日本のiPhone比率は世界一!米国よりなんと30%もシェアが高いのはなぜなのか?

最終更新日:2018年11月05日
価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのiPhone
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

市場調査会社の株式会社カンター・ジャパンが昨年9月から11月に実施した調査によると、日本におけるスマートフォンのOS別販売シェアでは、iOSの機種、すなわちiPhoneのシェアが69.1%、Androidの機種のシェアが30.0%だった。グラフを見てもらえればわかる通りであるが、日本でのiPhoneユーザー率は異常である。実は元々アップルのスマートフォンは日本で全く流行らないのではないかと噂されていたほどだ。

iPhone6 Plus 128GB ゴールド (MGAF2J/A) docomo最高買取価格¥38000今すぐ買取価格を比較する iPhone6 64GB ゴールド (MG4J2J/A) SoftBank最高買取価格¥35000今すぐ買取価格を比較する

▲人気ゆえに買取価格も高いiPhone

iphoneshare
出典:カンター・ジャパン

世界ではAndroidが主流

米調査会社ガートナーの調べでは、世界で昨年7~9月に販売されたスマホのOS別シェアは、Androidが82%でiOSは12%だったという。世界全体で見るとAndroidが7~8割を占める傾向なのだが、日本市場だけが逆転しており、iOSが高シェアを占めていることになる。

なぜ日本ではiPhoneのシェアが高いのか

日本でiPhoneのシェア率が高水準となっているのはどうしてだろうか。

Androidは日本市場進出に遅れている

「スマートフォン」という新しい市場を切り開くにあたって、AndroidというOSは人々にとって理解しにくく(メーカーとOSが一致しない)、身の回りに使っている人もいなかったため、一般の人に普及しにくかった。

価格の問題

あまりイメージが無いかも知れないが、実は日本で買うiPhoneは非常に安い。携帯各社が販促のため「端末料金が実質ゼロ円」といった優遇策をとってきたためである。

海外ではAndroidが安いために高いシェアを誇っている。ZTE Warp、LG Motion、サムスン社のCaptivateなどといったモデルは1万円を切るほど安い端末代となっており、彼らの給与水準を考えると非常に魅力的である。インド・インドネシア・中国・ブラジルではiPhone 5(16GB)の価格は平均月収の2.5〜3倍であった。ほとんどの国ではiPhoneは高級品という扱いになっている。

GALAXYが不調?

日韓関係が冷え込む中、サムスン社のGALAXYモデルの購買を日本人が控えているという見方もある。確かに、GALAXYが出始めたころに比べると、あまりGalaxy携帯を使っている人を見なくなったような・・・。

携帯販売店が効率性を追求した?

携帯販売店のビジネスモデルとして、顧客への面倒な説明の時間を短縮し、なるべく回転率を上げようという発想がある。その時、iPhoneは顧客に説明する手間が省け、非常に短時間で売ることができるのだ。意識的に販売店はiPhoneを売ろうとするだろう。契約単価としてはAndroidの方がサービスメニューが豊富で高く、利益率が良いのだが、カバーなどの周辺アクセサリでその分をiPhoneは補うことができる。

日本でのAndroid端末は高い

安いはずのAndroid端末が、実際には国内の独自機能(おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信など)を盛り込むことにより、iPhoneと同等か、それより高い価格で売られている。iPhone自体が世界標準に比べると安くなっていることに加え、Android自体も世界標準で見て高くなっているのだ。同じようなスペックで同じ値段であればやはりブランド力もあるiPhoneを選んでしまうだろう。

Androidはなぜ日本で安く売られなかったのか

次の疑問はこれだろう。安さがウリのはずのAndroid端末が、あえてiPhoneと同じようなポジショニングをとっているのはなぜなのか。これはおそらく元々の日本の携帯市場に原因がある。

「ガラケー」と呼ばれた、非常に多くの機能を備えたガラパゴス携帯電話を皆が使っていた。その中でスマートフォンに買い替える際には誰もが上位互換したいと考える。もしもそこで廉価版を売ってしまえば、機能をそぎ落とし、低スペックの製品を握らせることになり、日本人を満足させることはできなかっただろう。普通に考えて高スペックのスマホを売りにかかるだろう。そもそも廉価版のAndroidというポジションがあり得なかったのである。

一方、海外ではそもそもそれほど高機能でない携帯電話が使われていた。廉価版のスマートフォンの購入でも低スペックな携帯電話からの「上位互換」となり、人々は安いAndroidを喜んで買ったのではないか。また、極端にアジア圏でのみ安く売る、ということができないグローバル製品である。そのため低い給与水準の中で、廉価版によりニーズもあったのかもしれない。

番外編

新しいデバイスを手に入れると、不要なものもでてこないだろうか。そんな時はただ家に置いておくのではなく、高く買い取ってくれるお店にいこう。ヒカカク!を使えば、簡単に各店の買取価格や買取形式を比較できる。例えば、iPhone5Sについてのページをこちらから見てみよう。

不要なスマホは売却して現金にかえよう

買取店以外にも、フリマアプリを利用して不要になったiPhoneを売却することが可能だ。おすすめは、スマートフォンや家電専門のフリマサイトスママ

スママは出品者と買い手の間に運営会社のジラフが仲介に入るため、購入に関するトラブルや不安な点もしっかりとサポートしてくれるのが特徴だ。

全てお任せ!出品代行サービス

また、出品の方法がわからない、購入者とのやり取りが手間に感じる…そんな方に向けて、スママでは端末の出品を代わりにおこなう出品代行を展開している。スママ宛に端末を送れば、あとは全てサポートチームが完了させてくれる、至れり尽くせりのサービスとなっている。

スママの出品代行サービス

ヒカカク!でiPhoneを高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのiPhone
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「日本のiPhone比率は世界一!米国よりなんと30%もシェアが高いのはなぜなのか?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する