買取ボーナスキャンペーン

一日一食ダイエットのメリット・デメリットは?

一日一食ダイエットのメリット・デメリットは?
2019/01/23
のりちゃん
あなたの食品・飲料買取価格を
最大20社が一括査定!
かんたん1分!
フリマアプリと違い売却時の手数料無料
できるだけ食費を節約したいと思っています。 そこで、一日一食ダイエットを考えています。食べ過ぎないのは身体にも良いそうですし、お金の節約にもなるならそれもよいのかな?と考えています。ちょっと短絡的でしょうか。 メリット・デメリットがあるかと思うのですが、ご意見いただければうれしいです。
買取・売却なんでも相談
一日一食ダイエットのメリット・デメリットは? への回答を記入してください。
売却希望商品がある方はこちら
回答内容
※必須

回答一覧7/7 件

iruka

2019/02/06

1日1食ダイエットのメリット・デメリットをご紹介します。 ◇メリット①デトックスが良くなる 1食にするとその分胃腸の負担が減るので休ませることができます。 そしてその分排泄にしっかりパワーを使えるので、デトックスが良くなります。 体の中のに溜まっているものをスッキリ出すことがきるので、痩せられて美肌効果もあるのでよりきれいになれます。 ◇メリット②集中力がアップする 食後には眠気のせいで集中できないことがありますが、それを防げます。 朝と昼を抜いて夕食1食にすると、仕事中に眠くなることなく、朝から夜まで1日集中して業務をこなすことができます。 胃腸で食べ物を消化するのにエネルギーを使わない分、頭にエネルギーを使えるんです。 ◇メリット③食事がおいしくなる 空腹な状態で食事をすることになるので、よりおいしく感じるようになります。 「この食べ物こんなに甘味があったんだ」といった感じで今までよりも味わって食べられます。 ◇メリット④自由時間が増える 食事の回数が減るので、食事に使っていた時間を他のことに使えるようになり、自由時間が増えます。 食事を準備する時間・レストランまでの移動・食事中の時間と、食事に要する時間はけっこうあります。 ぐっと増えた時間を資格の勉強に使うなど、有効活用できます。 ◇デメリット①お付き合いで困る 仕事での付き合いや、プライベートで友達にご飯に誘われた時など、すべに食べてしまった場合は断るか、あきらめて行くことになります。 事前にわかれば調整できますね。 ◇デメリット②栄養が偏る 1度の食事で1日に必要な栄養素を採らなければならないので、栄養が偏りやすいです。 栄養が偏ると体調を崩してしまうこともあります。 1日1食の食生活を始めるときには、ぜひ栄養面もしっかり考えた食事にすることを心がけてください。 ◇デメリット③リバウンドする 1日1食ダイエットは痩せやすい反面、リバウンドもしやすいので要注意です。 1日1食で理想の体型になれたとしても、その後1日2食や3食の食生活にもどしたときにリバウンドすることがあります。体の中に急に食べ物が増えると、消化するときに血糖値が増えたり、脂肪になりやすくなったりするからです。 もとの食生活にもどすときには、ゆっくり慎重にもどすといいと思います。

ことり

2019/01/24

実は私もかつて一日一食ダイエットを実践して、そして抜け出せないまま数年、現在までその生活が続いている者です。私の場合は、節約のためというよりも“痩せたい”という気持ちが強くて始めたものでしたが… 個人的な意見になってしまいますが、質問者さまが一度続けたことを最後までやり遂げる、何かに飽きることの少ないタイプの方でしたら、一日一食ダイエットは絶対におすすめしません。なぜなら人間の一日当たりの目標摂取カロリーをたった一食で補うことは難しく、さらにその一食さえ段々とボリュームを抑えたものになっていけば、摂食障害へと繋がってしまう恐れがあるからです。 私の時は一日一食ダイエットを始める前の体重48kgほどから最終的に32kgまで落ちてしまい、階段も登れない・歩くのさえふらふら・走るなんて論外…な状態に陥ってしまい、結果的に仕事を辞めて療養に専念する羽目になってしまいました。 今は40kg代前半の体重まで回復しましたが、いまだに食べることへの罪悪感が消えず、怖くて夕食以外の時間帯に食べ物・飲み物を口にすることが出来ません。 最初は気軽なダイエットのつもりでも、知らず知らずのうちにのめり込んでしまい、結果的に病院に通うことになって出費を増やしてしまったら元も子もありませんよね。 一日一食ではなく、せめて朝食または昼食(ブランチでも)と夕食、といったような一日二食生活になさってみてはいかがですか? 食費を削るなら業務用スーパーや、お近くに業務用スーパーがないときは最寄りのスーパー等の安売り時に肉や魚、野菜などをまとめて購入し、下処理をして小分けに冷凍しておくことをおすすめします。 小分けにすることで使いたい時に使い大量だけ使うことが出来ますし、まとめて量が多めに入ったものを購入することで、グラム当たりの値段を下げることもできます。 健康に気を遣うのであれば、炭水化物を多く摂りすぎないよう気を付けて、代わりに肉類や魚類、大豆などのたんぱく質を多めに摂取するようにしてください。もちろん、おなかの中を綺麗にする食物繊維や、風邪や病気から身を守るためのビタミン類も忘れずに補うようにしてくださいね。 ネットで検索するとおすすめの節約ダイエットレシピもたくさん出てきますので、そちらの方も参考になさって、ご自身の身体を大事にした節約やダイエットをなさってください。

全然短絡的だとは思いませんよ。むしろ節約とダイエットが同時にできていいと思います。 けれども「一日一食」というのは個人的にはやり過ぎかな〜と思ってしまいます。 無理なダイエットは健康面からも美容面でも良くないですよね。 なので ヘルシー且つ食費を抑えることもできるアイデア料理を研究されるのが一番いいと思いますよ。 因みにテレビでは著名なドクターが 確か一日一食を実施されていたと思います。 他にもゴールデンタイムの夜10時〜午前2時は睡眠をとるなど、色々されている事もあるようですが、驚異の若見え男性ドクターを見た事があります。 鶴太郎さんは朝食だけ、それはそれはたくさんの料理を時間をかけて食べ、あの体型を保っているそうです。 けれど これは食費の節約とはまた別でしょう。 つい最近テレビ番組で見たのですが、青魚の缶詰が健康面からも美容面からもとってもいいそうです。 何人かの被験者で試していましたが、鯖缶を朝食にとることでいつもより空腹になるまで時間がかかっていました。 つまり お昼ご飯を食べたくなるのが、いつもの時間より皆一様に遅かったです。朝に青魚を食べるのが一番効率がいいようです。 あとスーパー食材として最も優秀なのが 日本が誇る「納豆」です。 お腹の環境を良くしてくれて、細かい事は忘れましたがとにかくいいようです。 ただ注意すべきポイントは 熱々のご飯にすぐのせるのは厳禁です。 少し冷ましてから載せるのがいいとの事です。 生卵を混ぜるのもせっかくの栄養を逃してしまうそうです。 もし卵を混ぜたいなら、白身は除いて黄身だけ混ぜるといいようです。 納豆は サラダにかけたりお味噌汁に入れたりと、オールマイティーに調理できるので 献立を考えるのも楽ですよ。 アボカドとトマトと納豆をあえたら、粗挽き黒胡椒とオリーブオイルをふりかけて混ぜるだけで美味しいです。 納豆は3パックで200円程度で買えるためお財布にも優しい食材です。 野菜のように 天候によって価格が作用されることもなさそうです。 ご質問者様が仕事をお持ちなのか学生さんなのかわかりませんが 一日一食だと空腹過ぎて色々と支障があると思います。 なので一日一食は休日の時だけにしてはいかがでしょうか。 普段は鯖缶や納豆などの栄養価が高くて価格が安い食材をフル活用したレパートリーを増やしてみませんか? コーヒーと緑茶を1:1の割合で作り、食事の直前に飲むのもダイエットにとても有効だそうです。

ぱぱんだ

2019/01/24

食費の節約をするために食事の回数を減らすというのは、その1回に暴飲暴食をしなければ確かに効果的かもしれません。 しかし、この方法にはさまざまな問題が潜んでいます。 まず、一度の食事で一日に必要な栄養素を摂取することが可能なのかという問題です。 ダイエットが主目的ならば、サプリメントで補うこともできますが、節約が主目的ならばサプリメント代がかかって本末転倒になってしまいます。 次にダイエットを兼ねて栄養バランスが整ったダイエット食品を利用しようと考えているならば、一般的な食費とダイエット食品代金とを比較してどちらが安いかを考えなければなりません。 ダイエット食品のほうが費用がかさむことが多いので、一度比較検討することをおすすめします。 また、現在の体調面の問題もあります。健康体であり、一日一食でも問題がないことを確認してから実施してください。 特に血糖値に問題を抱えている人にはおすすめできません。 では、本題であるメリット、デメリットについてご説明します。 【メリット】 第一に総摂取カロリーと摂取糖質量の減少です。一度の食事で摂取できる量には限界があるので、食事回数を減らせば必然的にカロリーと糖質の摂取量は減ります。 どちらも摂りすぎると肥満につながる要素なので、ダイエット効果が期待できます。 先にも述べたように、食費の節約もできます。 さらに、食事の間隔が長くなるため、腸が活性化されて便秘改善も期待できます。 空腹時は副交感神経が優位になり、脳が活性化されるというメリットもあります。 【デメリット】 食後の血糖値が通常時より上昇しやすくなります。簡単に言うと、太りやすくなります。 また、飢餓状態が続くと体は防衛本能から栄養を体内により多く留めようとするため、脂肪として蓄積されやすくなります。 空腹を我慢したストレスや反動で、ドカ食いをする傾向も強くなります。ダイエットをやめた途端にリバウンドするのもこれが原因です。 それに、食費を減らしても、ダイエットのストレスを他の方法で発散し散財するようでは意味がありません。どんなことでストレス発散をするかは人それぞれですが、お金のかからない発散方法をあらかじめ考えておいたほうがいいかもしれません。 一時期、一日一食が健康にもよいと言われましたが、この健康法は長期に亘る実証結果が得られておらず、「短期間ではよい効果が得られるが長期的には人体に悪影響を及ぼす可能性が高い」という見識者が多くいます。 私も、一般人が一度の食事で過不足なく栄養を補うのは無理があると考えています。 やるならば短期間で、できるだけ栄養バランスに気を付けることをおすすめします。 食費の節約が結果としてダイエットになることは多いので、食事の回数にこだわらない方がよいかもしれません。

もみじんこ

2019/01/24

ダイエットに効果があると言われている1日1食ダイエットですが、どのようなメリット・デメリットがあるのか解説していきます。 ◇メリット ①カロリー摂取量が減る 1日3食と比べて2食分減る訳ですから、その分だけ摂取カロリーが少なくなります。1食700kcalだとしたら、約1400kcal分減るのはダイエットという観点においては非常に大きい部分です。1日あたりの摂取カロリーの目安量は、性別や年齢、体の大きさなどによって変わってきますが、2000~2500kcalほどが平均的だと言われています。1食で2500kcal取るのは非常に困難なため、短期間で痩せることが可能になります。 ②時間が短縮可能 1日1食をどこの時間に取るかにもよりますが、たとえば夕食にした場合、朝食と昼食の時間は自由に使えることが可能になります。夜に食べたものを明日のエネルギーに換えるため、それ以外の時間は自分の時間として使えるのはありがたいメリットです。 ③節約になる 2食分の食費が浮きます。さらに、基本的に低カロリーのものは安いものが多いです。お肉であれば鶏肉、野菜類などですね。これらは他のものに比べると比較的安価で購入することが出来ます。牛肉やラーメンなどの麺類などはどうしても高くなりがちですよね。人によっては、食費が1/5になる人もいるくらいなんです。 ④集中力増加 内臓を休ませることによって、眠気が抑えられて集中力が増加する傾向にあります。ができます。1日3食しっかりと食べた場合、内臓達がフル稼働して食べ物を消化します。すると、関係の無い機関は停止し、眠気に襲われてしまう訳です。 ◇デメリット ①空腹感 やはり一番の敵は空腹感ですよね。特に、今まで3食しっかりと食べていた人にはかなりキツイと思われます。最初の3日間は特にキツく、誘惑に負けてしまうかもしれません。イライラすることも増える可能性があります。2週間ほどすると慣れてくるのでそこまで苦に感じない傾向にあります。 ②栄養が偏る 1食で必要な栄養素を全て補うのはかなり難しいです。どうしても偏ってしまい、病気になったり体調を崩してしまう可能性が増えてしまいます。 ③リバンドしやすい 1日1食ダイエットの結果、理想の体重になったとします。しかし、そこからが非常に重要なのです。目標を達成してしまったことによって、好きなものをいっぱい食べてしまう人が多いのですが、突然消化するものが増えると胃の機能がフル活動して、血糖値が増え、脂肪になりやすくなるんです。

ぱぴよん

2019/01/24

一日一食ダイエットを実行する際のメリットとデメリットは以下のようになります。 メリット 一回の食事で大量のカロリーを摂取することは不可能なため、必然的に痩せます。ですから、もし本当に一日一食しか食べない食事法を貫徹することができれば、ほとんどの場合は痩せるでしょう。 また、食事の用意や片付けの手間が一日一回で済むので、時間を有効に使えます。料理や洗い物の手間は馬鹿にならないものですが、こういった作業にかかる時間とエネルギーを節約することができます。 カロリーの摂取量が減るために食費の節約もできます。特に外食を頻繁にしている人ならば、かなりの金額を節約することができます。 デメリット そもそも、一回の食事で1日に必要な栄養分やカロリーを摂取するのはかなり難しいです。一回だと相当な量を食べないと、1日の必要な栄養摂取量を満たすことができません。そのため、一日一食ダイエットによって、栄養のバランスが崩れ、栄養失調になってしまう可能性があります。 生活のリズムが乱れる可能性もあります。一回の食事で大量に食べた後、次の食事まで何も食べないと、かなりお腹が減ってきます。その空腹感によって、仕事の集中力に影響が出たりする可能性があります。 ですから、朝も昼も少しだけ食べて、夜にある程度多く食べるといった「準一日一食」ダイエットでも良いですね。 それと、誰しも40代を過ぎてくる頃から新陳代謝が衰えてくるので、若い頃と比べてあまりお腹が減らなくなります。ですから、ある程度歳を取って、食欲が落ちてくるのが明らかに感じられれば、1日1食ダイエットに近いことは割と簡単にできるようになってきます。

bump336

2019/01/24

ダイエットの方法でどれが一番良いのか、と言うのは本当に人によるので、「これがおすすめ!」と無条件に言ってしまうのは危険ですが、今回は自分もやったことのある一日一食ダイエットについて説明してみます。 テレビなどでも紹介されている、「一日一食ダイエット」のルールは、 ・夜だけ食べる ・好きな物を好きなだけ食べる というものですね。「実際に痩せるのか?」と言うと、さまざまな人が実際に痩せたとTwitterなんかの報告にも書いています。 質問者様は食費も浮かしたい、ということで朝食と昼食の分はたしかにお金が浮きますよね。特に昼食はコンビニや外食になりがちなので、 意外と高く付くのでそれが浮くのは嬉しい物です。 好きな物を好きなだけ食べれる(ルール的にデザートやお酒なんかもOKなんですかね)なら、昼間は抜いても我慢できる人はそれなりにいそうです。 しかし、個人的にもやってみて思ったのは、一日一食ダイエットで痩せた場合、その後もずっと一日一食を続けていかないと、また体重が元に戻っちゃう、って言うことなんですよね。 なので質問者様がその後も継続してできそうっかどうかで、だいぶこのダイエットが良いのか悪いのかが変わって来るかと個人的には思います。 また、栄養のかたよりが激しくなりやすいのも問題です。昼間は我慢しているんだから、夜にはご褒美として、絶対に大好きな物を食べたいと思うのが人情です。正直、栄養がどうのこうのなんてしゃらくさくて考えてられる精神状態ではありません。 なので、個人的な結論としては、 ・痩せるのは、一日一食ダイエットを続けているときだけ ・綿密に栄養を意識して食事をとらないと、健康に害を及ぼす ということで、あまりおすすめはしません。

関連する質問

あなたの食品・飲料
買取価格を最大20社が一括査定!
簡単
1分
フリマアプリと違い売却時の手数料無料
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する