良いものを買うべきで一番長持ちする家電はなに?

良いものを買うべきで一番長持ちする家電はなに?
2019/03/05
ロキ
良いものを買うと一番長持ちする家電は何?

回答一覧4/4 件

KIZUNA

2019/03/06

●我が家で長持ち家電は冷蔵庫・電子レンジ 我が家は家電は出来るだけ長持ちさせたいため、良いものを買うようにしています。良い物を買って長持ちしている家電をご紹介しましょう。 ●冷蔵庫 氷が自然にできるのが今や当たり前ですが、20年前に購入した際にはとても珍しい物でした。 奮発しましたがメーカーの良いものを買い、いまだに元気に活躍しております。 そろそろ替え時、替え時と言いながらどこも故障をしないのです。毎日ず~っと電源が付いている冷蔵庫に感謝感謝しています。 ●洗濯機 我が家は5人家族のほか、介護をしている別宅の母の洗濯物なども行うので毎日数回使用します。 出来るだけ良いものを購入しているのですが、結婚してからすでに3台目。3台目が一番長持ちしています。 洗濯機はシンプルな機能でメーカー品が一番良いと実感しています。 ●電子レンジ 今や電子レンジは我が家にはなくてはならない存在。オーブン器レンジで良いものを購入したので毎日毎日温めたり焼いたり蒸したりとかなり使用していますが、元気に活躍してくれています。

まさ

2019/03/06

冷蔵庫・・・ですかね。20年超は使っています。 また電子レンジも、20年ほどではありませんが15年以上は使っています。 他のものはそれなりのタイミングで買い替えていますので、私の場合の長持ちランキング(?)の1位2位はこの2つになりそうです。 冷蔵庫も電子レンジも、いわゆる「良いもの」ではないと思います。 最上位モデルでも、機能豊富なものでもありません。 我が家にとって必要な機能が備わっているものを選びました。 そのため、長く使っていますが特別不満もないという状況です。 (もしかしたら、世間のものより電気代は高めなのかな~と思ったりはしますが) その他の家電では、エアコンや洗濯機もそれなりに長持ちしましたが、いずれも10年前後で調子が悪くなって買い替えたと思います。 物理的に回転するなど、動く部分が多い機械は壊れやすいのかもしれませんね。 冷蔵庫を選ぶにあたっては、良いものかどうかはともかく、自分にとって必要なことに対して妥協をしないほうが良いと思います。 おそらく、冷蔵庫ほど毎日触る家電製品もないでしょう。エアコンや洗濯機、テレビなどは使わない日もありますが、冷蔵庫を使わない日はまずありませんしね。 長期間、毎日のように触るものであるということを踏まえ、日々の使用において不満を感じないものを選ぶことをおすすめします。 高い買い物ではありますが、買うときのお金ばかりを気にして安いものを買ってしまった場合、20年も持たなかったのかもしれません。 トータルで考えれば購入価格が高くても実質的な損はしていないでしょう。 また気に入ったものであれば、自然と取り扱いも丁寧になるものです。 この点も実は物を長持ちさせるための重要なポイントなのかもしれませんよ。

jukiya

2019/03/05

いい家電を購入しても、その家電事で寿命などは変動してくる為一概に特定の家電のいいものを購入しても寿命を正確に回答する事が出来ない為、各家電を購入した際の寿命について回答していきたいと思います。また、本回答では、家電製品の平均寿命と、買い替え時期の目安について回答していきます。 ①テレビ テレビの平均寿命は6~7年です。バックライトが急に暗くなってきたら、買い替えの目安と言えるでしょう。買い替え時期の平均は7.4年です。 ②エアコン エアコンの平均寿命は7~10年です。夏場、冷房をつけているのに部屋が冷えなくなったら、そろそろ買い替えの時期でしょう。買い替え時期の平均は10.7年です。 ③洗濯機 洗濯機の平均寿命は7~8年です。洗濯の途中で停止するなど、最後までスムーズに運転できなくなったら買い替え時期が近づいています。買い替え時期の平均は8.3年です。 ④冷蔵庫 冷蔵庫の平均寿命は8~10年です。買い替え時期の平均は9.9年ですが、20年近く使い続けている家庭も少なくありません。食品を詰め込みすぎないことが、長持ちのコツのようです。 ⑤電子レンジ 電子レンジの平均寿命は9~10年です。内部にあるマグネトロンの寿命が約10年ですが、買い替え時期の平均は13.2年。長期的に使用できる場合が多いようです。 ⑥炊飯器 炊飯器の平均寿命は5~7年です。分量どおりにしてもご飯が焦げ付くようになったら、買い替えのサイン。買い替え時期の平均は約9年です。 ⑦掃除機 掃除機の平均寿命は7~8年です。掃除している最中に電源が入らなくなったり、ほこりをキレイに吸わなくなったら、買い替えましょう。買い替え時期の平均は6.9年です。 ⑧デジタルカメラ デジタルカメラの平均寿命は3~5年です。充電できなくなったり、電源が入らなくなったりしたら、買い替え時期が迫っています。買い替え時期の平均は約5年です。 ⑨パソコン パソコンの平均寿命は5~7年です。買い替え時期の平均は5.8年です。フリーズが頻繁に起きたり、ハードディスクのランプが激しく点滅するようになったら、早めに買い換えましょう。 ⑩ビデオカメラ ビデオカメラの平均寿命は5~6年です。ちゃんと撮影できなくなったり、勝手に電源が落ちるようになったら、買い替えのサイン。買い替え時期の平均は6.4年です。 ※新機種の家電製品に買い替える事で節電対策にもなります。 家電製品が故障したり、寿命で動かなくなったりしたら、新機種の家電製品をおすすめします。新機種の家電製品は省エネタイプが多いので、買い換えることで大きく節電できます。 例えば、サイクロン式掃除機は紙パック式掃除機の半分の消費電力で済みますので、買い替える時の参考にしてみてください。 以上です。少しでも参考になれば幸いです。

ノリック

2019/03/05

良いものという定義が難しいですが、購入時にもっとも価格が高くても1,2年もすればモデルチェンジされ、年を追うごとに旧型として扱われるわけですから、その当時最新、その当時最も高い、その当時で最も機能的といった指標で考えない方がいいと思います。 使用頻度や置いている場所など普段の使い方も重要な要素なので、良いものを買ったからと言って長持ちするとは限りません。 家電の平均寿命はどの製品もだいたい10年程度と言われていますが、メーカーが目安としている買い替え目安を見ていきましょう。 テレビ:7年 エアコン:8年 洗濯機7.5年 冷蔵庫:10年 電子レンジ:10年 炊飯器:6年 掃除機:7年 主要な家電が、7年から長くても10年で買い替えの時期とされています。おおむね10年を超えれば長持ちと言えそうです。 では口コミサイトや掲示板で、どんな家電が最も長持ちするのか、書き込みをまとめてみると、電子レンジという回答が最も多く、20年以上は使っているという方も多いようです。洗濯機も30年以上使っていると回答している人もいるなど、こちらも比較的長寿になる製品が多い家電製品かもしれません。 逆に長持ちしていると答えている方が最も少ないのは掃除機、炊飯器あたりになります。テクノロジーの進化が早く、価格面にも影響するテレビも新製品が登場するペースに合わせて買い替える人が多く、長持ちさせる人とそうでない人が大きく分かれるタイプの家電のようです。 意外というかなるほどと思わせてくれたのは、使用頻度の少ないアイロン。同じアイロンを40年使っているという人もいました。

「これ売れる?」を確かめてみよう
あなたの家電
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

関連する質問

LINEで相談する
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する