買取ボーナスキャンペーン

iPhone5sの中古品相場はいくらくらい?ヤフオクやムスビーの価格比較

読了目安:14分
更新日:2019/10/31
公開日:2019/04/15
0のお客様が役に立ったと考えています

日本の大手3キャリアであるドコモ・ソフトバンク・auで発売されることになった、記念するべきモデルといえば、iPhone5sではないだろうか。そのためこの機会にiPhone5sに機種変更した人も多い機種だったはずだ。今のiOS12にも対応しているiPhoneになるので、現行のiPhoneとして利用できるのもうれしいポイントだろう。

そんなiPhone5sを中古品で探している人も多いのではないだろうか。iPhone5sは機能性を充実させたことでも話題になっているのだ。ハイスペックiPhoneとしての人気はもちろん2013年に発売されたこともあり、発売されてから時間が経過していることもあってお得に手に入れることも夢ではないのだ。

そうはいってもiPhone5sの中古品がどこで販売されているのか、なかなか条件のいいiPhoneが見つからずに困っている人もいるかもしれない。古い機種になるとどうしても状態の良いiPhoneが見つからなかったり、傷や汚れが目立ってしまうこともあるのだ。中古相場はどの程度になり、できる限り安く購入したらいいのか、実際のところはどうなのか、徹底的に調べてみた。

iPhone5sを探していて手に入れたいと思っているあなたには、最大手ヤフオクと中古品iPhoneを見つけやすいムスビーなどの情報を合わせて紹介しながら、少しでもお得に購入できる方法について紹介していきたい。

iPhone5sの中古品相場はいくらくらい?ヤフオクやムスビーの価格比較

CONTENTS

こちらのページには広告パートナーが含まれる場合があります。掲載されている買取価格は公開日のみ有効で、その後の相場変動、各企業の在庫状況、実物の状態などにより変動する可能性があります。

iPhone5sとは?

2013年9月に日本だけでなく世界11カ国で同時に発売された機種になり、先程冒頭でも紹介したように、大手3キャリアで発売されたものだ。iPhone5の正統的な後継モデルになり、機能面を充実させたiPhoneでもあるのだ。たとえばスマホでは初の試みになる64ビットアーキテクチャを搭載し、CPUの高さは過去のiPhoneと比べ物にならないほどだ。

今では珍しくもないのだが、iPhoneの指紋認証の機能がついたのも実はiPhone5sからだと言われている。3色のゴールド・シルバー・スペースグレイにて展開されたのも、iPhone5sからの変更点といえるのではないだろうか。iPhone5sは大手3キャリアそれぞれに発売価格に違いがある。

たとえばドコモは16GB・32GB・64GBで95,760円の均一の販売価格となる。ソフトバンクは16GBで70,080円、32GBは80,400円、64GBは90,720円。auは16GBで70,200円、32GBは79,920円、64GBは90,720円となる。価格だけみるとドコモが一番高くなるのだが、その分通話料などの毎月の基本料金からの割引などもあり、実際には他のキャリアよりもお得に購入できたケースも珍しくないのだ。

今では256GBなどの大きな容量のiPhoneもある中、1番大きな容量で64GBと小さめの容量になってしまうのも、今と大きく違う点といえるのではないだろうか。10万円を切る機種が多く、iPhoneの中では比較的安い機種といえるだろう。

iPhone5sの中古品価格は下がっている?

iPhone5sがどのぐらいの中古品相場で販売されているのか気になる人も多いのではないだろうか。手のひらに収まるぐらいの4インチディスプレイを搭載していることもあり、日常で使いやすいのもiPhone5sのポイントだ。総合的な使いやすさもあって新しい機種にしても、iPhone5sに戻ってくる人も多いと言われた機種でもあるのだ。

iPhoneの容量やカラー、また傷や汚れなどの状態によっても価格は変動するが、使用期間が短いものや新品、ショップ出品の場合に高額な価格になることがある。たとえばiPhone5sの場合は、買取ショップなどで購入する場合6,000円~13,000円程度の価格が相場になる。ただし条件の良いものになると20,000円前後の値段がつくケースもあるようだ。キャリアに下取りに出した場合は、3,000円~10,000円前後の金額が目安だ。

iPhone5sの場合は急激に値段が下がっているということはなさそうだ。というのも、iPhoneの多くはもともと人気のある機種になるので、中古品であっても価格が下がるとは考えにくいのだ。日本だけではなく海外でも人気のある機種であることや品薄状態になっていることもあり、需要の高さからiPhone5sは一定の価格で取引されているケースが多いのだ。

iPhone5sを少しでも安く購入したいと思うのであれば、iPhone5sの状態が悪いものを購入するか、別の機種を購入するのをおすすめしたい。

iPhone5sを中古品で購入するには?

iPhone5sを中古品で購入するにはどうしたらいいのか。そんなあなたのために、具体的に説明していきたいと思う。実際にiPhoneの中古品を購入する場合に、実店舗で購入するか、インターネットの2通りの方法が考えられる。ただし、条件やそれぞれにメリット・デメリットがあるので、どちらの方がいいのか、お店の探し方なども含めて紹介してきたいと思う。

実店舗

街の中で「iPhone販売店」だとか「iPhone 激安店」などの宣伝を見かけたことはないだろうか。特に都心部などの場合、繁華街に行けば必ずといってもいいほど見かけるものだ。直接店舗に足を運び、展示されているiPhoneの中から予算や条件にあったiPhoneを探して購入する方法になるのだ。

その場で店員さんに説明してもらいながらiPhoneが購入できるので、わからないことがあればその場で確認できる点や、店舗があるからこそ安心して取引ができるメリットもあるのだ。お店を実際に利用したことがないとしても、過去に利用した人の口コミやお客様の声を事前に調べた上で利用するかどうかを決められるのだ。接客面やiPhoneの状態を本当に信用できるお店で購入できるのは実店舗ならではのメリットといえるのではないだろうか。

また実店舗の良さには、購入後のサポートがしっかりとしている点にあるだろう。たとえば実際に使えるようにするまでにいくつか設定が必要になるのだが、これらの設定をすべておこなってくれる場合も多いのだ。万が一故障してしまったときも、店舗に直接持っていき相談したり対応をしてもらうこともできる。

ただし覚えておいてほしいのだが、実店舗の場合は販売額がほぼ相場になってしまうことだろう。ある程度の基準を持って販売価格を決めているので、中古品だからといって価格が急激に下がるとは考えにくいのだ。中古品でできるだけ安く購入したいと思っている人にとっては、物足りなさを感じてしまうこともあるのではないだろうか。

iPhoneをどのぐらいの価格で購入したいのかによっても実店舗がいいのか、しっかりと検討したいところだろう。

インターネット

近頃はインターネット上でiPhoneを購入する人の方が多いかもしれない。実店舗だけに限らず、iPhoneをえらんだり購入手続きなどのすべてをインターネットで完結できる分、気軽にiPhone5sを購入できる方法になるのだ。実店舗を持ってしまうとテナント料や人件費などの維持するためのお金がかかってしまうのだが、インターネットの場合はこれらの維持費をかけずに販売ができるのだ。

その分をiPhone5sを驚くほど安く購入できるように還元しているケースも多いのだ。iPhoneを少しでも安く手に入れたいと思っている人にとっては、インターネットの方が条件がいい場合も多い。ただし気軽に購入できるインターネットの場合、実店舗よりも対応面で劣ってしまうことも珍しくないのだ。

万が一購入したばかりのiPhoneに何か不調が出てしまったときに、実店舗のように直接持っていき対応してもらうことができないのだ。そのため、対応に時間がかかってしまったり、中には対応してくれないケースもある。インターネットの場合は、副業として事業を営んでいる人もいるので、トラブル時の対応が遅くなってしまいがちなのだ。

iPhone5sを実店舗で購入するのか、インターネットで購入するのかによっても変わるのだが、故障してしまったときや不良品などにあたってしまった場合に、しっかりと対応してくれるのか、サポート面を比較した上で購入する店舗を決めた方が安心だろう。iPhoneは特に毎日使うものだからこそ、購入した後に不良品だったなんてことがないように注意したい。

フリマやオークションサイトで購入する

iPhone5sをフリマやオークションサイトを通して購入する方法もあるのだ。たとえば近ごろは、TVCMなどでフリマアプリの宣伝を見かけることも増えたのではないだろうか。昔からあるヤフオクをはじめ、メルカリラクマムスビーなどよく耳にする新しいサイトが次々に登場しているのだ。

1度は耳にしたことがあり、実はちょっと気になっていた、なんて人も少なくはないのではないだろうか。インターネット経由のフリマやオークションサイトの場合、気軽に出品できることもあり、店舗よりも数多く商品が出品されており、その中から条件の合うiPhoneを探すことができるのだ。これらのサイトの特徴として、相場はあるものの自分で販売する価格を選ぶことができるので、中には驚くほど安い価格帯で手に入る場合もあるのだ。

オークションサイトの場合は、出品されている商品を競り合いにて購入する方法になる。オークションを利用したことがない人の場合は、最初は戸惑ってしまうこともあるだろう。iPhoneを出品するときに事前に出品者によって最低落札額が指定されている場合が多く、なかには1円や5円などの驚くほど安い価格にして購入者を集めている人もいる。

個人間のやりとりになる分、お得に購入できるケースもあるのだが、フリマやオークションサイトの場合は返品やクレームの対応をしていない人もいるのだ。購入するときに商品をしっかりと見極めておくこと、メリットもあればデメリットもあることをしっかりと把握しておかないと、トラブルの原因になってしまうケースもあるので注意したい。

0役に立った

iPhone5sの中古品相場が知りたい

フリマやオークションサイトを調べると種類がたくさんあるので、どこにしようか迷ってしまうこともあるだろう。最大手であり老舗のヤフオクと近ごろ急激に注目を集めているムスビーに焦点をあてて、詳しく説明していきたい。

ヤフオク

誰でも1度は耳にしたことがあるであろうオークションサイトの最大手であるヤフオクは、どんな商品でも出品されているといっても過言ではないぐらい商品数が多く、iPhone5sだけで抽出して調べてみても、いかにたくさんの出品数があるのかを知ることができるだろう。

ヤフオクの場合は、上部にある検索欄を使って調べる方法になるのでインターネットの知識が少ない人であっても使いやすいというポイントがあるのだ。また、自分で出品する金額を決めることができるので、出品価格に差が出やすくなる。ただし出品者にとって対応に差が出てしまうこともあるので、送料の条件や返品条件などを確認しておくと安心だ。

実際にiPhone5sがどのぐらいの価格で販売されているのか調べて見たのだが、16GBで1円~1,000円、32GBで1,000円~7,000円、64GBで5,000円~10,000円前後の価格で販売されているケースが多いようだ。ただし、集客のために販売価格を極端に下げている場合もあれば、傷や汚れがあるものは価格が安くなる傾向にあり、新品や購入時の箱がついているなど状態が良いものになると高値で販売をしているケースもある。

価格は統一性がなく出品者によっても変わるのでどの程度の価格を希望しているのかによって選ぶ必要がある。また、基本的には購入希望価格に達すると購入者が即決されてしまうので、早めに確定しておかないと、希望するiPhone5sがなくなってしまうのだ。

ムスビー

白ロムのスマホやタブレットの専門店として注目されているのがムスビーだ。iPhoneを中古品で探している人でないとムスビーの存在はなかなか知らないかもしれない。iPhoneやタブレットの専門店だからこそ、品数の多さや豊富さにも確かな実績がある。

GBはもちろんのこと、カラーの種類やiPhoneの状態によっても購入するiPhoneを選ぶことができる。SS未使用品、S新品、A程度が良い・良好、B多少の傷や汚れがある、C傷やよごれが目立つ、Jジャンク品などのランクによって価格が管理されているので、状態がいいものや仕入先によってもiPhone5sを選ぶことができるのがムスビーの良さでもあるだろう。

実際にiPhone5sの場合、16GBの場合、C評価は9,000円前後、B評価は9,500円前後、A評価は12,100円~となり、32GBの場合、C評価は8,000円前後、B評価は10,400円前後、A評価は13,500円~となる。64GBの場合、C評価は11,800円、B評価は12,000円前後、A評価は20,000円といったようにGBの容量の大きさはもちろん、iPhoneの状態によって価格に大きな違いがある。

まれにジャンク品になると3,000円~6,000円などの安い価格で販売されているケースもあるのだ。取引中になっているものは、買取手が決まっているケースが多く、条件が良いものになるとすぐに買取手が決まってしまうことも珍しくないのだ。ショップ出品になると高額になるケースが多い傾向にある。ムスビーの場合、赤ロム補償や利用制限を解除してあるものも多いので利用しやすいと言えるだろう。

ムスビーの場合、個人でやりとりをしてiPhoneを購入するのではなく、1度ムスビーがiPhoneを買取修理などの対応をした上で出品しているので、しっかりとメンテナンスができたiPhoneを購入できる。ヤフオクと比較すると少し値段は高額になるのだが、その分安心した取引ができるので取引がしやすくなるのだ。

iPhone5s中古品購入時の注意点

iPhone5sの中古品を購入するのは決して難しいことではないのだが、購入するときに注意してほしいことがある。

赤ロム

不正な契約や窃盗された端末や分割が終了していない端末などの何かしら事情があり、キャリアが制限をかけた端末のことを赤ロムという。画面上のアンテナが赤くなることで、赤ロムの名前で呼ばれるようになったのだ。不正や未払いが合った場合に利用制限をかけるので赤ロムであることを知らずに購入して利用してしまっている場合もある。

中古品でiPhoneを購入するときは、端末が赤ロムでないか確認してから購入することが大切なのだ。端末のIMEI番号にて確認でき、各キャリアの利用制限電話確認サイトで照合できるので、購入する前にぜひとも試してほしい。

アクティベーションロック

iPhoneの盗難防止用のロックを指し、登録ユーザーのAppleIDとパスワードがないとロックを解除できないシステムになっている。盗難防止としては確かな効果が期待できるのだが、アクティベーションロックがかかっているiPhoneはほぼ商品価値がないに等しいので中古で購入する前に解除されているのか確認することが重要だ。

特に個人間のやりとりの場合はこの未解除になっているものもあり、十分に注意した上でやりとりをする必要があるのだ。中にはこの知識がないままに出品している人もいるので、初期化とともに解除できているのかをしっかりと確認しておきたい。

中古品のiPhoneを探す場合は端末保証が残っているものを選ぶことも大切だ。中古品のiPhoneに何か不具合が出てしまったときにも、メーカー保証を利用できるので、万が一のときにそなえることができるのだ。

iPhone5sの中古品相場や購入方法について説明したが、購入後のサポートがしっかりとついているものを選ぶことで安心してiPhoneを使用できる。ヤフオクやムスビーなど、条件に合わせたサイトでiPhoneを比較しながら選ぶようにすることが大切だ。

まとめ

今回はiPhoneファンの方におすすめの、iPhone5sの中古品相場はいくらくらい?ヤフオクやムスビーの価格比較を紹介した。買取店はそれぞれ独自の経営スタイルや方針があるので、iPhone5sの査定を受ける際には、買取価格や買取方法、評判を比較することをおすすめする。

オークションサイトに抵抗がないなら、高額でiPhone5sを売りやすい。このような場合は、個人間のやりとりなのでクレームなどの顧客対応が必要な点に注意すべきだ。iPhoneはデザイン面、機能面ともに人気なので、売るなら早いうちがよい。ぜひ買取をうまく利用しながら、iPhoneでの生活を楽しんでいただきたい。

0役に立った
ブックオフ
ゲオ
ハードオフ
  1. 商品を検索
    1商品情報を入力
    分かる範囲でフォームに入力しましょう
  2. 査定依頼
    2査定結果
    最大20社から査定結果がメールで届きます
  3. 買取予約
    3買取価格を比較
    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)
  4. 買取完了
    4買取申し込み
    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう
あなたのiPhoneの買取価格を
最大20社が一括査定
かんたん1分!
フリマアプリと違い売却時の手数料無料
今野杏南さん

運営会社

会社名
株式会社ジラフ/ Jiraffe Inc.
設立
2014年10月29日
資本金
11.6億円(資本金・資本準備金含む)
株主
East Ventures、TLM、アドウェイズ、ドリームインキュベータ、アナグラム、ポケラボ創業者 佐々木俊介、アイ・マーキュリーキャピタル、GREE、アドベンチャー、メルカリ、hey代表取締役 佐藤裕介、Amazon Japan創業者 西野伸一郎、DGベンチャーズなど
E-mail
info@jiraffe.co.jp
代表者
代表取締役社長 麻生輝明
所在地
〒164-0001
東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ218号
企業理念
2030年のスタンダードをつくる
事業内容
インターネットサービスの企画、開発、運営
従業員数
40名
古物商許可番号
東京都公安委員会 第303311606477号
買取業者を周辺から探す

買取業者を地域から探す

このコラムに関連する商品
このコラムに関連するキーワード
  • iPhone(150)
  • 中古(401)
  • 相場(813)
  • 査定基準・査定額アップ・高く売る方法(922)
  • ヤフオク(1001)
  • ムスビー(13)
  • 買取(947)
  • メルカリ(810)
  • ラクマ(73)
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する