iPhoneの買取りについて。白ロム、赤ロムとは何のことですか?

iPhoneの買取りについて。白ロム、赤ロムとは何のことですか?
iPhoneの買取の情報をネットで調べていると、白ロムや赤ロムの買取価格が出ています。 白ロムはなんとなくわかる気がするのですが、赤ロムというのは何でしょうか?買い取りのときは、白ロム、赤ロム、それ以外のどれが一番高値になりますか?できれば高い値段で買取ってもらいたいので、よろしくお願いします。

回答一覧2/2 件

もみじんこ

2018/12/25

白ロムと赤ロムって、スマホを買取に出す時にほぼ100%の確率で出てくるキーワードですよね。意外と知らない人もいるこの2つですが、買取に出すのであれば絶対に覚えておかなくてはいけないものです。買取金額にも大きな差が出てくるほど大切なことなので是非参考にしてください。 ・白ロム 白ロムとは、SIMカードが入っていない端末(スマホ・ガラケー)のことを指します。SIMカードとは、当該スマホの契約情報が記録されているカードのことで、スマホを使ってデータ通信を行うのに必要なものです。キャリアショップで購入したスマホには必ず入っているのもです。白ロムは、このSIMカードが挿入されていない状態なので、自分が持っているSIMカードを挿入することで使えるようになります。そのため、白ロムのスマホには需要があり、人気機種であれば高価買取が期待できます。 ・赤ロム 赤ロムとは、『ネットワーク利用制限』が掛かってしまったスマホのことで、たとえSIMカードを挿入したとしても通信を行えない端末ということになります。端末代金を払い終わっていない白ロムは赤ロムになる可能性を秘めているということで買取不可としている店舗もあります。赤ロムになる可能性があっても、最新機種など一定の需要があれば買取もしてくれますが、買取金額は落ちてしまいます。では、どういった状況になれば赤ロムになってしまうのか解説します。 ①代金滞納による赤ロム 赤ロムというのは端末を分割で購入した際に、毎月の代金支払いが滞った場合、通信会社側によって遠隔から利用停止されている端末のことを指します。電話からネットの通信まで全て使えなくなります。アンテナマークが赤く表示されることから『赤ロム』と呼ばれています。よくある赤ロムが上記のパターンですね。 ②紛失や盗難品による赤ロム スマホを紛失してしまったり盗難に遭った場合、個人情報の漏洩や通信を遮断するために通信会社へ『遠隔ロックをしてほしい』と頼むことがほとんどです。そうなった場合、当然のことながらそのスマホは使えなくなります。 その状態でオークションサイトやフリマアプリに出品されて、それを落札した人が『赤ロムじゃないか!ちゃんと支払ったのか?』とトラブルに発展して盗難品だったということが発覚することもあります。さらに、そうとは知らずに買取専門店などに売ってしまうと大問題です。これが赤ロム化してしまう第2のケースですね。 ③端末を不正取得して赤ロム化 各キャリアには紛失や盗難・故障の際に替りの端末を補償してくれるサービスがあります。この制度を不正に利用して現金化しようとする人がいます。簡単に言ってしまえば、紛失したことにして代替機を手に入れ、紛失申告したはずの携帯を中古市場に流すということです。ただし、紛失や盗難の申告をした端末は数日でロックかかって赤ロム状態になってしまいます。 以上が、白ロムと赤ロムの違いです。白ロムは何も問題のないスマホ端末、赤ロムは何かしらの問題があって使えないスマホ端末と言った感じですね。では、どちらの方が買取金額が高いかという点ですが、圧倒的に白ロムの方が高価買取されやすいです。 白ロムは、問題なくスマホとしての価値がありますが、赤ロムの場合はスマホとしての価値がほとんどありません。通信が出来ない(厳密には出来る※後述)訳ですから、持っていても何の意味もありません。そのため、白ロムの方が需要があるので高く買い取られます。 そこで問題になってくるのが『白ロムだけど赤ロムになる可能性はある』スマホについてです。そこで重要になってくるのが『ネットワーク利用制限』と言われるものです。一括購入、分割清算済みの白ロムであれば『利用制限:〇』と表示されます。しかし、分割の支払い分が終わっていないスマホは『利用制限:△』と表示されます。 このような場合、白ロムだが完全な白ロムの買取金額より低くなってしまう場合がほとんどです。赤ロムになる可能性を秘めているので、店側からしても多少のリスクがある訳ですから。では、完全に使えない赤ロムでも買取してくれるのは何故か。理由がいくつかあるのですが、一番はWi-Fiさえあれば通信自体は可能という点でしょう。 お店側も赤ロムを売る訳ですから、通常よりも安い値段で販売しています。すると、ユーザーは最新機種を安く購入できる訳です。そうすれば需要がありますよね。たとえ赤ロムでも購入してくれる人は大勢いるのです。ただ、売るのであればやはり完全に白ロムにしてからが得策だと思います。赤ロムで売る場合は、オークションサイトやフリマアプリを使った方が高くなる場合もあるので活用してみてください。

かついえ

2018/04/26

中古スマホは大きく3つに分かれます。最初からSIMフリーのもの、白ロム、赤ロムです。 SIMフリーというのは最初からキャリアのSIMロックがかかっていないものです。だいたいどんなsimでも挿せます。iPhoneであれば、appleの公式webサイトや渋谷、新宿、銀座などのapple storeで買えます。 白ロムというのは、キャリア(au、docomo、softbank)のSIMロックがかかっている中古スマホのことを言います。白ロムに関して注意すべきなのは、最初にその端末をキャリアから買った人が、端末の2年の分割払いが終わっていない場合があるということです。分割払いが終わっていなくても支払いが無事され続ければ問題はないのですが、支払いをやめてしまう人がいるんですよね。赤ロムというのは、最初にその端末を買った人の分割払いの支払いが滞ってしまったもののことです。ネットワーク利用制限というものがかかってしまい、使えなくなってしまいます。 分割払いが終わっているかどうかは、端末固有のIMEI番号というものを使って各キャリアのサイトで判定することができます。 au https://my.au.com/cmn/WCV009001/WCE00900… softbank https://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv docomo http://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/to… IMEI番号自体の調べ方は、電話アプリで番号の欄に「*#06#」と打ち込んで、電話をかけると表示されます。 ご質問の買取価格の違いに関しては、 もともとSIMフリーのものがいちばん高いです。 白ロムは残債があるかどうかで買取価格が変わってきます。また、SIMロック解除を行うことで実質SIMフリーと同じにすることで、買取価格をあげるというテクニックも存在します。 赤ロムは買い取ってもらえません。

価値が下がる前に!早めに査定しよう
あなたのスマホ・携帯・白ロム
買取価格を最大5社が一括査定!
簡単
1分

関連する質問

売る前の事前相談
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する