ナイフは捨てずに売るのが正解!大阪府民にもおすすめの高価買取店とは

最終更新日:2019年08月09日
提供記事

ヒカカク!で日用品・生活用品を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

ナイフはアウトドアの必需品。用途に合わせて使い分けるこだわり派なら、増えてしまっても仕方ない。もしコレクションの整理を検討しているのであれば、この機会に「買取」を利用してみてはいかがだろうか。カスタムナイフはもちろん、ファクトリーナイフも思いのほか高く売ることができるのだ。今回は大阪や岐阜、滋賀周辺で利用しやすい買取店を紹介していくので、ぜひ参考にしていただきたい。

ナイフを捨てるのは損!買取で現金化がおすすめ

もしもナイフを "ごみ" として捨てるなら、分別方法を事前に必ず確認してほしい。ナイフは地域によって分類が異なるようで、東京都なら不燃ごみ、大阪府は普通ごみ、広島県では資源ごみとして扱われている。しかし、せっかくのコレクションをタダで処分するのは、もったいない気がしないだろうか。

買取で次の購入資金をゲット

そこで活用してもらいたいのが「買取」だ。買取を利用すれば不要なナイフを処分するだけでなく、現金化することが可能。手に入れた資金で新たなナイフ、もしくはほかのアウトドアグッズの購入もできるのだ。

売るならエリアや買取店を吟味しよう

ナイフを売る際には、買取業者選びが重要だ。実はナイフはどこの店でも売れるとは限らない。なかには刃物全般を買取不可としている業者もいるので、事前に問い合わせておこう。また、できるだけ高く売りたいと考えるなら、エリアや買取店を吟味することが大切。ナイフの需要が高い店を選ぶことが、高価買取を叶えるコツなのである。

ナイフを売るなら岐阜県がおすすめ

ナイフを売るのにおすすめしたいエリアが岐阜県だ。関市は約800年の歴史をもつ刃物の町。鎌倉時代に刀祖「元重」が移り住み刀鍛冶をはじめたという、歴史ある地域である。現在も日本一の名刀の産地として繁栄しており、毎年10月には刃物まつりを開催。11月には刃物供養祭が執りおこなわれ、全国の使わなくなった刃物のリサイクル・リユースを促している。刃物に詳しい店も多いので、ナイフを売るならまず岐阜県の買取店を選ぶとよいだろう。

ナイフは「刃物買取屋」で高く売る

刃物の生産・回収に力を入れているのは関市だけではないようで、その活気は隣の岐阜市などにも拡大しているようだ。そこで、今回はおすすめの買取店「刃物買取屋」について紹介していく。

刃物全般の買取が可能

刃物買取屋は、岐阜県・岐阜市で営業中の刃物買取専門店だ。本職用包丁に家庭用包丁、和・洋 ナイフはもちろん、鉈や斧まで刃物全般を幅広く買取。ナイフはブランドのカスタムモデルにファクトリーモデル、プロトモデルなど、ジャンルを問わず買い取っている。

専門店ならではの鑑定眼

ナイフなどの刃物類は、専門の知識を持ち合わせていないと、正しい査定をすることが難しい。特に、中古の刃物の場合、あまり詳しくないリサイクルショップなどに出すと、二足三文の値段しかつかないことが多いのだ。

その点、刃物買取屋は刃物を専門に扱うだけあり、鑑定眼はさすがのもの。中古品の査定も得意としており、刃こぼれ・サビなどがある難ありのナイフも値段をつけてもらえるそうだ。他店に買取を断られてしまったナイフも、きっと相談してみる価値があるだろう。

人気ブランドのナイフは高価買取

ナイフならどんな形のものでも、積極的に買取中。カスタムナイフ・ファクトリーナイフの縛りもないので、使わなくなったアイテムをまとめて売るのもおすすめである。ちなみに、以下のような人気ブランドの商品なら、特に高価買取してもらえるようだ。該当するナイフを持っているなら、ぜひ刃物買取屋に依頼してほしい。同社ならきっと満足のいく価格を提示してくれるはずだ。

人気ブランド一例
  • ・AL MAR(アル・マー)
  • ・Underwater Kinetics(アンダーウォーターキネティックス)
  • ・Winchester(ウィンチェスター)
  • ・EMERSON(エマーソン)
  • ・Ocean Master(オーシャンマスター)
  • ・ONTARIO(オンタリオ)
  • ・GERBER(ガーバー)
  • ・Coleman(コールマン)
  • ・Spyderco(スパイダルコ)
  • ・Smith&Wesson(スミス&ウェッソン)
  • ・PUMA(プーマ)
  • ・BENCH MADE(ベンチメイド)
  • ・MISONO(ミソノ)
  • ・R.W.LOVELESS(ラブレス)
  • ・Randall(ランドール)
  • ・LEATHMAN(レザーマン)
  • ・Red Orca(レッドオルカ)
  • ・ROCKSTEAD(ロックステッド)
  • ・晶之作
  • ・岩崎重義
  • ・加藤清志
  • ・原幸治

大阪からも利用しやすい便利な買取

刃物買取屋は「出張買取」と「宅配買取」で査定をおこなっている。どちらも利便性に優れているので、それぞれの内容から好きな方法を選択しよう。

出張買取

「出張買取」は自宅まで買取に来てもらう方法。梱包する手間がないので、ナイフのコレクションをまとめて売る際など、大量買取のときにおすすめだ。出張買取の流れは以下のとおりとなる。

  • 1.ホームページの出張買取依頼フォームか電話で査定を依頼
  • 2.自宅へ来てもらう日を決める
  • 3.当日買取専門スタッフが自宅を訪問し、その場で査定
  • 4.提示された査定額に了承すると、即現金支払い

これにて買取完了だ。商品の運び出しもスタッフがおこなってくれるので、こちらの負担はゼロ。なお、出張対応地域は岐阜県を中心に、大阪、愛知、三重、滋賀がメインとなるが、量によっては全国規模で出張できることもあるそうだ。

宅配買取

少量の買取や、遠方の方には「宅配買取」をすすめたい。査定員と顔を合わせることなく、自宅で簡単に利用できるのが大きな魅力だ。宅配買取の流れは次のようになる。

  • 1.ホームページの宅配買取依頼フォームか電話で査定を依頼
  • 2.不要なダンボールに
  •  ・ナイフ
  •  ・身分証明書のコピー(運転免許証、健康保険証など)
  •  ・買取申込書
  •  を梱包し、ゆうパックの着払いで発送
  • 3.査定結果連絡を待つ
  • 4.銀行口座へ振り込まれる

査定結果は、商品が刃物買取屋に届いてから、3営業日以内にメールで送られてくるとのこと。査定結果に同意すると、そこから2営業日以内に希望の口座に入金してもらえるそうだ。査定料はもちろん、送料や電話代など買取にかかる手数料がすべて無料なのが、うれしいポイントである。

写メール査定・LINE査定も活用しよう

とりあえずいくらで売れるのかを知りたい場合には、「写メール査定」「LINE査定」を活用していただきたい。入力フォームやLINEから商品の写真を送るだけで、おおよその買取価格を教えてもらえるので、売るかどうか迷っている方は判断しやすくなるだろう。詳しい送付先などは、ホームページに記載があるのでチェックしていただきたい。

まとめ

今回はナイフを売るのに適したエリアや、おすすめの買取店である「刃物買取屋」を紹介した。ナイフの高価買取を目指すなら、価値のわかる専門店に依頼するのが賢明。万が一値段がつかなかった場合には回収してもらえるそうなので、単に処分を検討している方にも安心だ。ぜひ刃物買取屋で、満足のいく取引を実現していただきたい。

刃物買取屋の基本情報

住所
岐阜県岐阜市東栄町1丁目22 ビジネスプラザ22 1F南
営業時間
9時~21時
定休日
年中無休

価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたの日用品・生活用品
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「ナイフは捨てずに売るのが正解!大阪府民にもおすすめの高価買取店とは」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

LINEで相談する
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する