なぜAmazonやGoogleが格安スマホ(MVNO)に参入するのか?

最終更新日:2019年02月10日
あなたの商品
買取価格を最大5社が一括査定!
今すぐ査定する簡単
1分

先日、ソニーがXPERIAを格安スマホに投入するというニュースが入ってきた。最近、様々な会社が格安スマホに参入しており、ニュースも賑やかだ。今回はその中でもAmazonとGoogleといった巨大インターネット企業の参入に注目し、その参入の理由を探ろう


Amazon Fire Phone_3 / TechStage

Amazonのこれまでの独自デバイス参入

もともとAmazonは色々なデバイスに手を出してきた。2007年にKindle、2011年にKindle Fire、2014年にFire TVといった具合だ。街中でほとんどの人がKindleを持っている、という状況には残念ながら辿り着いていないが、その認知度は確かなものだろう。そんなAmazonは2014年6月にスマホ(Fire Phone)に参入した。Amazonのスマホの特徴はいくつかあるが、最も注目すべきはアマゾンストアとの連携だろう。


Amazon Fire Phone_2 / TechStage

「Firefly Technology」といわれるこの機能は、例えばカメラで雑誌のページを撮影したとき、電話番号やURL、メールアドレスなどを画像の中から自動的に認識して、アクセスできるようにしてくれる。これによりスマートフォンをスキャナとして利用できるわけだ。またDVDの表紙や書籍を撮影したり、テレビや映画、音楽などの音をFire Phoneに聞かせれば、すぐにアマゾンのウェブページでレビューを読んだり購入したりできる。

Amazonの格安スマホ参入の理由

上記の特徴からもわかるようにAmazonが格安スマホ市場に参入した理由はAmazonの商品注文を簡略化するためである。そもそもネット上での商取引がウェブで行われるようになり、最初はパソコン、そして近年はモバイル端末での購買比率が急増している。それぞれのインターネット事業者はウェブからアプリへと進出してきているが、その更に先はハードウェアそれ自体を販売してしまい、自社のサービスをハードと一体化して提供してしまうことに尽きる。

Amazonの創業者であり、現CEOのジェフ・ベゾス氏は常にサイトの使い勝手を追求しており、格安スマホへの参入もその一環というわけだ。

Googleのこれまでの独自デバイス参入

GoogleはAndroid(アンドロイド)というオープンソースのソフト(オペレーティングシステム)を無料提供してきたほか、Nexus(ネクサス)というデバイスで独自スマホ・タブレットに参入していた。Google内では格安SIM参入計画を「Nova」と呼んでいる。詳しいことは明らかになっていないが、格安スマホについてはまずアメリカで販売し、日本ではソフトバンクの回線を使用するという噂がある。さすがソフトバンクの動きも素早い。

Googleの格安スマホ参入の理由


Nexus 4 / Janitors

Googleが格安スマホに参入する理由は、スマホのウェブブラウジングにおける広告価値を高めるためだと言われている。アメリカではスマホの利用料が高いことが問題となっているが、格安スマホを投入することでネットの利用者をさらに増やすことができるだろう。そもそものスマホ利用者を増やすことで広告機会を増大させるという非常にマクロ的な施策なのだ。広告で収入を得る企業であるGoogleは、Googleのユーザーを増やすことで今以上に広告の価値を高められると予想される。

既に飽和状態の格安スマホ業界における勝者は誰に


Occupied / DonkeyHotey

どの企業も様々な思惑で格安スマホに参入してくる。かのFacebookも独自スマホデバイスの開発は行ってきている。今後もインターネットサービスを提供する企業がスマートフォンを提供する形でハードを抑え、よりサービスを最適化した状態で利用してもらう流れとなるだろう。日本でも既に楽天が格安スマホに参入している。

ただでさえ早くも飽和状態と言えるこの業界で、いかに独自の戦略をとり、顧客を獲得できるか。また、ハードと連携したサービス展開といった形もまだ成功者はいないと言っていいだろう。実のある戦略なのだろうか。今後の展開が楽しみである。

番外編:格安スマホを買うなら

格安スマホをお得に購入したい方は、フリマサイトを利用してみてはいかがだろうか。 スマホのマーケット(スママ)で出品されているスマホは、中古品であるため新品よりも安く購入できるだけでなく、動作保証サービスも提供されているため安心だ。また、どのようなSIMカードを使えばよいかわからないという方は、格安SIM診断サービスを利用することで、自分にあったSIMカードを見つけることができるだろう。

ヒカカク!で商品を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

あなたの商品
買取価格を最大5社が一括査定!
今すぐ査定する簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「なぜAmazonやGoogleが格安スマホ(MVNO)に参入するのか?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

LINE@で事前相談する
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する