徳川家治(とくがわ いえはる)掛け軸の価値・買取相場・査定情報

本コラムでは、徳川家治の掛け軸の買取相場・査定情報をテーマに、掛け軸を売るときのポイントを紹介していく。

掛け軸は現在飾ることも少なってきており、受け継いできたが売って処分したい人も増えてきているようだ。そのような時代の流れを察知して、多くの業者では掛け軸を積極的に買い取っている傾向にある。

ただ、掛け軸のような骨董品は高額で売れるアイテムであることから、簡単に売ってしまうと損をするリスクも高いので、情報ポイントをしっかり掴んでおかないといけない。

それだけ掛け軸は慎重に売ったほうがいいアイテムなのである。ぜひ、本コラムで紹介する情報やポイントを参考にして、上手く掛け軸を売るために役立ててほしい。

徳川家治の掛け軸の価値について

では最初に、徳川家治の掛け軸の価値について述べていこう。

掛け軸を売る前に、売ろうとしている掛け軸がどれくらいの価値があるモノなのか、しっかりと把握した上で売ったほうがいい。

価値を知って売るのと、知らないで売るのとでは売れる金額も大きく変わってくるので価値を知っておくことは大事なポイントだろう。

徳川家治の掛け軸の価値は非常に高い

徳川家治は江戸幕府の第10代将軍である。

長く続いた江戸時代を統治していた江戸幕府の将軍であった徳川家治の地位は非常に高い。そのため、徳川家治の掛け軸の価値は歴史的価値、また骨董品としての美術価値も極めて高いモノである。

骨董品を収集するコレクターのなかでも、江戸時代の骨董品は人気が高い。その江戸時代の最高権力であった江戸幕府の将軍の掛け軸となれば、その価値がどれほど高いかはわかるだろう。

この徳川家治の掛け軸は買取に出せば間違いなく高額査定となるため、売るときは慎重になったほうがいいだろう。

多くの業者で徳川家治の掛け軸は買い取られている

また、この徳川家治の掛け軸を買い取っている業者を調べてみると、多くの骨董屋質屋が買い取っているようだ。

とくに徳川家の掛け軸は人気や需要が高いため、高額査定対象の掛け軸として積極的に買い取っている業者は多い。

それだけ徳川家の掛け軸には価値があるということだが、多くの業者で買い取っているからこそ、徳川家治の掛け軸を売るときは十分注意する必要があるだろう。なぜなら、買取業者によって売れる金額は大きく変わるからだ。

数万円から数十万円ほど査定額が違うことも少なくないうえ、なかには非常に安い金額で買い叩く業者がいる可能性もある。

業者を選ばないと損をすることもあるので、慎重に売るようにしよう。

徳川家治の掛け軸の買取相場

上記で徳川家治の掛け軸の価値を述べたので、次は徳川家治の掛け軸の買取相場について述べていこう。

いくら価値が高いと言ってもどれくらいの金額で売れるモノなのか、具体的な金額を知っておかないとよくわからないという人もいるだろう。

骨董品の相場は掴みづらいので注意

徳川家治の掛け軸の買取相場を述べていくと言ったが、まず知っておいてほしいのが、掛け軸のような骨董品の相場は掴みづらく、明確な相場はわからないという点だ。

基本的に、高額で売れる可能性の高い骨董品の買取実績や買取金額を公開している業者はない。

またオークションでも売れる金額はピンからキリまであるので、実情としては実際に査定してみないと掛け軸の査定額はわからないのである。この点はかなり大事なポイントになるのでしっかり把握しておこう。

数十万〜数百万円の相場を目安に

上記で徳川家治の掛け軸がどれくらいの金額で売れるのか相場はわからないと述べたが、ただ、この徳川家治の掛け軸は高額で売れることは間違いない。

買取実績
  • ●仏画 掛軸…150,000円
  • ●土田麦僊 掛軸…50,000円
  • ●淡々斎 一行書…200,000円
  • ●川合玉堂 掛軸…1,200,000円
  • ●上村松園 掛軸…1,400,000円
  • ●富岡鉄斎 掛軸…350,000円

有名な画家・人物の掛け軸は数万円〜数百万円の査定額で売れることが多い。

上記の例を参考にすると、価値の高い徳川家治の掛け軸は、この買取実績のように数十万〜数百万円の査定額となることが期待できる。

この金額を目安に徳川家治の掛け軸を売るようにすれば、大きく損をすることもないだろう。

掛け軸の査定情報

では最後に、掛け軸の査定情報を紹介していこう。

売る前に、どのようなポイントが掛け軸の査定額に影響するのかを知っておくといいだろう。

査定情報を知っておくことは、できるだけ掛け軸を高く売ることにも繋がる大事なポイントである。

状態は厳しい査定されるので注意を

掛け軸を売るとき、状態の良さは査定額に大きく影響する。

掛け軸のような鑑賞用のモノは、作品の価値を大きく損ねてしまう状態は厳しく査定されるので、十分注意しよう。状態が悪いと査定額は減額になり、最悪の場合では買取不可になることもある。

マイナス評価になる状態

そんな掛け軸のマイナス評価となるのは、次のような状態なので気をつけておこう。

湿気によるシワカビたわみなどの状態、また破れヤニ日焼けシミなどはシビアに査定される。

日頃から保管状態に気をつけて、定期的にメンテナンスをすれば良い状態を保つことができる。

修復作業ができる業者

また、業者によっては、表装と言われる修復作業ができる業者もある。

そのような業者を選んで売ると悪い状態でも減額の比率が少ないので、検討してみるといい。

付属品は一緒に売るべき

掛け軸には付属品がある。

付属品にも価値があるので、忘れずに売るようにしたい。また、付属品をセットにしたほうが高く売れる。

掛け軸の付属品は本物を証明するモノであるため、一定の需要がある。掛け軸を入れる箱や書物などの状態も大事になってくるので大切に保管をしておこう。

付属品のなかでも、とくに共箱という作家や人物のサインや印がある桐箱には非常に高い価値がある。

鑑定書や保証書も価値がある

さらに、掛け軸の鑑定書保証書にも価値があるため、このような書類も忘れないように一緒に売るようにしたほうがいい。

有名な画家や人物の掛け軸であればあるほど、市場で偽物模倣品が多いため、本物を証明する鑑定書や保証書の需要は高い。 鑑定書や保証書を一緒に売ることで査定額はさらに上がるので、必ず持参するようにしよう。

まとめ

本コラムでは、徳川家治の掛け軸の買取相場・査定情報をテーマに紹介してきた。

掛け軸のような骨董品は高額で売れることが多いため、情報やポイントのリサーチを疎かにすると、をすることに繋がる。

とくに、本コラムで取り上げた徳川家治の掛け軸であれば、より高額で売れる可能性が高いため、しっかりリサーチをして売るべきだ。

掛け軸の買取ではどの業者で売るかが大事なポイントになってくるので、その点は自分でリサーチをしておこう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「徳川家治(とくがわ いえはる)掛け軸の価値・買取相場・査定情報」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから