鉄道模型を処分する時の費用は?無料の引き取り業者はある?

railway-1060784_640

“鉄道オタク“と呼ばれる方々にもいくつかの分類がある。電車に乗ることを楽しむ「乗り鉄」、電車の写真を取る「撮り鉄」などその数は30種類以上にも及ぶと言われている。その中でも、鉄道模型を作る「模型鉄」「ジオラマ鉄」という方々は少々特殊な趣向を持っているようだ。

もしも、模型鉄の方々が引っ越しや“趣味の引退”を機に鉄道模型を処分しようと考えた時に、どのような方法があるだろうか。ここでは、鉄道模型を処分する際の方法や費用について詳しく紹介していくこととする

鉄道模型を処分する3つの方法

物を処分しようと考えた時、ゴミとして捨てる“廃棄処分”は誰もが考えつく手段の1つだろう。しかし、これまで愛情を持って製作してきた鉄道模型を捨ててしまうのはあまりにももったいないと感じるもの。できれば、大切にしてくれる方への譲渡といった形や何らかの利益にしたいと思うはずだ。以下では、廃棄・売却・譲渡の3つの処分方法をそれぞれ紹介していくので、自分が納得する形での処分を行ってほしいと思う。

ゴミとしての廃棄処分

それでは、まず鉄道模型をゴミとして廃棄処分する方法について述べていく。この方法は自分にとって全くメリットがないのであまりオススメはしないが、「きっぱりと趣味をやめる」「思いを断ち切る」といった強い意志を表示したい方にとって、あるいは適切なのかもしれない。

プラスチック製なら可燃ごみとして捨てる事が可能

鉄道模型をゴミとして処分する際は、まずどのような材質でできているのかを確認する必要がある。基本的に全てプラスチックでできているものであれば、可燃ごみで処分できるものが非常に増えてきているのが現状だ。「プラスチックの物は不燃ごみ」と考えている方が多いかもしれないが、各地方自治体によっても処分方法が異なってくるのでまずはホームページを見て確認してみて欲しい。ただし、燃えないゴミとして処分する場合はしっかりと分解してから出すのがルールだといえる。できるだけ細かく分解して、小分けにしながら廃棄処分を進めてみて欲しい。

金属製のものは

鉄道模型の中でも、本格的な物は金属を使ったものも多い。「Nゲージ」などと呼ばれているジオラマで使う模型は、プラスチックと金属が使われているので燃えるゴミとして処分するのは適切ではないだろう。これも地方自治体の判断に委ねるしか無いが、「小さな金属類」「燃えないゴミ」「粗大ごみ」のいずれかに分類されるはずだ。ご自身が住んでいる地区の案内をよく読み、モラルある処分を行っていただきたい。

売却(買取)による処分方法

当コラムで最もオススメしたい方法が、専門の業者に買い取ってもらう処分だ。“模型鉄”という言葉があるくらいなので、鉄道模型に対する需要は一定数あることは間違いない。そういった方々を対象に、中古で鉄道模型を販売している業者も存在するのだ。そういった買取業者に、自分のコレクションを売却することでお金を得ながら処分することが可能となる。鉄道模型の査定は、一般の商品とは異なり“新しい・古い”という観点だけではない。自分が大切にしてきたコレクションが実は希少なもので、思いもよらない高額になることもあり得るのだ

買取にかかる費用は無料?

では、買取の際には自分がどの程度費用を負担しなくてはならないのだろうか。もちろん、ショップによっては査定金額を定めているところもあるが多くの業者が買取にかかる費用を全て無料としている。多くの買取業者が乱立する昨今、少しでも顧客を獲得するためにユーザー有利な条件での買取を行っている企業が非常に多いのだ。もしも自分がお金を払わずに処分できて、同時にお金を得ることができるのであれば処分方法としては最高だろう。

便利な買取方法が設定されている

買取というと、直接店舗に商品を持ち込む「店頭買取」が主流だったが、現在ではその他に便利な方法を定めているショップも多い。近年「手軽に買取」を売りにしている業者がアピールしているのが“出張買取”だ。ユーザーは、電話で査定を依頼するだけで自宅まで直接業者が買い取りに来てくれるため、何の手間もかからない。あとは査定を待ち、金額に同意すればそれで終了なのだ。大量の商品を売却するさいに、店頭までわざわざ持ち込むのは非常に労力を使うだろう。しかし、この出張買取を使うことによってその悩みも一気に解決される。いままで売却を選択肢にしていなかった方も、ぜひこれを機に“買取による処分”を検討してみて欲しい。

また、売るものが少ないのであれば“郵送買取”を選択してみてもいいかもしれない。自分が好きなタイミングで商品を箱に詰めて送るだけでOKなので、忙しい方には最適な方法だといえるだろう

鉄道模型を買い取ってくれる業者を紹介

それでは、鉄道模型を買い取ってくれる業者をいくつか紹介しよう。プラモデルや模型の専門店以外にも、リサイクルショップなども買い取ってくれるので幅広い業者を検討してみて欲しい

ポポンデッタ

ポポンデッタ
2.5
(2件の評価)
今が売りどき!

鉄道模型・鉄道関連書籍など、鉄道に関するものならなんでも買い取ってくれる「ポポンデッタ」は鉄道オタクからの信頼も厚い買取業者だ。他の店舗で買取を断られた商品であっても、値段をつけてくれる可能性がある。やはり鉄道専門店というだけあり、商品の価値をしっかりと理解しているのだろう。買取方法は、店頭買取・出張買取・輸送買取の3つから好きなものを選べる。ご自身のライフスタイルに合わせた買取方法を選んで、気軽に査定依頼してみて欲しい。また、メーカーや製造番号などをメールで送ることで事前の見積もりを取ることも可能だ。目安となる買取金額が気になるのであれば、ぜひ依頼してみよう。

マクサス

マクサス
4.53
(1692件の評価)
ココで売る!
今が売りどき!

なんでも買取で有名な「マクサス」。不用品ならなんでも買い取ってくれるというスタイルの総合買取業者なので、鉄道模型であっても対応してくれるだろう。買取方法は郵送・出張・店頭と好きなものを選べる。(出張はエリアにもよるので要確認)

「マクサス」が優れている点は、総合買取業者ということで「鉄道模型以外のもの」であっても買い取ってくれるというところだ。もしも、鉄道模型を飾っていたデスクやラックを処分してしまいたいのであれば同時に査定に出すことで買取金額もその分アップする。家電・DVD・CDといった鉄道模型と全く関係のない商品も、いらないと思ったら何でも査定依頼してみるといいいだろう。

高額買取のポイント

大切に扱ってきた鉄道模型だからこそ、売るのであればなるべく高く売りたいところだろう。以下では、鉄道模型を売却する際に高額査定を引きだすポイントをいくつか紹介していくので参考にしてみて欲しい

商品をキレイに保つ

新作・旧作という分類もあるが、鉄道模型は古いものであってもそれなりの値段がつくこともある。では、何が査定金額を分けるかと言えば“商品の状態”になるだろう。古いものであっても、キレイに保管してあればそれは十分高額対象商品として扱ってくれるのだ。できるだけ汚れを取り除ききれいな状態にしてから、査定に出すようにしよう。ホコリベタつきといった自分でもメンテナンス可能な部分は最低限対処してほしい。

査定金額を比較して見極める

買取金額は業者によって大きく異なる。同じ商品、同じ状態であっても、業者間で価格差が数万円つくことも考えられるのだ。これは、専門業者・リサイクルショップといった業種の違いに限らずに起きる可能性があるため、業種を問わずできるだけ多くのショップに査定依頼してみてほしい。「最低でも5〜7社」に見積もりを出してもらうというのが、高額買取を狙う方にとってのポイントだと言われている。

同じ趣味を持った人への譲渡

自分が飽きてしまった趣味でも、まだまだ熱中している人は数多く存在する。鉄道模型は、一生の趣味として楽しんでいる方も多いため、収集している人がたくさんいるはずだ。最後に提案するのは、こういった方々に自分のコレクションを譲り渡してしまうという処分方法になる。

大切にしてくれる仲間へを引き継ぐ

鉄道模型を一度でも愛したものとして、自分のコレクションを処分するのはかなり大きな決断だろう。「お金に変えられるものじゃない」「本当ならば捨てたくない」という考えを持っていても何ら不思議じゃない。そういった方々は、大切なコレクションを友人・知人に譲ってみてはいかがだろう。

気心の知れた仲間が自分の鉄道模型を大切に扱ってくれるとわかれば、心のもやもやも解消されるだろう。ただし、相手が“いらない”というものを無理やり押し付けてはいけない。共通の趣味を持っていて、自分のコレクションに興味をいだいてくれる友人・知人がいる場合に限って譲渡を検討してみてもいいだろう。

ネット上で譲り先を探す

もしも、自分の知り合いに鉄道模型を趣味としている人がいないのであれば、インターネットやSNSを使って募集してみるという手もある。Facebook、Instagram、Twitter、といった写真を公開できる場所に自分の鉄道模型をアップして、「処分を検討しているので無料でお譲りします」とメッセージを添えてみよう。もしも興味を持った方がいれば、何かしらのコンタクトがあるはずだ。輸送費用などの条件面、大切にしてくれるという意志の面で折り合えば、知らない方であっても譲ってしまって問題ないはずだ。

また、自身のブログ・ホームページなどを持っている方がいればそこで譲り先を探してみてもいいだろう

まとめ

鉄道模型を趣味とする方にとって、処分を考えるというのは一大決心であることに間違いないだろう。基本的には廃棄による処分はあまりオススメしないが、上記で紹介した3つの処分方法を参考に、悔いのない決断をして欲しい。

もしも、買い取りによる処分を選ぶのであれば当サイト「ヒカカク!」に掲載されている様々な買取業者に査定依頼を出して、少しでも高く売るといいだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

このコラムは買取価格比較サイトが配信しています

あなたの売りたいモノ買取相場をチェック

商品名を検索して、大手から中小まで最大50社の買取価格を比較しましょう

売りたい商品を検索してみましょう

容量や型番を入れると結果を絞り込めます

掲載業者多数!

このコラムに関連する商品

役立ったら是非シェアしてください

話題のコラムを無料でチェック

無料会員登録すれば、「鉄道模型を処分する時の費用は?無料の引き取り業者はある?」以外にも最新コラムがメールマガジンでチェックできます。無料会員登録はこちらから