初心者にも簡単!複数のクラウドサービスを一括管理するおすすめツール

提供記事

ヒカカク!で商品を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品を検索

    商品名で検索したり、カテゴリから探そう

  2. 査定依頼
    2査定依頼

    最大5社が買取価格を一括査定!(無料)

  3. 買取予約
    3買取予約

    査定結果が届いたら、買取予約をします

  4. 買取完了
    4買取完了

    商品を買取業者に郵送。現金を受け取ろう

GoogleドライブやDropbox、One Driveなど、世の中には便利なクラウドサービスがたくさんある。なかには複数のサービスを利用しており、アカウント管理に苦労している方もいるだろう。

今回は、そんな複数のクラウドを使い分けるユーザーへおすすめのマルチクラウド管理ツールを紹介するので、ぜひ活用していただきたい。

データの保存・閲覧・共有にクラウドサービスはマスト

プライベート用とビジネス用など、すでに複数のクラウドを使いこなしている方も多いと思うが、まずは初心者向けにクラウドサービスについて説明していこう。

クラウドサービスは別名「オンラインストレージ」などとも言われ、その名の通り写真やファイル、音楽などあらゆるデータをオンライン上に保存できるサービスのこと。

ログインの権限を取得すればクラウド上のデータを他の人と共有することもできるので、社内のファイル共有などにも活用でき、今やビジネスに欠かせないコンテンツとなっている。

メジャーなクラウドサービス

メジャーなクラウドサービスといえば、

  • ・Dropbox
  • ・One Drive
  • ・Google Drive
  • ・iCloud Drive
  • ・Box
  • ・pCloud
  • ・amazon Drive

などが一般的だ。

パソコンやスマホに入れているデータが急なアクシデントにより消えてしまうこともあるので、オンラインストレージと並行してデータ管理を行うといいだろう。

複数のクラウドを利用するメリット・デメリット

最近では、クラウドそれぞれの特性を活かして複数のストレージを利用する方も多い。プライベート用とビジネス用に分けていたり、万が一の時のために複数のクラウドへバックアップをとっておくなど、その理由はさまざまだ。

しかし、ここで厄介なのが複数のクラウドのアカウント管理である。

クラウドを開くごとにログインが必要な上、それぞれに保存したデータを把握しておく必要があるなど、日頃からきちんと整理できてないとかえって作業効率が下がってしまうこともあるのだ。

マルチクラウド管理ツールでクラウドを統合しよう

複数のクラウドサービスを管理するのは少々厄介だが、使い分けていたクラウドをひとつに統一するのはなかなか難しいもの。そんな時は、マルチクラウド管理ツールを用いて複数のクラウドサービスを統合しよう。

マルチクラウドとは、クラウドの種類を問わずに複数のクラウドサービスを共通のツールを用いて使いこなすこと。今まで別々に機能していたものを一元管理することにより、さらなる運用効率化を見込めるのだ。

クラウド管理は「AnyTrans for Cloud」が超便利

そんなマルチクラウド管理ツールでおすすめなのが、iMobieが提供する「AnyTrans for Cloud」だ。

AnyTrans for Cloudは、MacやWindows、iPhone、Androidなど、デバイスを問わずに利用可能。複数のクラウド管理や、データの転送・同期・共有をひとつのツール上でまとめて行うことができる。

例えば、DropboxとGoogle Drive、One Driveなど、サービスや操作方法が異なるクラウドも、ひとつのツール上にて同一操作で作業することができる。言わばデータ管理のワンストップソリューションだ。

「AnyTrans for Cloud」で管理できるクラウド

2018年7月現在、AnyTrans for Cloudで利用できるクラウドサービスは以下の6種類となる。

  • ・Dropbox
  • ・One Drive
  • ・Google Drive
  • ・iCloud Drive
  • ・Box
  • ・pCloud

iMobieの商品はサービス向上のため定期的にアップデートを繰り返しており、上記に該当しないクラウドでも今後利用できるようになる可能性は高い。

また、同じクラウド内の複数のアカウントも登録できるなど、利便性は十分だ。

AnyTrans for Cloudは初期導入も簡単

AnyTrans for Cloudは、iMobieの公式サイトからダウンロード・アクセスできる。

Windows版・Mac版・Web版で分かれており、Windows版とMac版はPCにダウンロードして使用する。Web版は管理ツールへ直接アクセスできるので、スマホやタブレットから利用する場合にはWeb版からログインしよう。

新規登録は手持ちのメールアドレスを登録するほか、GoogleアカウントやFacebookアカウントなどでサインインすることも可能だ。

直感的な操作で誰でも使いこなせる

サインインが完了したら、現在利用しているクラウドサービスからもログインする。

AnyTrans for Cloudは、ホーム画面に操作内容がアイコンでわかりやすく表示されているため、詳しい説明がなくとも誰でも簡単に利用できるのが魅力。

最初にそれぞれのクラウドサービスからログインしたら、以後面倒なアカウントの切り替えは一切なし。スマートにクラウド間のデータ共有、転送することができるのだ。

同期の方法は3種類

AnyTrans for Cloudは、それぞれのクラウドに保存されたデータを同期(データを別のクラウドサービスにコピー)することもできる。

同期は「Onlineチャンネル」「Offlineチャンネル」「Premiumチャンネル」という3つの方法から選択することができ、「Onlineチャンネル」はインターネットを用いてオンライン上でデータを転送する方法。「Offlineチャンネル」はネットワーク接続なしのオフライン状態で、自動的にデータを転送するといった内容だ。

転送・同期の作業自体は問題ないが、「Onlineチャンネル」は転送前に一度クラウドのデータをダウンロードして再アップロード作業をするため、ファイルを一時的に保存しておけるディスク容量が必要だったり、アップロードに時間を要するという難点がある。

また、「Offlineチャンネル」はサーバーを利用して直接クラウド間のデータを移行するので、サーバーが混み合っていると転送に時間がかかってしまうことがあるようだ。

Premiumチャンネルならスケジュール設定で自動的に同期が可能

このような難点を解消したのが「Premiumチャンネル」だ。Premiumチャンネルは、複数のサーバーを駆使して最適・最速な転送ルートを見つけ出し、データをまとめて処理。驚くほどのスピードでデータの同期を完了させてくれる。

通常の同期は現在保存されているデータを転送することになるが、Premiumチャンネルを選択すれば、あらかじめ指定したスケジュールに合わせて自動的にデータを転送することもできるのだ。Premiumチャンネルのみ有料となってしまうが、作業効率アップをのぞむならぜひ活かしていただきたい。

Premiumチャンネルを購入する際には、さらに「プレミアムプラン」か「プレミアムトラフィック」かを選択する必要がある。

単純にスピード感のある転送を所望するなら、高速サーバーを使って素早くファイルを同期できる「プレミアムトラフィック」を、最速な上にスケジュールに合わせた同期やその他の特殊な便利機能も利用したいなら「プレミアムプラン」を選択するのがいいだろう。詳しい料金プランは公式ホームページにて確認しよう。

まとめ

今回は複数のクラウドを管理できるマルチクラウド管理ツールについて紹介した。単なるクラウドサービスに比べ、クラウド全体を管理できるツールはあまり多くない。その中でも、AnyTrans for Cloudは簡単に無駄なく利用できると評判だ。

ちなみに、今新規登録すると一定期間無料でPremiumチャンネルを利用できるので、ぜひこの機会にダウンロードしてみてはいかがだろうか。

あなたの商品
買取価格を最大5社が一括査定!
今すぐ査定する簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「初心者にも簡単!複数のクラウドサービスを一括管理するおすすめツール」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する