IWCの資産価値はどのくらい?時計ブランドの中で何番目なのか

最終更新日:2018年12月27日
本物の価値がわかるプロにお任せください
あなたの腕時計
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

スイスの時計ブランド、IWCは資産価値の高い優れた品質の時計を数多く生産してきた名門時計マニュファクチュールだ。これまで150年以上に渡り腕時計を生産、優秀な時計技術責任者が培った製作技術を絶やす事なく、後世へ伝承してきたことがIWCの発展に貢献してきたのである。

高品質なムーブメントを搭載したIWCの資産価値は年数が経過した時計でも下がる事はほとんど無い。今回はIWCの資産価値はどのくらいで、時計ブランド全体で何番目位なのかを紹介して行く。


IWC Aquatimer glow in the dark #lume #wristporn #watch #watches #watchporn #iwc #iwcwatch #luxury #style / wheelsonapp

IWCの沿革とそれを支えた2人の時計師

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)は1868年にスイスのシャフハウゼンで産声をあげた。創業者はアメリカ人時計師であり、エンジニアでもあったフロレンタイン・A・ジョーンズである。彼はアメリカ、ボストンで米国有数の時計メーカーの経営陣の中の一人であったが、27歳の時スイスへ渡った。理由はアメリカ向けの高品質の懐中時計を製造して米国市場へ送り込むためである。

発祥

過去から現在に至るまで、スイス時計マニュファクチュールの中心地はレマン湖近くのジュウ渓谷である。そこで作られた時計は大都市ジュネーブがマーケットの玄関口となる、ビジネスモデルを構築していた。

このスイス時計業界のビジネススタイルは16世紀における宗教改革に伴うユグノー戦争から逃れたフランス(カルバン派)の時計職人達が、カルバン派によって終われた金細工職人達が合流して頃からの歴史だ。

そのジュウ渓谷とは反対方向に設立されたIWCだがジョーンズがシャフハウゼンを選んだ理由はライン川の水力発電が利用できる事、そしてスイスの優秀な時計師技とアメリカで培ったエンジニアリングと最新の技術の融合ができる場所であった事が立地の大きな要因だった。ライン川上流にある観光名所「ラインの滝」の数キロ先に時計工房を設立、1875年には従業員数が196人の時計会社に発展していくのだ。

パルウェーバー・ポケットウォッチの発明

IWCは1881年にシャフハウゼンの実業家ラウシェンバッハ家に経営を引き継いだ。これはジョーンズの帰国によるもので、経営は譲渡したが、品質の高いムーブメントを搭載した時計を作る哲学はしっかりと、ラウシェンバッハ家に継承されたのだ。

その証が4年後の1885年には当時として画期的なデジタル表示ができる「パルウェーバー・ポケットウォッチ」を発表したからだ。これによりジョーンズの哲学の継承を示し、その後19世紀の終わりにはポケットウォッチのムーブメント、キャリパー64を搭載するIWC初の腕時計を登場させるのだ。その後のIWCの腕時計の発展を支えたのが2人の時計技術者だった。アルバート・ペラトンとその弟子に当たるクルト・クラウスである。

二人の時計師

アルバート・ペラトン

アルバート・ペラトンは1944年から68年までIWCに在籍して活躍した時計技術者で、効率的な双方向巻き上げ機構である「ペラトン自動巻き」の開発設計した人物だ。構成要素を最小限にとどめて、2本の巻き上げ爪を折り畳む事ができ、当時としては独創的な設計のムーブメントだ。このIWC独自の設計は時計技術の古典の一つに数えられ、IWCの自社製ムーブメントに継承された技術である。

クルト・クラウス

もう一人はクルト・クラウスで、ペラトンの下で働き、時計づくりの多くを彼から継承し、IWCに多くの傑作を残してきたのだ。代表作は1985年発表の「ダ・ヴィンチ」で永久カレンダーを搭載した名作である。

発表当時4桁表示のカレンダーで500年先まで機械的にプログラムされ、リュウズの操作だけでできる他ブランドには無い画期的な腕時計だった。このようにIWCは高い技術で常にスイス時計業界の中で脚光を浴びる、資産価値の高い時計を多く、産み出してきたのだ。

資産価値の高い時計ブランドは

資産価値が高い理由

資産価値の高い時計はまず、ムーブメントが機械式の時計である。これは機械式時計は年月が経過しても、その値段が一部のブランドを除き価格がゼロにならないからだ。これには理由があり、機械式時計は基本修理とメンテナンスを怠らなければ、永遠に動き続ける事ができるからだ。一般的な機械類は年月の経過と共に価値が下がる物だ。

ところが、機械式時計は長く使い消耗した部品を構造的に交換する事ができ、それによって内部は新品と同様に蘇るのだ。また外観もケースを磨く事で、もとの綺麗な状態に戻るのだ。このメンテナンスによって時計の資産価値は維持することができるのだ。

ブランド一覧

しかし全ての機械式時計に資産価値があるわけでは無いのだ。資産価値のある時計はメーカーが限定されるのだ。

有名ブランド

ロレックス、オメガ

3大時計ブランド

パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲ、ヴァシュロン・コンスタンタン

資産価値の高い時計ブランド

IWC、パネライ、フランク・ミュラー

IWCの資産価値は

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)の資産価値は高い物がある。腕時計の資産価値はロレックスが最も高いと言われる。しかし時計好きの間ではIWCの人気はかなり高いのだ。特に「ダ・ヴィンチ」や「ポルトギーゼ」に資産価値の高さがある。

共通する機能

このコレクションに共通するのは機能性が高いコンプリケーションウォッチであり、なおかつデザインにも優れている腕時計であることだ。IWCはスイス時計業界の中では新しいことにも積極的にチャレンジする会社である。

しかし、もしその試みがうまく行かなった場合は、また元の形に戻すのもIWCの特徴だ。買取においても、その短い期間に生産されたモデルに希少価値が出て、高い買取価格になる事もあるのだ。それぞれのモデルの特徴は以下のようになっている。

ポルトギーゼ

ポルトギーゼは女性にも人気が高いコレクションだ。1939年に発表されたが、当時は全く人気が無いコレクションであった。しかし、IWCはこのモデルを絶やす事無く生産したことが、後の人気へとつながったのだ。

このモデルの由来は2人のポルトガル商人が航海用の腕時計の不満を解消するためにIWCに発注した腕時計だ。航海中に目が離せなく、見張りの交代時間をゴングで告げる、ミニッツリピーターを搭載しているモデルもあるのだ。

大きな文字盤の上に「レイルウェイ」と呼ばれる鉄道の線路状の模様がプリントされた伝統は現行コレクションにも引き継がれているのが特徴だ。このモデルの成功によりIWCはオート・オルロジュリー(高級複雑時計製造)としての名声もさらに高めていったのだ。

ダ・ヴィンチ

天才芸術家の名前を冠したコレクションで、コンプリケーションウォッチにふさわしいネーミングだ。1985年発表のモデルが人気となり、セールス的にも成功を収めたのだ。その後世界中で機械式時計の人気が復活、また他のブランドも様々な対抗する、コンプリケーションモデルを発表した事でセールスに陰りが出てきたのが1990年代の終わり頃だ。

2000年に入ると他社のスポーツモデル腕時計が流行して来たため、ダ・ヴィンチもケースが六角形をした、スポーツモデルを意識したモデルを2007年に発表するのだ。しかし、2017年にはこの多角形ケースのモデルは元のクラッシックなラウンド形に戻るのだ。

現行のコレクションは女性向けのケースの直径36ミリのシンプルなモデルもある。それでもディテール(細部)には拘り、ストラップはサントニー社製のアリゲーターを使用、両面反射防止加工を施した、ドーム型サファイアガラスを採用した品質の高さが特徴で、買い取り市場でも高い人気となっている。

買取価格から資産価値がわかる

IWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)腕時計の買い取り価格、相場を調べ、資産価値を上げる方法は、できるだけ多くの買取店で比較検討することが大切だ。ヤフオクやメルカリなどのスマホアプリでの出品も手軽に売却ができる方法だ。

買取は専門業者がおすすめ

しかし、IWCは腕時計の知識が無い人には無名ブランドに等しい腕時計だ。オークションは時計の知識が無い入札者が、安値での入札や値下げ交渉で、価格交渉依頼をしてくる場合も多くある。そのためできるだけ高く売るためには、腕時計の商品知識豊富な買取店を選ぶ方が安心だ。

おたからや

おたからや
3.18
(439件の評価)
今が売りどき!

その中でも機械式腕時計の高値買取実績があり、専門知識があるスタッフが多く在籍しているのが、「おたからや」である。「おたからや」は買取のみに特化した買取店で、IWCの買取実績も豊富だ。買取価格を上げる方法はできるだけ、時計の状態を綺麗にする事である。

査定アップのコツ

また未使用品や新品に近い状態ほど高値での査定が出る。査定に出す際は付属品は全て査定に出す事が必要だ。またIWCの腕時計が複数あり、どちらも売却を検討している場合はまとめて査定に出すとより高い買取価格がでるのだ。

忙しい人や近くにおたからやの店舗が無い場合は宅配買取を選ぶ事もできるため、これらを積極的に利用してほしいものだ。またキャンペーン期間中は査定価格が上がるため、ウェブで事前見積りを行えばそのような情報も買取店から入ってくる。

【まとめ】IWCの資産価値は?

腕時計の資産価値が最も高いブランドはロレックスだ。これはロレックスの中古買取市場が世界中で出来上がっている事、特に日本では現金化がしやすい腕時計ブランドであることが高い人気の理由だ。

時計業界ではメジャーなブランド

しかしIWCも時計買取店が出したランク「一般認知されていないが、時計業界ではメジャーなブランド」では上位7ブランドにランクインしている人気ブランドだ。特に時計好きがつけているイメージが強いブランドで、「ポルトギーゼ」は女性が男性につけて欲しいモデルの上位に常にランキングされている時計だ。

スイス時計協会のランキング

2016年にスイス時計協会が発表した腕時計意識調査で、IWCは「欲しい時計ブランド」調査で男性の中で5位に入り、他の調査でも4位にランキングされている。資産価値も時計ブランドの中で5位だと納得できる順位だ。この資産価値はIWCの中でもコレクションによって違いがあるはずだ。まずはおたからやと他の買取店にIWCを査定に出して、比較検討してIWCの資産価値を確認するべきだ。

ヒカカク!で腕時計を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

本物の価値がわかるプロにお任せください
あなたの腕時計
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「IWCの資産価値はどのくらい?時計ブランドの中で何番目なのか」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

LINE@で事前相談する
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する