はがきの買取価格を比較しよう!

はがきの買取価格は、封を切っていない完箱(4,000枚)や完封(200枚)のタイプが比較的高く、バラは低くなります。また、2014年の消費税率アップにあわせてはがきの額面も変更になり、2014年以前の旧はがきは、2014年以降の新はがきに比べると買取価格は低くいでしょう。主な買取価格としては、「新はがき 52円 4000枚完箱 現行柄のみ」の最高買取価格は1枚当たり37円です。
今が売り時!早めに現金化しよう
あなたのはがき
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

はがきの買取相場

はがきの買取業者を探す

買取形式から探す

はがきの関連コラム

  • 【完全保存版】大手6社間ではがきの買取相場を比較

    引き出しの整理や突然の不幸によって使わなくなったハガキの処分には、金券ショップで行われている買取が最もおすすめである。金券ショップを利用すれば、手間をかけずに効率よく現金化ができるため、忙しい人...

はがきの基本情報

はがきの歴史は、明治に始まりました。始めて日本ではがきが発行されたのは、明治6年(1873年)のことです。日本で最初に発行された郵便はがきは、縦に2つに折りにして、その内側に通信文を書くという形式のものでした。それからはがきはどんどん普及をしていき、年賀状などにも使われるようになります。 はがきの種類には、通常のはがきに加えて、絵入りのはがきや、年賀はがき、往復はがきなど様々なものがあります。それぞれの用途に合わせて、適したものを選んで購入する事になります。はがきそのものの値段に、郵便代が含まれている為、別途支払う必要はありません。購入したはいいけれども、思った以上にはがきが残ってしまったという事になりがちなのが、年賀はがきではないでしょうか。その年用の年賀はがきを購入する形になりますので、余ってしまっても次の年などに使う訳にもいかずに困ってしまうという人もいると思います。 そういう時にお勧めなのが、チケットショップです。早めに余ってしまった年賀状を持っていけば、購入金額よりは、安い価格になりますが、買い取ってもらう事ができます。余ってしまった年賀状を手元に持っていても使い道がないのであれば、早めにチケットショップに持っていって、換金してもらう事をお勧めします。
過去24時間の査定商品数
75
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する