリアの伝統ブランド。フルーティで爽やかな甘みが魅力。フルーツを使ったタルト類のデザートによく合う。

アスティ・スプマンテの買取情報

買取を希望する人にとって気になるのはやはり買取価格ではないだろうか。アスティ・スプマンテは大体が2,000円以下の価格で売られている。買取をおこなっている会社は存在するが、元々リーズナブルな価格帯であることから、あまり高額にはならないケースが多いようだ。

しかし、方法によってかなり価格に差が出るので、諦めずにしっかり比較して検討していただきたい。

また、ワインの査定に関係してくる内容を次の項にまとめた。保管状態によって価格に差が生じたり、場合によっては買取が困難な場合もあるので、次の項で是非チェックしてみよう。

スパークリングワインの保管方法

スパークリングワインはその性質上、状態によって買取価格にかなりの差が出てしまう。保管方法によっては状態が悪くなり、大幅に状態を下げてしまう可能性もある。場合によっては買取ができない程まで劣化してしまうため注意が必要だ。

そのため、減額に繋がらないようにしっかり管理をすることが大切なのだ。良い状態で売れるよう、この記事で内容をチェックしていただき、一番良い状態で売れるように管理していただきたい。

最適な環境

ワインにとっての最適な環境の条件には、以下のようなものが挙げられる。

  • ・温度が一定で涼しい
  • ・光が入らない
  • ・高湿度である
  • ・振動がない
  • ・周囲ににおいの強いものがない

上記に記載した通り、ワインはとてもデリケートな商品なのだ。折角の美味しくて素晴らしいワインでも、雑な扱いをするとその味は大きく損なわれてしまう。

これらの状態を維持するのに一番良いのはワインセラーであるが、ご家庭では無い場合がほとんどであろう。そのため家庭での保管方法を次にまとめた。良い状態を維持するためには必見の内容であるため、是非チェックして役立てていただきたい。

温度管理

理想の温度は13~15℃で、温度変化が無いのが望ましい。高いのはもちろん、低すぎても果実味が抜けてしまう低温劣化の恐れがある。そのため、冷蔵庫では温度が低すぎてしまうため、冷蔵庫の中でも温度が高い野菜室での保管がベストである。

光の遮断

ワインを直射日光にあて続けるとワインは劣化してしまう。できれば蛍光灯や電灯の光も避けるほうが望ましい。そのため、家庭で保管するときはワインを新聞紙で包んでおくとワインを光から守ることができる。

湿度管理

湿度が50%以下の乾燥した場所だと、コルクが乾燥して縮み、ワインが劣化してしまう。逆に湿度が高すぎると、ワインへ直接影響はないが、ラベルにカビができてしまう恐れがある。外装の劣化は査定に大きく影響してくるので十分注意していただきたい。

理想の湿度は60~80%だ。家庭での保存では新聞紙に包んだワインに、霧吹きか何かで水分を与えるのが望ましい。

振動

振動もワインの劣化を招くため注意が必要だ。スパークリングワインの場合、内部の泡が大きくなってしまいグラスについでもすぐに炭酸が抜けてしまう原因になる。アスティ・スプマンテは繊細で持続する泡が特徴なため扱いには注意しよう。

横に寝かせる

ボトルを立てておくと、コルクが乾燥して収縮し酸化してしまう可能性がある。そのためボトルは寝かせて保存していただきたい。また、乾燥するとコルクに弾力がなくなりコルクを抜く際の失敗に繋がる。

以上がワインの保管についてである。保管方法によってはワインが劣化し、買取価格が下がってしまうので注意が必要である。そして、スパークリングワインはその性質上、基本的に家庭での長期保存はあまり向いていない。買取を検討している場合は早めに決断することをおすすめしたい。

アスティ・スプマンテを高く売るコツ

次に、高く売るために気を付けるポイントについてまとめた。是非チェックしてみよう。

液面低下

保存状態によっては封が空いていなくても中身が減ってしまうことがあり、これを液面低下という。高温多湿の環境などで起こってしまうため保管環境に注意が必要だ。

また、栓がしてあるのに中身が漏れたりしている場合や漏れ跡がある場合も減額の対象になってしまう。

外装の剥がれ

ラベルが剥がれている場合は、商品名がわかったとしてもやはり減額になってしまう。また、コルクを包むフィルムも破けがあると減額の対象になってしまうため、保存には細心の注意が必要である。

ボトルの破損や汚れ

外観の綺麗さは顧客の購買意欲に繋がるため保管には十分気を付けよう。汚れは可能ならば綺麗にしてから売るようにしよう。少しの工夫が査定に関わってくるのだ。

まとめ

今回は日本でも人気のイタリアワインであるアスティ・スプマンテについてご紹介した。伝統があり品質も高いアスティ・スプマンテだが、その価格はリーズナブルであり気軽に楽しめることから、日本でもとても人気のあるスパークリングワインだ。

ただし、買取にはややコツが必要かもしれない。買取価格にもかなりの差が生じているため、十分比較して一番良い条件で売れるよう検討してみよう。

保管状態が査定額に大きく関わってるため、本記事を参考にして管理には気を付けていただきたい。また、スパークリングワインの性質上家庭での長期保存はあまり向かない。そのため早めの決断をおすすめする。

ヒカカク!でワインを高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのワイン
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「シャンパン「アスティ・スプマンテ」の買取相場・査定情報まとめ」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

LINE@で事前相談する
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する