子ども2人が年子の場合の貯蓄でおすすめの方法

子ども2人が年子の場合の貯蓄でおすすめの方法
2019/03/13
匿名希望
子どもが2人いますが5歳、4歳の年子なので、なかなか貯蓄ができません。しかし将来のことを考えると大学の費用くらいは貯めておきたいとおもいます。 皆さんどうされていますか?

回答一覧3/3 件

chiharu

2019/03/17

基本的に年子であってもそうでなくても貯金や貯蓄の方法は変わりません。例えば、子供が生まれたことによって経済的に貧困状態になることも考えられるものの、貯金や貯蓄は識して行うものであり、子供が何人いたとしてもやろうと思えば貯蓄を行うことは不可能ではありません。 方法としては、つみたて NISA などの投資を行うことに加えて定期預金や自動積立を利用することをおすすめします。定期預金に関しては、自分で意識的に振り込む習慣を作らなければならないものの、一度習慣づけてしまえば将来的に何百万円もの補助となる可能性があります。加えて言えば、子供1人が成人するまでにかかる費用は、2000万円とされており、特に高校や大学生活などにおいては、その期間だけで1000万円ほどの出費となることも少なくありません。 つまり、定期預金や自動積立を利用してある程度の貯金額や資金を作っておかなければ大学や高校の選択肢が限りなく狭くなると言えるでしょう。また、子供が押さなければ自動であってが支給されていることから、支給額をすべて貯金などの積立に変えることが最もおすすめだと言えるでしょう。 また、家庭的に時間や労働に余裕があるのであれば副業などを行い、会社以外の収入を作っておくことも将来的な資金を作ることに繋がります。会社以外でも収入を得られる働き方はいくらでもあり、夫婦の間でどちらかだけの収入で成り立つ過程は限られているのが現状だと言えます。 加えて言えば、現状で入ってくる資金がある程度決まっている場合、どうしても貯金や保険の費用を支払うことが難しい場合も考えられるためです。そうした場合、ある程度の目的をもって収入を作りためていくといったことが必要となってきます。ちなみに、保険などに頼った場合であっても年利がさほど優れている商品があるわけではないので、積立を行っていたとしてもいざというときに使えない可能性も十分に考えておく必要があると言えるでしょう。 そのため、自分に合ったお金の貯め方を選択するとともに収入が足りなければ転職や副業といった選択肢から子供に苦労させない環境づくりを整えていくと良いでしょう。 また、現在の収入を把握し、計画的に資金を作っていかなければ子供の将来を潰してしまうことにもなりかねません。加えて言えば、保険や積立などどのような方法を使ったとしても資金が足りなければ手助けとはなりません。そのため、年子であることから、人生におけるライフステージの変化は2人の子供は同じような時期に迎えることになります。つまり、そういった時期を乗り越えられるような資金作りが必要であり、そのために保険や積立などの商品だけでなく、収入のあり方を考えてみましょう。

なおきち

2019/03/16

年子のお子さんがいる場合に貯蓄をどうするかという事ですが、大きく分けるとお金を稼ぐか節約するか運用するしかありません。まず、節約と運用をして必要な金額に届くのかを予め計算しないといけませんよね。それで届かないようであればお金を更に稼ぐ事を考えなければなりません。 節約に関してですが、究極まで節約したとしても結局貯蓄出来る額は収入から支出を引いた金額になるので限界があると思います。学資保険を使うとしても、収入がある程度ないと毎月支払う額自体が無いと不可能です。それが出来るなら恐らく悩んでおられないのではないでしょうか。 結局、収入を増やすのがいいと思います。お子さんを2人育てながらとなると方法はかなり限られてきます。おすすめなのはクラウドソーシングで家でも出来るような仕事をする事だと思います。 ご存知かもしれませんが、クラウドソーシングとは企業と働きたい人をマッチングするサービスです。有名な所ではランサーズとクラウドワークスという所があります。 こういったサービスで主婦が稼ぐというのは難しいというイメージがあるかもしれませんが、アフィリエイトなどをするよりは簡単に稼げると思います。アフィリエイトだと、確実にこれくらい働いたらこれくらい稼げるみたいなイメージが出来ませんが、クラウドソーシングの場合は単価も決まっていますし、この仕事を終わらせたらこれくらいもらえるというのが分かります。 クラウドソーシングで主婦が家で出来るようなお仕事の内容としては、映像編集、ネットショップやメルカリの出品作業、ライターなどがあります。ただ、ちゃんと単価を見て応募しないと全く割に合わないような案件もたくさんあるので、時給換算してどれくらいになるか想像しながら募集を見る必要があります。 このへんの感覚は実際にやってみないとわからない部分が大きいですが、最初のうちは割に合わなくても評価を上げるためにどんどん応募して信頼を積み上げていくのがいいと思います。 色んなお仕事がありますが、クラウドソーシングの中ではライターが比較的ハードルが低く、参入しやすいと思います。特に専門的な知識がなくてもスタート出来る案件がたくさんあります。不安であれば、タスク形式のものからスタートして自信をつけていけば出来ると思います。案件によっては初心者歓迎と説明文に書いてあるものもあります。 絵を描けたりプログラミングが出来るなどの特別なスキルがある場合は、そちらを活かせば安定するかもしれません。単価が安いものばかりではないので気長に探すのがいいと思います。

shimashima2

2019/03/15

年子の子供がいるご家庭で大変なのは教育費がかかる時期がほぼ同時期に到来するということではないでしょうか。 例えば上の子供が高校に上がるときには、入学金、学費、制服代、教科書代などいろいろお金がかかるわけですが、それだけで済まないわけです。なぜなら、その時期には、下の子供は高校受験を控えていて学習塾の塾代が多くかかってしまうだろうからです。 ですから、年子のいるご家庭は、計画的に貯蓄をしておいて、いざというときにまとまったお金を用意できるよう備えておく必要性がありそうです。 まずは総額どれくらいのお金を貯蓄すれば足りるのかという試算をすることが先決です。貯蓄をどれくらいまでの時期まで考えておけばいいのかというと、基本的には大学受験が終わるところまでで十分だといわれています。 大学生活においては私立大学なら年間100万ほど必要になり、さらに下宿代や通学費がかかり大変そうです。しかし大学生になればアルバイトも自由にできますし、奨学金をかりて学費を充てることも自由にできるのでそう心配するには及ばないでしょう。 私立か国公立かによっても違ってきますが、大まかにひとり500万(私立ならその2倍くらい)を18年間で貯めるという感じで試算していると話している人もいます。その資産額は、子供にどんな道を歩んで欲しいかによってご家庭によりかなりばらつきがあるとは思いますが。 貯蓄の手段としておススメなのは、学資保険やこども保険といった保険の活用です。毎月コツコツ保険料を支払い、学費が多くかかるときにまとまったお金を受け取ることができる制度です。 年子の場合、お金のあまりかからない時期とまとまったお金がいる時期に差があるので、保険制度でコツコツ備えておくと精神的にも安心できますし、ライフプランも立てやすくなると思います。 あとは「利率が高めの銀行で定期預金をする」、「投資信託や株で資産運用する」等の貯蓄方法も挙げられます。ただ後者にはリスクはありますし、ある程度の勉強は必要になってきます。 どうしてもお金が不足するときは就園奨励費補助金や奨学金制度などの制度を活用するのよいと思います。そのためにはあらかじめ、どのような制度があるか調べておくことも安心材料になるのではないでしょうか。 年子はいろいろ大変だと思いますが、洋服など使いまわしをできますし、年が近いだけに仲良く遊んでくれるなどいろいろメリットもあります。

あなたの全てのカテゴリ
買取価格を最大5社が一括査定!
今すぐ査定する簡単
1分

関連する質問

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する