注目の画家!瀧下和之の絵画買取はどこに依頼するべき?

提供記事

桃太郎図シリーズで近年注目を集める瀧下和之。最近では2016年に熊本地震復興応援企画として、書道家の武田双雲、日本画家の山本太郎と共にチャリティ展を開催し、成功を収めた。

彼の描く愛らしい鬼の絵は日本国内だけでなく、世界でも評価され、いま大注目の画家として人気を集めている。

気鋭の若手画家 瀧下和之

瀧下和之(たきしたかずゆき)は、1975年に熊本県で生まれる。1991年に熊本県立第二高校美術科に入学し、卒業後は1年の浪人を経て東京藝術大学美術学部デザイン科に入学。そのまま東京芸術大学大学院へ進み、2000年には瀧下和之展を開く。2001年に同院を卒業。

2003年には熊本市現代美術館で瀧下和之「桃太郎図」展を開き成功を収める。翌年には出身地である中央町の合併に伴い、瀧下和之がデザインした町章が採用された。

主役は鬼?大人気の桃太郎図

2005年頃から画業に専念し、全国各地で展覧会を開く。2008年には第4回 東山魁夷記念 日経日本画大賞展に入選。

愛らしい鬼の絵が特徴的な「桃太郎図」が人気を集め、画集が刊行される。現在においても数々の個展を開いており、日本国内だけでなく、海外でも評判を集めている。

瀧下和之の絵画は売り切れ続出

瀧下和之は日本古来より伝承されてきたものを絵画の題に選ぶことが多く、桃太郎に登場する鬼や風神雷神などは愛らしくポップに描かれている。この高い技術力とユニーク且つ緻密に計算された色彩設計はかなり高く評価されているのだ。

言うまでもなく若手の現代画家として注目を集めており、絵画は即売り切れになることも少なくない。このように希少価値が高いため、絵画をはじめとした瀧下和之の作品は買取市場でも高値で取り引きされているのだ。

作品一覧

一例として瀧下和之の作品を紹介しよう。

  • ・鬼フィギュア
  • ・富獄風神雷神図
  • ・風神雷神図屏風
  • ・桃太郎図
  • ・獅子図
  • ・梟図
  • ・昇龍図
  • ・鳥獣戯画図

など、様々なポップで美しい色使いの絵画やフィギュアが発表されている。一見、鬼や風神雷神は強面なテーマだが、瀧下和之の独特な世界観によって、アクリル絵の具とは思えないほどしっとりとした美しく愛らしい絵画へと仕上がっているのだ。

瀧下和之の絵画は高価買取が期待できる

瀧下和之の作品の中でもアクリル画の絵画は、数年待たないと購入できないほどの人気を集めている。個展を開くと作品は即完売状態なので、多くの美術店や買取業者では常に品薄状態となっているようだ。

そのため買い取りを強化している買取業者も多く、場合によっては定価よりも高値で買い取られることも少なくないようだ。

買取は総合美術買取センターにお任せ

もしも瀧下和之の絵画を売却しようと思っているなら、実績豊富な総合美術買取センターがおすすめ。総合美術買取センターには絵画に精通した確かな目を持つ鑑定士が在籍しており、数々の美術品を買い取っている。

さらに、20年以上の経験を持つ業界トップの鑑定士が在籍しているため正確な価値を見極めてもらうことができるだろう。

都内・関東地方での買取を強化中

また、同社は営業拠点を東京都内に集中させることで運営経費を抑えているため、その分他店よりも高値での買取が可能。口コミ評価も高く、多くのユーザーが満足のいく取引を実現しているようだ。

さらに東京都内や関東地方での買取を強化しているので、より高価買取が期待できるのではないだろうか。

まとめ

瀧下和之は今一番ホットな画家と言っても過言ではないほどの人気を集めている。人気のある絵画だからこそ、売却を検討しているなら美術品を専門に取り扱う総合美術買取センターに依頼してみてはいかがだろう。

同社ではクーリングオフ制度を導入しているため、万が一、契約内容に納得いかなかった場合でも契約日から8日以内なら無条件でキャンセルすることができる。そのため絵画を初めて売却する人でも安心して買い取りを依頼できるのではないだろうか。まずは無料見積もりから試してみよう。

総合美術買取センター

住所
〒140-0002 東京都品川区東品川4-13-14 グラスキューブ品川5F
電話
050-3731-6425
受付時間
9時~17時(木曜定休)
総合美術買取センター
3.55
(11件の評価)
ココで売る!
今が売りどき!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

このコラムに関連するキーワード

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「注目の画家!瀧下和之の絵画買取はどこに依頼するべき?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

無料査定