消費税アップ前に買い替え・購入した方がお得な家電は?

消費税アップ前に買い替え・購入した方がお得な家電は?
2019/01/31
ぱぱんだ
消費税アップ前に購入したほうが得な家電は?

回答一覧5/5 件

匿名希望

2019/07/03

4Kテレビ「55型」20万円前後の商品に買い替えたいが 節税は消費税アップ前でしょうか

モノクロ

2019/02/05

消費税増税の前に購入した方がお得な家電は間違いなく白物家電です。 冷蔵庫や洗濯機などですね。 何故なら、これらは商品サイクルが非常に長く、買い替えをするタイミングがあまりないことや、製品のグレードによって価格帯が決まっているからです。 30000円の冷蔵庫を購入すると仮定すると、増税前は消費税分が2400円。増税後は3000円です。600円お得に買い物ができますね。 そしてこの金額によって購入できる冷蔵庫のグレードは増税前も増税後も特に変わることはないのです。 また白物家電に対してテレビやレコーダーといった黒物家電は商品リサイクルが非常に早いです。 そのため現行モデルは早いうちに型落ち製品として安価に販売されますので、これらは増税前に焦って購入する必要は全くないです。 このように白物家電が値段の変化があまりないという観点から、消費税増税前の買い替えは白物家電が良いと説明しましたが、それでも値下がりする時期はあります。 白物家電の代表例である冷蔵庫とエアコンに関して説明します。 冷蔵庫は新商品が秋に新商品が出ることが非常に多いです。 そして年末になると値下がりをするのが一般的です。 対してエアコンは年明けに新商品が発売される場合が多いです。 そして値下がりの時期は4月〜5月になることが大半です。 製品の発売サイクルから購入タイミングを検討するのに加えて、家電量販店の社内事情を考慮することによってもお得なタイミングを考えることができます。 この観点から考えると決算前が良いと言われています。 時期は大抵の場合2月〜3月です。 家電量販店が来期の予算確保や見栄えの良い決算書を作るために在庫処理に動くためです。 当然金額も「期末大決算セール!」と題したような特価価格での販売もありますし、また値引き交渉も行いやすいでしょう。 よって購入タイミングに関してまとめると以下のようになります。 1.冷蔵庫は年末 2.エアコンは4月〜5月 3.白物家電総じて2月〜3月 消費税増税は家計にダイレクトに響くことですよね。その前に少しでもお得に買い物がしたいというお気持ち、大変よく理解できます。ぜひ、今回のご説明した内容を参考にしてみて下さい。

aestivum

2019/02/02

増税前に購入してお得な家電は冷蔵庫や洗濯機などの白物家電全般です。 理由としては ・白物家電の寿命や7~10年と長く増税後にしばらく買い替えずに済む ・パソコンや液晶テレビと比べて新しいモデルが出にくく、値下がりが期待しにくい の2点が挙げられます。また、機能の少ない電子レンジやドライヤー、電気ポット、炊飯器なども価格変動が少ないため、増税前に購入するのをおすすめします。 また、増税の予定が2019年10月といわれていますので、家電量販店の決済月(2月が多い)や夏季ボーナスに合わせたセール時期に購入するとよりお得に家電を購入できると思います。 ただ、今の家電が壊れていない、調子も悪くないのに買い替えする、という場合は本当にお得かどうか疑問です。これは、昔の商品ほど内部の部品がシンプルで壊れにくいという傾向があるため。 実際、私が使用しているドライヤーと掃除機は10年使っていますが現役です。ドライヤーに関してはよく落としていますが変な音もせず動いてくれています。 お持ちの家電の調子を見て「そろそろ買い替えないとまずいかも」「電気代のために省エネな家電を買いたい」と感じる場合は増税前に購入を、「まだ使用できそう」と感じる場合は購入せずに使い続けることをおすすめします。 また、液晶テレビやパソコンなどは最新モデルがすぐに出る傾向があるため、増税前に購入することを意識するよりも、最新モデルが出て型落ちになり安くなった商品を狙う方がお得に購入できる場合が多いです。

shimashima2

2019/02/01

消費税増税までに購入しておいた方がいい家電として挙げられるものは一般的にはいわゆる「白物家電」と呼ばれるものです。 例えば冷蔵庫や洗濯機など、表面が白い家電が白物家電に該当します。そういった白物家電は、一度購入したら長期間使用されるケースが多く新製品がそう頻繁に発売されるわけでもありません。ですから機能性によって価格帯が大体決まっており、消費税増税後も増税分が上乗せされる程度に価格帯に落ち着くと考えられています。 一方「黒物家電」といわれる家電は消費税増税後に値下がりするのではないかとの見方が強いです。 黒物家電とはテレビやパソコンなど、表面が黒いデジタル製品を指します。なぜ値下がりと見られているかというと、黒物家電は、新しいモデルがしばしば発売され、各家庭での買い替えも頻繁に行われるからです。 それだけ買い替えが多い製品だけに消費税増税前は「パソコンは増税前の安いうちに買い替えておこうか」みたいに考える層が大幅に増えると予想されます。 しかし、その予想とは裏腹に値段は逆行するという公算が強いです。なぜなら、その需要を見越して各メーカーは大量に製品を生産するだろうからです。 見こされた需要以上の量を生産すると、大量の売れ残りが発生します。そうなると各家電量販店は、次はその売れ残った在庫をさばこうと、値下げ合戦を繰り広げる可能性が高いのです。 すると、たとえ消費税増税によって税の割合は増えても、加算分以上の値下げがなされるため、結果的に増税前よりも安く購入できるかもしれないというわけなのです。 そういった公算は、これまで消費税が値上げされた歴史から鑑みられることです。ただ今回の消費税増税で読めないのは、元号が代わる年と重なっていることです。 新元号が始まると、明るい話題が世間にあふれることから景気は上向きになるでしょう。そのムードに乗って各家電量販店もこぞってキャンペーンを仕掛け、各家庭での家電の消費も大きく増えるでしょう。 政府も経済を減退させないようさまざまな支援策を打つ出すでしょう。その新元号による好景気が消費税増税後もどれだけ継続するのかが今回は読めないですね。ひょっとすると予想外の結末が待っているかもしれません。

tikao

2019/02/01

消費税があがると、特に10万円を超えるような高額商品も多い家電であればあがる費用も多く、購入の時期について考えてしまいますよね。。2%の消費税の増税で単純にいくら上がるかというと以下のようになります。  ・1万円の商品    200円のアップ  ・10万円の商品   2,000円のアップ  ・100万円の商品  20,000円のアップ 1万円くらいの家電であれば、消費税が上がったとしても200円くらいの負担で済むのでわざわざ消費税前に購入する必要もないかと思います。ですので、家電の価格でいうと、4,000円から5,000円の負担増となる20~30万円以上の家電の購入であれば、消費税の増税の前の購入を検討したほうがよさそうです。 家電の中でも20~30万円を超えてくる商品となれば、冷蔵庫やエアコン、洗濯乾燥機といった大物白物家電や、テレビやパソコンといった黒物家電があげられます。この中で、消費税前に購入がおすすめなのが大物白物家電です。 冷蔵庫やエアコンといった白物家電は、比較的価格が安定している商品が多く、増税した後も値崩れがしにくいので、増税前に購入した方が増税分の割引となってお得です。もし、冷蔵庫やエアコン、洗濯乾燥機といった大物白物家電で、10年くらい使用している商品があれば、買い替えした方が割安で購入できます。 一方で、パソコンやテレビといった黒物家電は、スペックの進化が速くモデルチェンジが頻繁なので、増税の前だからといって慌てて購入を検討することはあまりおすすめできません。増税分の割引額よりも、新モデルリリース後の割引率の方が圧倒的に高く、もしお得に購入したいなら時期を後に回した方が安く買えるからです。 あと、毎年9月頃に新しいモデルが発売されるiPhoneを購入するなら、増税前の9月中の方がお得になります。iPhoneはすぐの値引きは期待できず、増税分がそのまま負担増に繋がるからです。 いかがだったでしょうか?消費税で増税といっても、まだ使える家電を買い替えるほどの価格差は発生しないので、「そろそろ買い替えないといけないな」と考えておられた大型白物家電の購入を検討する、というのが現実的です。家電の購入の参考になれば幸いです。 

「これ売れる?」を確かめてみよう
あなたの家電
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

関連する質問

LINE@で事前相談する
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する