らしんばんで買取不可となった商品を処分する費用の目安

最終更新日:2019年02月27日
2個以上でもOK!まとめて査定しよう
あなたのホビー・おもちゃ・玩具
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

買取サービスに出したものの、売ることができなかったとき、別の手段での処分を考えなければならない。その際、どのような処分方法が考えられるのか、そして処分のための費用はどの程度かかるのか、少し気になるところではないだろうか。

ここでは、買取ショップの「らしんばん」の利用を例に、不要品処分における展開を解説していく。仮に買取不可になってしまった場合でも、有益な手段が他にもあることを知ってもらいたい。早まってごみとして捨ててしまわないよう、選択肢を複数持つように心掛けたいところだ。

らしんばんの魅力と売れない物の特徴とは

らしんばんはアニメ系アイテムの買取専門ショップだ。メジャーな人気作品を中心に、知る人ぞ知るマイナーな作品も査定対象にしている。

幅広くアイテムを買取

専門店なだけあり、関連グッズなら幅広く買取をしてくれるだろう。他店では査定対象外になることも多い、ファンブック同人誌小物系グッズなどでも、確かな鑑定力で価値を付けてもらえる。

レアなアイテムには相応の買取価格で応えてくれるため、ショップ利用者からの信頼も厚い。

さまざまな買取サービス

宅配買取サービスにも対応しているため、全国どこからでも利用できるのも魅力。着払いでの発送が可能で費用の心配もいらない。

他にも店頭での売却や、対象エリアなら出張買取も依頼できる。

売れないものの特徴

金額はともかく、アニメ系アイテムなら多彩に買取をしてくれるらしんばんだが、物によっては売れないこともある。どのような物だと買取不可となるのだろう。例として次のような物があげられる。

  • ・表紙のない、シミや汚れが激しい書籍
  • ・盤面の傷が著しいCD、DVD及びブルーレイ
  • ・改造品のグッズ
  • ・海賊版、複製品の同人誌

これはほんの一部だが、該当する場合は買取を拒否されてしまう。ただ、これらはらしんばんに限ったことではない。大抵の買取業者で共通している基準であり、特別厳しいというわけでもないだろう。基本的に商品価値の低い物は売ることが難しいのだ。

買取不可ではないのに売れない場合

買取不可の条件には当てはまらないにもかかわらず、売れないこともあるのはなぜだろう。理由としては、在庫過多取扱対象外、らしんばん独自の査定基準に満たないなどが考えられる。関連アイテムならあらゆる物が売れると言っても、何でもかんでも買取をしてくれるわけではないのだ。

買取サービスの利用とかかる費用

らしんばんで買取不可となったアイテムの処分方法だが、選択肢のひとつは、他店への査定に出してみることだ。どこの買取業者でも共通する、買取NGの条件に該当するのならまだしも、それ以外のアイテムが売れないのは、あくまでもらしんばんでは買取ができないというだけのことである。

別の査定基準を持つ買取業者や、在庫の強化に力を入れているところなら、問題なく買取をしてくれるケースもあるのだ。ひとつのところで売れなかったからと、早々に諦めてしまう必要はない。どのような買取業者がおすすめなのか、例を挙げて紹介していこう。

フィギュアの売却ならもえたく

もえたく!
3.29
(35件の評価)
今が売りどき!

フィギュア系アイテムを売りたい場合は、「もえたく」を視野に入れてみるのが良いかもしれない。もえたくは累計買取利用者が、実に170万人以上もの実績を持つという、ユーザーから絶大な支持を得ている買取業者だ。

特に力を入れているのがフィギュアの買取であり、他店では断られてしまった物でも価値をつけてくれるかもしれない。

買取点数に応じてボーナスがつく

独自のサービスを展開しているのも特徴的だ。例えば、買取点数に応じ、プラスαのボーナスを付けてくれる。内容はそのときのタイミングにもよるため適宜確認も必要だが、最大の設定点数以上を超えると、30万円以上のボーナスがつくこともあるのだ。

沢山売れば売るほどお得がアップするため、まとめて処分をしたいときには積極的に査定に出してみるのが良いだろう。なお、フィギュア以外にも、ドール抱き枕カバーなども査定対象となっており、それらもまとめて売ってしまうことも可能だ。

高価買取をしてもらいやすい仕組み

その他、開封品でも減額がなかったり、未開封品の場合はプラス査定を付けてくれたりと、高価買取をしてもらいやすい仕組みが用意されている。多くのユーザーに支持されているのは、こうした独自サービスの魅力が大きいのも理由だろう。

本やCD、ゲームの売却ならネットオフ

ネットオフ
3.63
(207件の評価)
今が売りどき!

「ネットオフ」もおすすめの買取業者のひとつだ。CDゲームなどの買取を中心におこない、不要な品々をまとめて処分することができる。

ちなみに先にも紹介した、もえたくと同じ企業が運営をしている。大手企業が展開するサービスゆえに安心感を持ちやすいだろう。

まとめ売りをするとボーナスがつく

ネットオフでも魅力的なサービスが用意されており、ここでもまとめ売りをする場合はボーナスをつけてもらえる。ジャンルを織り交ぜての売却が可能で、条件も達成しやすいのではないだろうか。

クーポンを利用する

また時折、限定クーポンが発行されるため、併せて活用するとさらに高値で売れることもある。頻繁にこうしたキャンペーンを展開しているゆえに、売り時も沢山あると言えるだろう。

買取サービスの利用における処分に掛かる費用は

これらの買取業者を利用する場合の費用についてだが、基本的には費用が掛かることはない。宅配買取をメインにおこなっているものの、送料無料で送ることが可能なため、ユーザーが負担をする必要はないのだ。送付用のダンボールに関しても無料で提供をしてもらえる。

ただし、査定金額に納得がいかず返送をしてもらう場合、ネットオフに関しては自己負担の設定になっている点に注意が必要だ。もえたくについては、往復送料はかからない。

個人売買での販売と掛かる費用

個人売買ができるサービスを利用して処分をするのも手段のひとつ。買取業者の場合はどうしてもマージンの関係で売れにくくなる面も否めないが、個人売買なら余計な負担が発生する心配がない。

しかも希望価格から売りに出せるため、売却の自由度で言えばこちらの方に分があると言えそうだ。ここでは、個人売買におすすめのサービスを紹介していく。

国内最大規模のネットオークション

個人売買と言えばヤフオクが代表的だろう。言わずと知れたネットオークションの雄であり、多数の商品の売買が日々おこなわれている。さまざまな物を出品でき、らしんばんでは売れなかった物でも落札に至る可能性は十分にあるだろう。ユーザー数も多いゆえにスムーズに売れることもある。

オークションゆえに金額が競り上がる期待を持てるのが大きな魅力と言える。比較的需要のあるアイテムなら注目度も高く、沢山の入札も入るかもしれない。また、入札者同士がヒートアップをして予想外の高値で売れるようなケースも多い。

勢いのあるフリマアプリ

以前は、個人売買の土俵と言えばネットオークションがメジャーだったが、昨今ではフリマアプリなるサービスも人気だ。中でも凄まじい勢いで成長を遂げているのがメルカリだろう。他にもいくつかのフリマアプリがある中で、最もよく利用されているサービスである。

メルカリは基本的には即決購入のため、オークションのように金額が上がることはないが、ヤフオクとはまた違った相場があり高値で売れることもあるのだ。ユーザー同士の価格交渉も盛んなため、お互いの希望をマッチさせやすいのも魅力と言える。売り手と買い手の距離感が近く、正にフリマとしての販売を楽しめるのも醍醐味だろう。

個人売買における処分に掛かる費用は

では個人売買をする場合、どのくらい費用が掛かるのか以下で見ていこう。

ヤフオクの場合

ヤフオクに関しては、会員になるための費用落札手数料が主な負担と言える。プレミアム会員には498円でなることができ、登録をすることでオークション出品が可能となる。なお、フリマ出品のサービスもあるが、こちらの場合は会員になる必要はない。

落札手数料は、オークション出品の場合は8.64%、フリマ出品の場合は10%の設定だ。

メルカリの場合

一方のメルカリについては、会員になること自体は無料である。アプリをダウンロードして登録をするだけで出品が可能だ。売れた場合には10%の手数料が掛かる。

両者に共通することだが、送料を負担する場合は出品者が支払いをしなければいけない。また、発送に際しての梱包における諸々の費用もいくらか必要となるだろう。

廃棄処分をする場合に掛かる費用

どうしても売ることができなかった品物の場合は、廃棄処分をするのもひとつの選択肢だろう。著しくコンディションが悪かったり、あまりにも需要がないようなアイテムだったりすると、なかなか売ることはできないこともある。

一般のごみとして処分する

廃棄処分をする場合の費用だが、多くのアイテムは一般のごみとして捨てることができる。従って、各エリア専用の有料ごみ袋の購入費用程度で済むはずだ。普段のごみに混ぜて捨てていけば、特別費用を気にする必要もない。

古本回収を利用する

書籍類なら古本回収を利用する手もある。この場合も特に費用は掛からないだろう。リサイクル資源として回収を行ってくれるため、無料で引き取ってもらうことが可能だ。

粗大ごみとして出す

一般のごみでは捨てられない場合は、粗大ごみとして出さなければいけないこともある。その場合は自治体によって金額には多少の違いはあるが、多くの品物は数百円程度で出せるだろう。あまりにも量が多いのなら費用もそれなりに発生するものの、そこまで多くの品物を一度に処分することは滅多にないはずだ。

売ることを最優先にする

最終的には廃棄処分も視野に入れなければならないこともあるかもしれない。しかしながら、捨ててしまうよりも少しでも現金化できた方が嬉しいものではないだろうか。買取業者を利用するにせよ、個人売買で売るにせよ、売却ができる確率を高めるための工夫を講じることをおすすめする。

商品価値をアップさせる

売れやすくするために大事なのが、商品価値をアップさせるための工夫を講じることだ。例えば、掃除をおこない綺麗にしておいたり、付属品をセットで売ったりすることがあげられる。

商品として再販売できる、あるいは相手がほしいと思える状態にしておくことが売るための秘訣でもあるため、相応の手入れなり準備なりをして売りに出すことが欠かせない。

売れにくい物はまとめてみる

単品では売れない場合でも、セット品にすると売れることもある。小さい価値の物でも、いくつかのまとまりになれば、相応の価値を生み出せることも多い。バラ売りに拘る理由でもあれば別だが、そうではないのなら一挙にまとめて売ってしまうのも良いだろう。

売り時を逃さない

今が旬というアイテムもあるはずだが、そうしたアイテムは売り時を逃すことなく売ってしまうことが大切だ。流行やニーズは流動的であり、今は価値があっても後々には無価値になるというケースも往々にしてある。

うっかり眠らせてしまうと、売れずにごみになってしまう可能性も否定できないため、不要になった瞬間から売ることを意識してみるのが良いだろう。

まとめ

らしんばんで買取不可となった商品を処分する費用の目安をご紹介した。らしんばんで買取不可となってしまった商品は、汚れや傷などの見た目の問題だけではなく、在庫過多や取扱対象外、独自の査定基準に満たないなどが考えられる。そのため、あきらめずに別の買取業者に買取の依頼をしてみてほしい。

その際おすすめなのが、もえたくネットオフである。買取点数に応じてボーナスがついたり高価買取のサービスがあるのでぜひ検討してみてほしい。自分で売却の値段を設定したり自由に売買したい場合は、個人売買のヤフオクメルカリのサービスを利用してみるのも手だ。

それでも売れなかった場合は、最終手段として廃棄処分という選択肢もある。まずは現金化できる方法から実践し、損をしない取引をしてみてほしい。

らしんばん
1.69
(16件の評価)
今が売りどき!

ヒカカク!でホビー・おもちゃ・玩具を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

2個以上でもOK!まとめて査定しよう
あなたのホビー・おもちゃ・玩具
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「らしんばんで買取不可となった商品を処分する費用の目安」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

LINE@で事前相談する
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する