【iPhone売るなら?】オークションやフリマアプリの比較【メルカリで高額売却】

「使わなくなったスマートフォンを売りたい、でも、どこで売ればいいんだろう?」そんな問題を解決するために、今回はオークションサイトや「フリマアプリ」として多くの利用者を持つ個人間プラットフォームのiPhoneの相場を調査・比較してみました。iPhoneを売りたい!とお考えの方、ぜひ参考にしてみてください。今回はiPhone5Sをピックアップして検証していきます。


iPhone lens and flash / smjbk

国内オークションサイト

国内オークションでスマートフォンの取り扱いが最も多いのはAmazonが運営する「Amazonマーケットプレイス」。 iPhone関連のグッズを含め、200万件以上の商品が出品されています。iPhone取扱い数では、Amazonマーケットプレイスに次いで「ヤフオク!」そして「楽天オークション」の順になっています。

ここでは、このよく知られている3つのオークションサイトについて比較していきますね。モバオクというDeNAの運営するオークションサイトもありますが、ユーザーが低年齢でマナーが悪い傾向にあるようですしいかに安いかが勝負のようですので今回は省略します。

各オークションサイトをおさらい

Amazonマーケットプレイス

Amazonマーケットプレイスはアマゾンで物を売りたい人のためのサービスです。月間登録料はなく、商品が1点売れるごとに100円の基本成約料と、販売手数料およびカテゴリー成約料が課金されます。

ヤフオク!

ヤフオク!は中古から新品、非売品まで日本最大ダントツの品揃え。月額料金を支払ってプレミアム会員になる必要がありますし、落札毎の料金も払う必要があります。

楽オク


個人出品の物からショップが提供している商品まであります。人気商品や新製品が見つかりやすいとのことです。料金体系はヤフオク!と同じようなものですが、最大の特徴は、取引する際に必ず間に楽天が入るということです。安心な取引ができます。

出品手数料を比較

GREEN_YA20140125500

オークションサイトを利用するうえで、気になるのが出品料ですよね。では、各オークションサイトの出品料・その他手数料を比較・検証していきましょう。

マーケットプレイス【出品に必ずかかる費用】

小口出品サービス利用の場合、出品そのものには手数料はかかりません。大口出品を利用する場合のみ、月額4,900円の利用料が発生します。会員登録は無料でできます。 スマートフォンを出品する場合、出品された商品が売れた場合にのみ、販売手数料、基本成約料がかかります。

基本成約料販売手数料月間登録料
小口出品サービス100円/1点(注文発生時)8%/1点(注文成約時)
大口出品サービス8%/1点(注文成約時)4900円/1か月

ヤフオク!【出品に必ずかかる費用】

  • ① Yahoo!プレミアム会員費・・・ヤフオク!に出品するために必ずかかる費用。月額410円(税込)がかかります。
  • ② 落札システム利用料・・・商品が落札された場合に必ずかかる費用。1か月の落札総額の5.40%(税込)がかかります。

ヤフオク!【場合によってかかる費用】

  • ③ 送料・・・「出品者負担」を選択したときのみかかります。「落札者負担」を選択した際は、商品代金と送料を合算して請求するのが一般的です。着払いで発送する方法もあります。
  • ④ 梱包量・・・壊れやすい商品などは「プチプチ」などで梱包したほうがよいでしょう。その際、家にある資材で不足した場合には、購入して用意する必要があります。 梱包代は落札者に負担してもらうこともできますが、その際には必ず商品ページに「梱包代:300円」などと明記しましょう。
  • ⑤ オプション利用料・・・「注目のオークション」「太字テキスト」などの、自分の出品を目立たせるためのオプションには利用料がかかります。
    項目名料金
    最低落札価格108円(税込)/1個あたり
    注目のオークション21.6円(税込)/1出品・1日あたり
    太字テキスト10.8円(税込)/1出品あたり
    背景色32.4円(税込)/1出品あたり
    目立ちアイコン21.6円(税込)/1出品あたり
    贈答品アイコン21.6円(税込)/1出品あたり
  • ⑥ 出品取消システム利用料・・・入札があったオークションを取り消す場合にかかります。1商品あたり540円(税込)です。

楽天オークション【出品に必要な費用】

登録料、月額利用料、出品料は無料です。落札できた場合のみ、システム利用料、ポイント付与額、送料が発生します。詳しくみてみましょう。

項目名費用詳細
システム利用料落札価格の5.4%(税込)取引完了時
ポイント付与額落札価格の1.08%(税込)取引完了時
送料商品発送の際建て替えが必要となるが、楽天オークションから取引代金を振り込む時に合算され支払われる。

※日本郵便の匿名配送で集荷を利用した場合、集荷料金の100円は出品者の負担となります。

楽天オークション【場合によって必要な費用】

  • ① 落札前に出品を取り消した場合・・・入札があった商品の出品を取り消した場合、出品キャンセル料が540円かかります。
  • ② 落札後にキャンセルした場合・・・キャンセル料として落札価格の5.4%かかります。なお、540円を下回る場合は一律540円となります。

オークションでの販売額は?

実際に落札額の例を見てみましょう。 2つとも、16GB・ゴールドの中古iPhone5Sです。

iPhone5S 16GB ゴールド (ME334J/A) SoftBank最高買取価格¥5000今すぐ買取価格を比較するiPhone5S 16GB ゴールド (ME334J/A) au最高買取価格¥6000今すぐ買取価格を比較する

▲買取相場だとこのくらい

例1) ヤフオク!(45,000円で即決)

http://page18.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w116225976#enlargeimg
こちらの商品は、最低落札価格を35,000円に設定しています。 即決価格はさらに2,000円以上上乗せされています。 店舗に持ち込んで買取をしてもらう場合とあまりかわりないように思われるかもしれませんが、その場合には「査定」があります。査定によって低い額で買い取られるよりは、自分で値段を決めオークションサイトに出品したほうがお得に使わなくなったスマートフォンを希望者に販売することができます。

例2) 楽天オークション(43,800円で即決)

http://auction.rakuten.co.jp/item/11730678/a/10000117/
こちらの商品は上のものよりも最低価格、即決価格ともに高く設定されています。 ゴールドが人気なためかもしれませんが、楽天オークションはヤフオク!と比べて価格が高く設定されている商品が多い印象を受けました。 これで入札があれば、店舗で買い取ってもらうよりもずっとお得に売ることができます。

トラブルが起こった時の対応は?

どのサイトを利用するにしろ、あくまでインターネット上での取引であるだけに、トラブルが起こらないことはありません。出品者と購入希望者が互いに気持ちよく取引ができるのに越したことはありませんが、スムーズに商品購入が完了する場合ばかりではないのが事実です。

例えば、購入手続きまでしたのに落札者から振り込みがされない、連絡が途絶えてしまった、などというケースです。購入者の意見はしばしば口コミなどで目にしますが、出品者が抱える悩みや経験したトラブルについては、あまり認識されていないように感じます。

もちろん、取引中に問題が発生した時には、管理側にアドバイスを求めたり、取引をキャンセルできる場合がほとんどなので、困ったら、自分で何とかしようとせず、Q&Aを見たり直接問い合わせをするのが適切な対応といえます。安心して取引ができる環境は、自分の対応次第でもあります。

メルカリ(フリマアプリ)

メルカリでは、出品者と購入者の個人的なやりとりを重視しており、互いにどのような人柄なのかを推し量ることができるため、「買う人」「売る人」を選びやすいという利点があります。

平均価格はオークションサイトよりも安いものもあり、また出品数も多くないことから比較的汚れや傷の少ないものはすぐに売れる傾向があります、 オークションの即落札と同様、基本的に購入申請された順に出品者は承認を出すため、焦らされる感覚がどうしても抜けません。「他のオークションサイト等に同じ商品を出品しているとの表示をだす予定」などと表示する出品者もいるくらいです。


e-commerce / ganderssen1

信頼性については、女優や俳優を起用しイメージアップを図るCMや広告を出しているため、全体的に信頼性は高い印象があり、実際に運営側もトラブル削減に努めているので、オークションサイトに手が出しにくい・・・という方には気軽に始められておすすめ。

しかしその分、説明がずさんで必要な情報が明記されていなかったりすることもあるので、そのような場合にはコメント欄から出品者に直接連絡を取ることが必要となります。

取引きしたお金に関しては、一定期間以上出品者側が発送しない場合・購入者が支払いをしない場合など「取引キャンセル」と管理側がみなした場合には、自然と取引が解消されます。

気になる費用としては、落札価格の10%が販売手数料となります。ちなみにiPhone5S 16GB ゴールドSIMフリーが40000円で落札されていました。

おわりに

高く売れるイメージのあるオークションですが、実は月額料金や落札時に手数料などを支払うと10%近くを運営者に中抜きされてしまうようです。色々と面倒な手間をかけてやっと高く売っても手数料で持って行かれてしまうのがオークションなんですね。その意味では、お店の買取に出してしまうのもよい判断でしょう。例えば、同じiPhone5Sの16GBがヒカカク!で調べてみると買取上限価格45000円となっています。もちろん中古品だと減額はされますが、オークションと比べて楽ですし良いかもしれませんよ。

Nexus 5 32GB ブラック SIMフリー最高買取価格¥6000今すぐ買取価格を比較するXperia Z3 SO-01G シルバーグリーン docomo最高買取価格¥22000今すぐ買取価格を比較する
LINE@で事前相談する
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する