ルイヴィトン(バッグ)の買取価格を比較しよう!

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)のバッグのカテゴリーです。ルイ・ヴィトンはフランスのパリに本社を置く世界的に有名なファッションブランドとして、非常に多くの人々に愛されているブランドです。バッグとしての主な特徴は、耐久性とデザインパターンが挙げられます。しっかりとした縫製がゆえに、雨風でも傷みにくい非常に頑丈な作りが実現されていて、長く使うことができるためコストパフォーマンスの高いため、老若男女問わず人気が高いブランドです。中でも、「モノグラム」、「ダミエ」は非常に有名なデザインパターンで人気の高いデザインパターンとなっています。ルイ・ヴィトンのバッグの査定では状態が重要視されるため、日頃から傷が付かないよう丁寧に扱って高額で買い取ってもらうようにしましょう。新品状態のルイ・ヴィトンのバッグは数十万円〜数万円の買取金額がつきます。また、ルイ・ヴィトンのバッグを査定に出す際は細かい部分のゴミやホコリを綺麗に掃除してから出すようにしましょう。箱や保存袋、ギャランティーカードなどの付属品がある場合は査定額が数千円〜数万円も上がることがあるため一緒に査定に出すことをおすすめします。コメ兵やブランディア、なんぼやなどは有名な買取業者ですが、業者によって査定額が異なるため複数の業者で査定比較をするようにしましょう。

ルイヴィトン(バッグ)の買取相場

査定実績

ルイヴィトン(バッグ)の査定実績をもっと見る

ルイヴィトン(バッグ)の基本情報

日本人は無類のブランド好きと言えます。それは街を歩けば一目瞭然と言えるでしょう。原宿や表参道にはある高級ブランドを持ち歩く若者をたくさん見ることができます。その高級ブランドとはルイ・ヴィトンを指します。ルイ・ヴィトンのデザインはカジュアルファッションの若者のコーディネートにも最適であり、非常に人気になっています。ルイ・ヴィトンは日本では1960年代から1970年にかけて第一次ブームが見られました。高度成長期の日本では豊かさや幸せの象徴となる物が飛ぶように売れました。そうした時代背景によって、ルイ・ヴィトンも日本で多くの売上を誇るようになりました。もともとこのブランドはフランスで貴族や富豪、王族を相手に旅行鞄を製作するメゾンでした。旅行バッグに特化したヴィトンのバッグは、非常に丈夫で次第に世界中の富裕層にその名が知れ渡ることになりました。するとヴィトンには世界中から様々なバッグのオーダーが舞い込むようになりました。ヴィトンのバッグには他のブランドにはない独特の素材をみる事ができます。その素材とは皮革素材の上にゴム加工を施すことで、摩擦や衝撃に強い素材を作ることに成功しました。この素材は他の高級ブランドにもみる事ができない、ヴィトン独特の風合いであると言えるでしょう。この素材にヴィトンのロゴであるVとLが施され、誰もが知っているモノグラム柄が完成します。このモノグラムは創業当時から見られ現代でも不動の人気になっています。このモノグラムのヴィトンのバッグは定番と言われています。モノグラムのバッグの定価は30万円以上します。また中古のヴィトンバッグも頻繁に売買されています。
過去24時間の査定申込数
43
今すぐ売るならこちら!無料で査定依頼する