【高価買取】古書や哲学書はどこに売るのがお得?買取で損をしない方法

提供記事

ヒカカク!で商品を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品を検索

    商品名で検索したり、カテゴリから探そう

  2. 査定依頼
    2査定依頼

    最大5社が買取価格を一括査定!(無料)

  3. 買取予約
    3買取予約

    査定結果が届いたら、買取予約をします

  4. 買取完了
    4買取完了

    商品を買取業者に郵送。現金を受け取ろう

読書家・愛書家の方のなかには、どんどん増える書物の処分を検討している方もいるだろう。そんな方々に朗報。古書や哲学書、専門書などは、かなり高く売れるようだ。引っ越しや断捨離、遺品整理などで本の処分を検討しているなら、この機会にぜひ売却を検討してみてはいかがだろうか。


Hardbacks / M@sh

古書や哲学書を捨てるのはもったいない

「古い本だし、ボロボロだから今さら価値もないだろう」と、歴史ある本を捨てようとしてはいないだろうか。もしかしたら今処分しようとしている本の中に隠れた名著が混ざっているかもしれない。希少な古書は需要が高く、お宝として高価買取されることもある。捨てる前にぜひ一度専門家に査定してもらい、手持ちの本の価値を知ってみるのはどうだろうか。

古書や哲学書など専門書の買取は売却先に要注意

古書や哲学書、思想書などを売却する際、リサイクルショップや全国チェーンの古本屋を選ぶのはあまりおすすめできない。一般的な古本買取店では、価値の調査よりも本の発売日や状態を優先させるため、本来の価値に見合った査定がなされないこともある。一見ボロく見える古書などは、価値が高くても買取を断られてしまう場合もあり、古書を買い取ってもらうのには、かなり不向きなのだ。

そもそも古本と古書の扱いは異なり、

  • 古本=一度誰かの手に渡った経緯がある本
  • 古書=すでに入手が不可能な絶版本

と分けられる。

古書などの専門書は知識がないと価値の判断がつかず、査定が難しい。また、ISBNコードが付与されていないほど古い書物は、一般的な古本屋では買取してもらえない場合が多いので買取先も限定されるのだ。

希少な書物は価値のわかる専門店に買い取ってもらおう

単に哲学書といっても、古代哲学・中世哲学・近代哲学などその内容は多岐に渡り、細分化するとかなり膨大なジャンル数となる。査定担当者はもちろんそのすべてを理解した上で査定を行うため、専門的な知識が必要となるのだ。 このような専門書をなるべく高く売りたいなら、リサイクルショップや全国チェーンの古本屋ではなく、古書専門の買取店へ売却するのが賢明である。

高く買い取ってもらう秘訣

古書=年代物だから買取価格が高くなる、というわけではない。もちろん年代も考慮されるが、現在の古書の状態も大きく関わってくる。

査定前には

  • ・書き込んだメモを消す
  • ・インデックスをはがす
  • ・表紙を綺麗に拭く

など、できるだけ綺麗にしておくと、買取価格UPが見込める。

経年劣化は仕方がないが、古書も一般的な古本同様、状態のよいものほど高く買い取られる可能性がある。ただ、古書は紙の耐久性も低く、過度なメンテナンスはさらに破れや汚れを広げることがあるので、難しそうな場合はそのままの状態で見積もりに出すのが安心だ。

専門書の買取なら藍青堂書林

古書や哲学書、思想書などの専門書の買取なら藍青堂書林(あいせいどうしょりん)がおすすめ。こちらは大阪にて、専門書・学術書の買取を積極的に行う古本買取専門店だ。

買取実績が豊富

売却先を検討するにあたり重視すべきなのが、これまでの買取実績だ。実績が豊富な店ほど目利きがあり、相場観や知識に長けていると思っていい。

その点、藍青堂書林は出張買取だけでも年間200件以上の実績を誇り、このペースで専門書を買い取っているとあらば、かなりの査定力を持っていることが伺える。ホームページにて買取実績を詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてはいかがだろうか。

ターゲットを絞ることで高価買取を実現

全国チェーンの古本屋などは、不特定多数の客層を相手にするため、需要のある本をまんべんなく扱っている。人気のある小説や流行の書籍は売れる確証があるので高く買い取ってもらえるが、需要が偏る専門書などは安く買い取られてしまうことも多い。

逆に藍青堂書林は、その偏った層にターゲットを絞ることで一定の購買層を獲得。売れるルートを確保できているため、安定した買取価格を提示できるのだ。一般的な古本屋では10円で買い取られる本も、藍青堂書林では1,000円の買取額がつくこともある。価値のわかる専門店に売るということは、こんなにも差が出るものなのである。

他店で断られてしまった品も買取可能

藍青堂書林では、古書に限らずジャンルに縛られない買取を行っている。例えば、医学系のCD・DVD教材、医学部・薬学部受験の予備校テキストや参考書など。他にも幼児向け教材や資格試験教材、自己啓発・ビジネスの教材なども買取可能。IT技術書や美術・芸術関係、最新の専門書などにも強いのだ。

一般的な古本買取店で買取が難しい非売品の書籍や、ISBNコードがついていない古書も内容によっては買い取れるとのことなので、他の古本買取店で断られてしまった品も相談してみるとよいだろう。

買取方法を選択しよう

藍青堂書林に買取を依頼する際は、3種類の買取方法から選択できる。住んでいる地域や売りたい書物の量に合わせて買取方法を検討しよう。どの買取方法を選んでも、査定・振込・送料などの手数料は無料なので、ぜひ気軽に利用していただきたい。

店頭買取

大阪府内にお住まいの方なら店頭買取がおすすめ。店頭にて即査定・即換金が可能なため、急いで現金を受け取りたい方はこちらを選択するのがよいだろう。日にちによっては店頭の買取を行っていない日もあるので、事前に電話や申し込みフォームから問い合わせてみてほしい。

出張買取

地域によっては、家や書庫など指定の場所への出張を依頼して、買い取ってもらうこともできる。東大阪市・大阪市・八尾市・大東市が主な出張可能エリアとなるが、該当しない地域もエリアによっては出張可能となる場合もあるそうなので、ぜひ気軽に相談してみよう。

万が一回収の際に買取できない商品があっても、不要であれば無償で引き取ってもらえるので、その後の処分についての心配もなし。店頭買取とは異なり、回収した書物の買取金額は指定口座への振込となる。

宅配買取

宅配買取なら地域の制限がないので、全国から気軽に利用できる。こちらも事前に売却したい書物について相談しよう。 申し込みが済んだらヤマト運輸に集荷を依頼し、商品を発送。査定が完了したら査定額の連絡が入るので金額を確認。提示額に承諾すると翌営業日には指定口座に現金が振り込まれる、という流れだ。希望すれば無料でダンボールキットを送ってもらえるので、梱包材などは用意しなくても大丈夫。ぜひ気軽に申し込もう。

まとめ

今回は、古書や哲学書などの専門書をお得に売却する方法について紹介した。今は売りたいものの買取価格をネットで簡単に調べられる時代となったが、古書など専門知識が必要なものは、価格を調べるのが難しい。藍青堂書林なら無料で見積もりを出してもらえるので、まずは気軽に査定を依頼してみてはいかがだろうか。

藍青堂書林の店舗情報

住所
大阪府大阪市旭区中宮5丁目11-19 三木ビル1F
TEL
0120-544-903
URL
http://senmonsho.jp/
営業時間
8時半~22時
定休日
年中無休
2個以上でもOK!まとめて査定しよう
あなたの古本
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「【高価買取】古書や哲学書はどこに売るのがお得?買取で損をしない方法」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する