金欠の大学生が自動車を1番安く買う方法は?

金欠の大学生が自動車を1番安く買う方法は?
2019/02/08
なおきち
あなたの自動車買取価格を
最大20社が一括査定!
かんたん1分!
フリマアプリと違い売却時の手数料無料
自動車を1番安く買う方法ってなんですか?

回答一覧7/7 件

お店で購入するとどうしてもお店の利益が車輌代金に乗りますので、ご親族やご友人等の個人からご購入するのが安く購入できる可能性が高いです。

友達や知人から譲り受けて 名義変更も自分でするのが一番安く済みます。 ただ車の維持にもお金はかかります。 自動車税、車検、任意保険、駐車場代、ガソリン代などなど。

A

2019/02/08

「金欠の大学生が車を1番安く買う方法は?」ということですが、1番安く購入したいのであれば、中古車販売店で購入するよりも「身内での」個人売買がおすすめです。 トピ主様の親族で、車を買い替えたいと思っている人はいませんか? もしいらっしゃるのであれば、そういった親族に売ってもらうのが最高です! 車の買い替えがよく検討されるタイミングとしては、 ・走行距離が10万キロに近づいた、あるいは10万キロを超えた ・ローンが終わったから新車に買い替えたい ・車検を受けるくらいなら他の中古車に買い替えたい といった条件があります。 車の車種にもよりますが、軽自動車やフィットやヴィッツなどといった普通車においては、10万キロ前後の走行距離にもなれば買取業者で買い取ってもらえない場合も珍しくありません! そういった車を数万円で購入させてもらえれば、買い手としてもラッキーだし、売り手としてもラッキーでWINWINの関係が成り立ちますよね。 しかも、譲ってもらう人が身内の場合は「どうせ売値が付かない車だからタダでもいいよ」と言ってくれる可能性もあるので、もしかすると0円で車が手に入るかもしれません!! ちなみに、個人売買は身内でなくてもいいのですが、全く知らない人だと故障車をなすりつけられてしまう可能性がありますし、親しい知人から買った場合でも、何かのトラブルをきっかけに仲違いをしてしまう…なんてことも考えられます。 ですので、できるだけ両親や兄弟・親戚などの身内から買わせてもらうのがいいと思いますよ! 車を譲ってもらった後は、自分で名義変更をする必要があります。 手続きがややこしいので、地元の車屋さんやガゾリンスタンドなどでも名義変更の代行を行なっているので聞いてみてください。 代行料金は約2〜3万円と言ったところだと思います。 ちなみに、車は2年に1度車検があり、軽自動車でも10万円近いお金がかかります。 それに毎月のガソリン代や駐車場代、毎年5月に来る税金のことなど諸々の維持費を考えると、欠勤の大学生が無理をして車を所持するべきなのか?とも思います。 確かに車は便利ではありますが、維持費には相当のお金が飛んで行きますよ! 中古車は故障しやすいので、故障したら修理費もかかってしまいます。 「20万円で購入した中古車が故障して、修理費が15万円だった!」という知人がいるので、闇雲に安い車を購入することがベストとは思えません…。 金銭的な余裕ができるまで、車が必要なときはレンタカーなどを利用してみられるのも賢い方法だと思いますよ!

tikao

2019/02/08

自動車を安く購入する方法でまずはじめにくるのが、中古車ですよね。中古車は走行距離、事故の有無、使用時の整備状況などでピンキリです。けれど、ちゃんと整備されている中古車は、走行距離がかなり走っていたとしても安心してしようできるものです。 「購入する」わけではないですが、あまりお金をかけずに自動車を利用する方法は近年増えてきました。代表的なのが、カーリースとカーシェアリングです。以下の部分で、それぞれのメリットやデメリットについて紹介します。 ☆中古車 自動車を安く購入したいなら、まず思い浮かぶのが中古車ですよね。基本的に価格も安いですし、中古車の流通が活発なので中古車ディーラーへ行けば多種多様な車種の中から好きな車を選ぶことができます。 自分名義ですので、どれだけ走行しようが、改造しようが、追加料金が発生するようなことはありません。何より交通事故を起こしてしまったとしても、修理をしようが手放そうが、自分の判断でできるのが良い所です。 中古車でもディーラーの乗車体験に使われていたり、急なキャンセルにあった車のような新品に近い新古車もあります。新車とほとんどかわらないような状態で、10~20%程度の割引をうけられたりするのでオトクです。 ☆カーリース 最近増えてきたもう一つの車を所有する手段が、カーリースです。法人向けには当たり前だったリースでの自動車の使用が、個人向けにも始まっています。 カーリースのメリットはいつでも新車に乗ることができること。月々決まった料金を支払えば、自分専用の車として車を購入した場合と変わらない感覚で使用できます。リース期間が終わった後は、残金をローンか一括で支払えば購入することもできますし、また別の新しい新車とリースすることもできます。 カーリースのデメリットは長期的に見ればコストがかかってしまうということでしょうか。乗っている間は常に支払いが発生しますし、場合によってはボーナスの時期には別途の支払いも発生します。 ☆カーシェアリング カーリースと並んで新しい車の使用方法として広がっているのが、カーシェアリングです。中古車にしろ、カーリースにしろ、車は自分で管理しているので、駐車場代や車検代などの付随する費用が発生します。 カーシェアリングは、自分が使いたいときに、使いたいだけの支払いをするので、安さの面で言えば一番お金がかかりません。 初期費用も1,000~2,000円と安く、月会費はプランによって変動しますが、Maxでも1,000円くらいまでの業者が多いです。利用料金は15分で200円くらいをみていればよいでしょう。 事前に予約が必要なので、使いたいときにすぐに、とはいかない場合もありますが、お金をあまりかけたくない人にはおすすめです。

やはり個人売買ですね。 ただリスクが大きく、あまりオススメはしません。よく調べていただければわかりますが、すぐに壊れたりしますので、その修理代など考えたら中古車屋で買った方が断然いいと言えます。 もしご購入希望がありましたら、お車をご紹介しますのでご連絡ください。

孤坂

2019/02/08

自動車を1番安く買う方法とのことで、車は維持費がかかるので安易に激安のものを買うと後悔することがあります。 5~20万円で買える中古車は検索するとたくさん出てきます。 ですが、中古車の価格は状態によって決まる部分があり、安いもののなかには修復歴車や水没車などが多く存在しています。 復歴車や水没車は安全に乗る上でリスクになる中古車となるので、覚悟して購入しなければなりません。 また、車検を通す際に、修理をしなければならなかったり、消耗品の劣化スピードが早かったりします。 安く買っても無駄にお金がかかことになるので注意が必要です。 なので、カーリースという選択はいかがでしょうか? 頭金0、ボーナス払い0で良い車に乗ることができます。 値段はピンキリで月1万円〜2万円ほどです。 どの車種に乗るかによって値段が変わってきます。 リース契約になるので、事故をすると大変です。 また、走行距離に上限があるなどの制約があります。 ですが、手軽に車を乗りたいと考えたときに良い方法です。 もし、カーリースではなくリスクがあってもいいから激安者が欲しいというなら「Gulliverフリマ」など車を安く買えるフリーマーケットサイトをオススメします。 *Gulliverフリマ https://gulliver-frima.com ヤフオクやジモティーは個人売買になるのでトラブルがあった時に自分で対処しなければなりません。 音信不通になったり詐欺にあったりして泣き寝入りするリスクもあります。 ですが、Gulliverフリマなら事前に車体の状況を確認してくれるので安心です。 また書類や納車、お金のやりとりも代行してくれるためトラブルを未然に防ぐことができます。 最安価で車両価格3万円の商品が多数出品されています。 たくさんの車体から気に入ったものをチョイスできるもの魅力的です。 購入するときは、必ず「確認済み」のマークが付いているものから選ぶのがコツです。 以上、ご参考になれば幸いです。

”1番安く”とすると、古くて、距離の走った軽自動車を知り合いもしくはネットオークションで個人さんから購入する、これしかないのではないでしょうか。 車検付であれば一般の方でも軽自動車検査協会での名義変更登録は簡単です。 保証やちゃんと整備された車がいいということであればやはり中古車店さんなどからお車を購入されればよいと思いますが、お値段は当然一般相場の価格となります。

関連する質問

あなたの自動車
買取価格を最大20社が一括査定!
簡単
1分
フリマアプリと違い売却時の手数料無料

業者情報

今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する