車の買い方の「残クレ」って何?メリット・デメリットは?

車の買い方の「残クレ」って何?メリット・デメリットは?
2019/01/24
happy-life
あなたの自動車買取価格を
最大20社が一括査定!
かんたん1分!
フリマアプリと違い売却時の手数料無料
車の買い替えについて。 「残クレ」という買い方が流行っていますが、これっていったいどういうものなんでしょうか?メリット・デメリットを教えてください。

回答一覧5/5 件

まさ

2019/01/25

残クレとは、「残価設定型クレジット」の略です。 仕組みとしては、新を買ってから3年後や5年後の価格(これを残価と言います)をあらかじめ設定しておき、その分を引いた額を分割で支払う方法です。 例えば、下記のケースがあるとします。 新車価格:200万円 支払期間:5年 残価:80万円と設定 この場合、5年間で支払う総額は「120万円」となるのです。 (新車価格200万円-残価80万円) メリットとしては ・当面の支払金額が少なくて済む ・車検時に別途の支払いが不要(支払額に車検費も含まれている場合) などがあります。 安い値段で新車を乗れるうえに、支払額を一定にできますね。 これだけ見ると、残クレも結構いいかも、と思うかもしれませんが、私としては残クレでの自動車取得はおすすめしません。 デメリットのほうが目立つためです。・ 残クレの大きなデメリットは2つあります。 ・支払期日になると、購入または別の車への乗り換えが必須 ・当初の条件を満たしていない場合は追加支払いが必要 それぞれを解説します。 ◆支払期日になると、購入または別の車への乗り換えが必須 例えばあらかじめ決めていた期間が5年だった場合、5年たった時点でその後どうするかを決めなければなりません。 選択肢は、「残価を払ってその車を購入する」「別の車に乗り換える」のどちらかです。 (一応「手放す」という選択肢もありますが、現実的ではないですよね) 購入する場合、当然ですが残価を支払う必要があります。 そうなると結局トータルコストでは新車購入と同じ金額になり、分割払いの期間は利息も払うため、合計支払額は新車を一括購入するより高くなります。 別の車に乗り換える方法もありますが、その場合はもちろん新たな分割払いが必要です。 ◆当初の条件を満たしていない場合は追加支払いが必要 これもちょっと厄介な点です。 残クレで車を購入する際、あらかじめ走行距離などの条件を設定します。 期限がきたときに、走行距離が当初の想定より多かった場合、追加での支払いが必要になるのです。 また車に傷をつけてしまった場合なども、追加支払いが必要です。 車の改造も原則不可能です。 要約すると「新車を比較的短い期間で乗り換えていきたい。だけどあまり長距離は乗らない。でも車を傷つけない自信はある。改造も一切しない」 という人にしかメリットはないのです。 上記のような人って、なかなかいないですよね… というわけで、残クレはおすすめしません。

もみじんこ

2019/01/25

残クレという言葉を最近よく聞きますよね。CMなどでも使われるようになって、一体どのようなものなのか、どのような制度なのかメリット・デメリットを交えて解説していきたいと思います。 ◇残クレとは 残クレとは、『残価設定型クレジット』の略略語です。難しい話は割愛して、流れだけを解説します。まず、車を購入するとします。その際に、予めメーカーの方で設定されている『下取り価格(残価設定)』を差し引いた金額を提示されます。その金額を3年~5年に分けて支払いを行っていくことを指します。これによって、毎月の支払額が安くなると人気になのですが、知っておかないといけないこともあります。 ◇メリット ①月々の支払が少ない 自動車ローンを利用すると、基本的には3~5年で支払いを終えるようにしなくてはいけません。残クレを利用すると、『3年プランだと車両価格の50%~60%』、『5年プランだと70%~80%』を毎月支払っていきます。どっからどう見ても安くなりますよね。 ②自動車ローンよりも金利が低いことも多い 残クレを利用すると、車の買い替えペースが早くなる傾向にあります。ディーラー側からしても、定期的に買い替えてもらえる方がメリットになるのです。そういった背景があるため、キャンペーンなどで年利を安くしたりしています。 ③車検費用がかからないことも 3年で乗り換えるとなった場合、その車に対しての車検は不要になります。5年で乗り換えるとなった場合は、メンテナンスパックに加入しておけば車検費用は必要ありません。先に支払っているようなものですからね。 ④3~5年に一回新車に乗り換えられる 車好きには3~5年毎に新車に乗り換えられるには嬉しいですよね。残クレが終わるのが少し楽しみになってしまいます。もちろん、残価を精算して買い取ることも可能ですよ。 ◇デメリット ①多くの制限が定められている メーカーによって多少の違いはありますが、残クレを利用した場合は多くの制限が定められています。下記のようなものがあるので覚えてお行きましょう。 ・走行距離は○km以内である ・査定での減点が○点以内である ・違法改造(カスタム含め)をしていない ・しっかりと点検や整備がされている などです。以上のことに違反があると、残価の保証がされません。 ②所有者はディーラー 残価が残っているので、所有者はあくまでディーラーです。そのため、改造などをすることも出来ません。 細かく挙げるとまだあるのですが、大まかには以上のことを覚えておくべきですね。

K.K

2019/01/25

残クレとは、「残価設定型クレジット」の略称です。こちらの内容は、車を購入する際に既に決められている買取価格を購入額から差し引いてローンを組むというものです。 この場合、買取価格をあらかじめ差し引くので通常よりも月々の支払額をかなり抑えて車を購入する事ができます。 しかし、購入価格が低くなった分ローンの利息も少なくなるわけではありません。 月々の支払額は減りますが、ローンを組む際の購入額に買取価格も含まれるので最終的な支払い総額が通常よりも多くなる場合もあります。 さらに、購入の際に設定できる走行距離等も見積もり以上になってしまった場合買取価格が下がってしまうので、その差額分を後ほど支払うことにもなります。 また、事故などに巻き込まれても車の価値が下がり、差額が発生することにもなり得ます。 残クレのローン審査は通常のローンと大差なく、正社員であったり年収が200万円以上ある場合などは問題なく審査に通ります。 残クレで5年ローンを組み5年間で支払いを終わらした後に、もしその車にまだ乗り続けたい場合は再度ローンを組み直すことができます。しかし注意が必要で、ディーラーローンのように審査に通りやすく利息が高いローンは組まないようにすることです。 マイカーローンなどで残りを支払ったほうが最終的な総支払額は抑えることができます。 メリットとデメリットをまとめますね。 メリット: 残クレは毎月の支払額を抑えることができる。 デメリット: 事故や最初の見積もり以上の走行になってしまった場合などでは追加払いをしなくてはならなくなる。場合によっては総支払額が通常よりも増えてしまう場合がある。 以上です、少しでも助けになれば幸いです。

よろしくお願いします。 残クレとは購入時に全額分ローンなどで購入するのではなく、車両本体価格のうち予め設定された下取り予定価格(残価)分を引いた分を3年~5年かけて分割支払いするというものです。 そうすることにより全額ローンで購入するよりも月々の支払いが抑えられます。 月々の支払い額を抑えつつ、次のクルマへ乗り換えられるので「一定期間でまた別の車に乗り換えたい」、「5年間はミニバンに乗りたいが、そのあとは軽でいい」などライフプランにおいて車のお乗換をしたい方、「良い車に乗りたいが、月々の支払いはおさえたい」という方にいい選択肢となります。 3~5年たった時には、 ①車を返却する②残価分を精算して買取る③残価分をさらに分割クレジットで払い続けて乗り続ける という選択ができます。 メリットは先述のような点です。 デメリットは ①実は金利負担は車両本体全額分なので月々の支払いは抑えられるものの、実は金利に関してはあまりメリットがない。上記②や③を選ぶと余分な金利を支払うことになり損です。 ②契約時の想定走行距離などがあるのですが、それを超えていたり、また傷や事故歴があると残価価値が下がるため車を返却する時に追加で支払いが発生してしまうという点です。 あとメリットして、なかなかわかりにくいですが、不人気車種などで残価設定の価格の方が、普通に買って買取店に買取ってもらうよりも高い車種であれば、結果的に得したという形になりますね。 以上です。  

残価設定したクレジット(ローン)の事です。新車(中古車)で購入した場合に、最初から購入予定車輌の下取り価格を設定した、残りの残金をローン支払いするシステムになります。例)新車価格200万円⇒3年ローンで購入する場合の3年後の残価設定価格(下取り予定価格100万円)ですと頭金0円で100万円のローンで購入できます。その為、一番のメリットとしては、毎月の支払い金額が安くなる事です。デメリットとしてはローンが完済しても残価設定価格を返済しないと自己所有にならない事や残価設定価格には、購入先によって色々条件が付きます。残クレを検討されていらっしゃるのであれば、やはり購入先で納得いくまでご説明を受けた方が良いかと思います。

関連する質問

あなたの自動車
買取価格を最大20社が一括査定!
簡単
1分
フリマアプリと違い売却時の手数料無料

業者情報

今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する