Mac miniの買取価格を比較しよう!

Mac製品全般に言えることですが、できるだけ新品時の状態に近いほうが高額買取になりやすいです。売る前に動作・状態を確認し、付属品等はできるだけ揃えておきましょう。また、基本として初期化をしてから売りに出すことがポイントです。初期化していないだけで査定拒否をする業者も存在します。それだけでなく、充電をしておくこともポイントです。査定時は動作確認などをする為に大量に電池を消費します。スタッフも人ですので、ストレス少ない査定のほうが印象がよいです。売る前に商品の状態確認をし、できる準備は整えておくほうがよいでしょう。付属品に関しては、化粧箱も揃った状態ですとなおよいです。また、意外と見落としがちな方が多いですが、保護シールやステッカーはキレイに剥がしてから売りに出したほうがマイナス査定を回避できます。査定の際には保護シールははがしますので、その時についた傷だとしても査定価格に反映されてしまいます。できるだけ本体をキレイな状態に戻してから売りにだすことがおすすめです。またメモリに関しても純正の状態に戻しておくとよいでしょう。買取業者としては「ソフマップ」がおすすめです。また、売るタイミングとしては新型Macが発表されるAppleのメディアイベントの開催前に売るのがよいといえます。新型が発表されると旧型は値段が下がります。理想としては新型発表イベントの2ヶ月前には売りに出しておいたほうが値段が高いままの取引が期待できます。このタイミングを逃してしまったとしても、買取業者が価格アップキャンペーンを期間限定で行っている時期もありますので、そちらを有効利用するとよいでしょう。

Mac miniの買取相場

Mac miniの基本情報

Mac mini(マック・ミニ)はアップルコンピューター(現アップル)が開発したパーソナルコンピューターで、最初のモデルは日本では2005年1月29日に発売されました。Mac miniの特徴は、幅 16.5cm、奥行き16.5cm、高さ5cmというアップルが開発するパーソナルコンピューターであるマッキントッシュの中で、最小の大きさであることです。また、iLifeというアップルが開発した写真加工管理ソフト、映像編集ソフト、音楽制作ソフトが一体となった統合マルチメディアソフトを組み込んだパーソナルコンピューターとしては、最も低価格なパーソナルコンピューターとしても注目を集めました。なお、Mac miniには、キーボード、マウスが付属しておらず、また、iMacのようなディスプレイ一体型でもないことから、Mac miniを使用するためには、キーボード、マウス、ディスプレイを別途購入する必要があります。Mac mini は、2005年に登場したモデルはモトローラ系のPowerPCと搭載していましたが、2006年以降のモデルは 、iMacなどと同じくIntel Coreプロセッサを搭載するようになりました。2010年のモデルからデザインが刷新されアルミニウムボディとなり電源が内蔵され、SDメモリーカードスロットが追加されるなど様々な変更が施されました。また、それに伴い大きさも変わり、幅 19.7 cm、奥行き19.7 cm、高さ3.6 cmと、以前のモデルから幅と奥行きが大きくなったものの、薄くなりました。デザインの刷新とともに光学ドライブを搭載しないモデルも現れ、2011年以降のモデルでは、光学ドライブは完全に廃止されました。