クラリネットを売るならどこがおすすめ?

最終更新日:2018年09月30日
あなたの楽器
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

クラリネットは木管楽器の1つで、部活動や趣味で演奏する人も多い人気の高い楽器である。しかし、演奏しなくなったり、また、新しいモデルを買ったりする為に買取を検討する人もいるだろう。あまり頻繁に楽器を売る機会のある人は少ないので、相場はいくらなのか、どこへ売るのがいいのか、どうやったら高く売れるかなどはあまり知られていない。

そこで今回はおすすめの買取店やクラリネットの買取相場、高く売る為にすべき事などを紹介していく。


Clarinet / Steve Snodgrass

クラリネットの買取相場

クラリネットの買取価格は製品自体の価値と、クラリネットの使用状態の2つによって決まる。使用状態に関しては個人差があるため、同じ製品でも相場価格に大きな差が生まれるのだ。従ってここで紹介する買取価格もあくまで相場であり、実際の価格とは違う事があると理解しておく必要がある。

クラリネットの買取相場

クラリネットはメーカーによって価値が変わるので、各メーカーごとの相場を紹介する。

  • ・YAMAHAの買取相場は9,000円~250,000円
  • ・KAWAIの買取相場は28,000円~96,000円
  • ・CRAMPONの買取相場は20,000円~250,000円
  • ・SELMERの買取相場は80,000円~100,000円
  • ・J・MICHAELの買取相場は10,000~54,000円
  • ・MARCATOの買取相場10,000円~20,000円
  • ・JUPITERの買取相場は20,000~74,000円

これらの事からも分かる様にメーカーによって買取額に差があるので、自分の持っているクラリネットの相場をまずは確認する事が大切である。ただし、買取相場も変動する事があるので、できるだけ高値が付くタイミングを見極めるのも重要だ。

クラリネットの査定基準

クラリネットの価値は製品自体の価値と使用状態によって決まるが、それだけでなく査定基準も決められている。まず見られるのはクラリネットが壊れているかどうかで、壊れている場合は買取を拒否される事もあるので注意が必要だ。しかし、壊れていても買い取ってくれるお店もあるので、拒否された場合は他の買取店に依頼するようにしよう。

壊れているかどうかの他に、付属品の有無も査定額に影響を与える。説明書や専用のケースなどがないと減額対象になるので、一緒に査定してもらう事が必要である。買取前にオンライン査定などをしてもらう場合には、付属品の有無を事前に伝える事で正確な査定額に近づける事ができるのだ。

クラリネットを高く売る為にすべき事

クラリネットを売る際にはいくつか気を付けるべきポイントがあり、査定額に数千円の差が生まれる可能性もあるので事前に準備しておくべきである。愛着のある楽器を売るので、できるだけ高く買い取ってもらえる為にすべき事を紹介していく。

クリーニングにしてきれいにする

クラリネットをきれいにしておくのは、査定額を減額されない為に必要な事である。汚れているクラリネットは雑に扱われてきたという印象を与え、きれいにするために清掃料が必要と判断され減額対象になるからだ。普段からしっかりと手入れしているアピールする為にも、買った時の状態にできるだけ近づけるようにしておこう。

付属品も一緒に査定してもらう

先程も紹介したように、付属品がないと査定額が減額される。その為、買った時の付属品をしっかりと管理しておく必要があるが、製品の付属品以外も関連製品であればまとめて買い取ってもらえる場合があるので一緒に査定してもらおう。

例えば、クラリネットの教本やチューナー、マウスピースやリガチャーなども買い取ってもらえる事があるのだ。単体では買い取ってもらえないような製品でも、まとめてであれば買い取ってもらえる可能性がある。他にも、メーカーや楽器店が発行した証明書などがあれば、必ず一緒に査定してもらおう。近年は偽装品なども出回っているので、証明書などがある事で買取価格が上がる場合があるのだ。

買取業者、買取方法を比較する

高価買取をしてもらうのに大切なのは、1つのお店以外にも査定をしてもらう事だ。買取価格は業者によって異なるので、1番高く買い取ってもらえる業者に依頼するようにしよう。

また、時期によっては高価買取キャンペーンなどを行っていたり、まとめて売る事で買取額がアップする事もあるので事前に確認する事も必要である。メールや電話などで事前に査定してくれるお店が多いので、複数から買取価格を提示してもらおう。買取業者の評判を調べる事も重要で、事前の見積から大きく査定額が減額される事のない業者を選ぶのが重要だ。

さらに、買取業者だけでなく、買取方法も比較するのも大切である。主な買取方法としては、店頭に持ち込んで買い取ってもらう方法、出張で買取してもらう方法、郵送で送って査定してもらう方法などがある。郵送や出張などでは別途費用がかかるケースもあるので、まずは手数料を確認しておこう。実店舗がないネット買取の方が高値で買取してくれる事もあるので、買取方法も比較する必要があるのだ。

オークションなどの相場も見ておく

クラリネットを売る場合、買取店に依頼するだけが方法ではない。ヤフオクなどのオークションや、メルカリなどのフリマアプリなどでも売る事が可能である。その為、買取店に依頼する場合も、1度オークションではいくらで取引されているかを確認しておく方が良い。オークションを利用する場合は売る側にも知識が必要になるが、場合によっては買取店よりも高く売れる事がある

ガクヤ楽器買取ネット

買取店は数多くあるが、その中でも楽器買取専門なのが「ガクヤ楽器買取ネット」だ。このお店の特徴は中古楽器を専門に扱う中古楽器店が運営をしており、常に高値で売れる販路を基準に査定してくれるのである。

楽器の専門家が常に在籍してリペアなどができるので、他では買い取ってもらえないような楽器の買取相談にも応じてくれるようだ。傷やへこみ、タンポカビや管体欠けがあっても買取が可能であり、生産中止になっているような古いクラリネットの買取にも対応しているので、売るのを諦める前に1度査定してもらうようにしよう。

買取までの流れ

ガクヤ楽器買取ネットで買取してもらうには、事前査定、買取申し込み、製品の発送、査定額の確認後に振り込みという流れになる。

事前査定はメールか電話で行い大まかな査定額を提示してもらい、その査定額に納得できれば買取申し込みを依頼する。申し込みをしたら製品を集荷しに来てくれるので、付属品などを用意して自宅で待つ。鑑定が終わるとメールで買取額の結果が送られてくるので、金額に納得できれば取引成立となり、お金が振り込まれ買取完了となる。

2回目以降の買取依頼で、かつ会員登録をしている場合は集荷を待たずに自分で送る事が可能である。集荷が来る時は自宅にいる必要があるので、何度も利用する場合は会員になっておくと時間が有効に使えるのだ。買取には身分証のコピーが必要であり、一緒に同封して送る必要がある。未成年者の場合は保護者の同意が必要になるので、スムーズに買取してもらう為にも忘れずに確認しておこう。

送料などが無料

ガクヤ楽器買取ネットは、送料無料ダンボール提供無料、もしもの時の返送料無料という安心サービスを提供している。買取品を送る時に万が一破損してしまうと買取不可になる可能性もあるので、ダンボールや衝撃緩衝材なども一緒に用意してもらえるのは安心できるサービスである。

また、買取の為に送る時の送料だけでなく、鑑定額に納得できずに返送してもらう時の送料も無料なのがポイントだ。買取店の中には返送の時の送料は自己負担である場合もあるので、無料であれば気軽に査定を依頼する事ができる。出張買取の際の出張料も無料なので、どの買取方法を選んでも査定額に影響がでないのである。

高く売れるドットコム

高く売れるドットコムは楽器専門の買取店ではないが、楽器に対しても力を入れている買取店である。大手ブラインドだけでなくマイナーブランドの買取にも対応しているので、有名ではないメーカーのクラリネットも買い取ってくれるのだ。

全国10カ所に買取専門のリユースセンターを設置しており、日本全国からの買取に対応している。その為宅配買取だけでなく、出張買取も全国どこでも受け付けてくれるのである。

買取までの流れ

買取申し込みはインターネットか電話から行い、初めに事前見積もりを確認する。この時に製品の型番が分からなくても見積もりを出してもらう事は可能だが、正確な見積もりに近づける為には事前に確認しておく方が良い。

メールか電話にて大まかな査定額の結果について連絡がくるので、金額に納得できた場合は買取方法を選択し申し込みをする。この時に買取金額の交渉にも応じてくれるようなので、希望額などがある場合はしっかりと伝えておくのが大切だ。

買取方法は店頭買取出張買取宅配買取の3つから自分に合った方法を選択する。基本的にどの買取方法も選べるが、出張買取や宅配買取では買取が難しい製品も店頭買取であれば可能な場合があるので事前に相談しておこう。宅配買取の場合は後日査定額の連絡が入り、店頭買取と出張買取の場合はその場で査定額を提示される。

査定額に納得がいけば取引完了で、宅配の場合は振り込みにて、店頭買取と出張買取の場合は現金手渡しにてお金を受け取るのが買取までの流れである。

豊富な買取品目と、不用品の無料回収

買取ドットコムは楽器専門の買取店ではないので、様々な商品を同時に買い取ってもらう事が可能である。特に、クラリネット関係で購入していた書籍や道具などの買取も依頼したい場合は、楽器以外も扱っているお店の方が幅広く買取に対応してくれるのだ。

また、鑑定の結果どうしても値段が付かなかった物は返却してもらう事ができるが、無料で回収してもらう事もできる。本来であれば不要品の処分には手数料などの費用がかかるが、それを無料で行ってくれるのだ。もし値段が付かなくても回収を希望するのであれば、事前査定や買取申し込み時に一緒に相談しておくとスムーズに回収してもらえるのである。

ヒカカク!で楽器を高く売ろう

  1. 商品を検索
    1商品情報を入力

    分かる範囲でフォームに入力しましょう

  2. 査定依頼
    2査定結果

    最大5社から査定結果がメールで届きます

  3. 買取予約
    3買取価格を比較

    最も金額の高い業者を選びます(キャンセル可)

  4. 買取完了
    4買取申し込み

    商品を買取業者に送って、現金を受け取ろう

あなたの楽器
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「クラリネットを売るならどこがおすすめ?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する